初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

BMW 新型M2 CS/CSLの市販型プロトタイプを接写!今秋デビューの可能性も

BMW 新型M2 CS/CSLの市販型プロトタイプが間近でカメラに捉えられました。開発が最終段階ではないかと予想される、新型M2 CS/CSLについて最新情報をお届けします。

【2019年4月】最新スクープ&3.0L 直列6気筒ターボは最高出力445PSと判明

BMW M2 CS/CSL_2019

2019年3月上旬にスクープされたBMW M2 CS/CSL

BMW M2 CS/CSLとは、2シリーズのハードコアモデルとなるM2の最強バージョンです。CSは「Coupe Sport」の略で、CSLは「Coupe Sport Lightweight」を意味します。CSLはCSをさらに軽量化することで性能を向上させた、BMW2ドア スポーツの頂点に与えられるモデル名です。

まだCS / CSLかは判明していませんが、新型M2のハードコアモデルの最新型が、3月、4月と立て続けにスクープされています。カモフラージュが残る部分は、フロントリップスポイラーとトランクリッドスポイラーのみです。

新型M2 CS/CSLには以下の装備が見込まれます。

・パワーアップしたパワートレイン
・高性能カーボンセレミックブレーキ
・カーボンファイバールーフ
・立体型のボンネットフード
・フロントリップスポイラー
・デッキリッドスポイラー
・リアディフューザー
・19インチ鍛造Yスポークスタイル763Mホイール

また、パワートレインに関する最新情報として、M3/M4から流用される3.0L 直列6気筒S55ツインターボエンジンを搭載し、最高出力:445psを発揮することが判明しました。
筆者は、トランスミッションは6速MTまたは7速DCT、0-100km/h加速は4秒以下になると予想していますす。

ボディカラーは4色、「ブラックサファイア」「アルパインホワイト」「ホッケンハイムシルバー」、そして「ミサノブルー」が採用されます。インテリアはブラック1色のみという情報です。

新型M2 CS/CS世界初公開については、海外の有力メディアが、はやくて2019年9月のフランクフルトモーターショー、遅れれば2020年3月のジュネーブモーターショーと伝えています。市販型プロトタイプのカモフラージュはほとんどないため、筆者は9月に発表される可能性が高いと予想します。

新型M2 CS/CSLの車両価格は、M2 コンペティションやM3 コンペティション/CSを参考に推測すると、1,200万円前後になるでしょう。

(参考価格)
  M2 コンペティション:876万円
  M3 コンペティション:1,280万円
  M3 CS:1,578万円

【2019年4月】新型M2 CS / CSL スクープ 画像ギャラリー

次のページ

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す