初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【飲酒運転回避!】アルコールが抜けるまでの時間とは?分解を早める方法も!

体内からアルコールが抜けるまでの時間にはどのくらいかかる?飲酒運転回避のためにも目安となる時間をわかりやすく解説!どんな人・どんな状況が分解を早めるかについてもご紹介。大きな事故になりかねない飲酒運転は厳罰で絶対禁止!体内のアルコール分解のしくみを再確認しましょう

アルコールが抜けるまでの時間

お酒の1単位と各種アルコール飲料に換算した目安の量
お酒の1単位(=純アルコール20g)目安となる量
アルコール度数酒類名
5度500mlビール
缶チューハイ
中瓶1本
350ml缶1.5本
15度180ml日本酒
ワイン
1合
1/4本
25度110ml焼酎(ロック)0.6合
40度60mlウィスキーダブル1杯

お酒の適量には人それぞれ個人差があり、同じ人であっても状況や体調によって酔う度合いには変化が生じるため、一概にいうことは困難です。

しかし、厚生労働省推進の21世紀における国民健康づくり運動「健康日本21」によると、お酒の適量は1日平均純アルコールで約20gとしています。

純アルコール20gとはそのお酒の度数によって該当する量(ml)が変わってきますが、上記の表は代表的な酒類の純アルコール20gに該当する量(ml)を表したもの。純アルコール20gは「お酒の1単位」と呼ばれます。

お酒を飲んで体内からアルコールが抜ける時間は人によりまちまち。あくまでも目安とした場合、体重60kgの人がお酒の1単位となる純アルコール20gの量を飲酒したとすると、おおむね3~4時間かかるようです。

なお、体重が1.5倍だからといってアルコールが抜ける時間も1.5倍にはならないので注意しましょう。

酔いが覚めるまでの時間(目安)

飲酒後の血中アルコール濃度変化を表すグラフ

酔いがさめるまでの時間

(社)アルコール健康医学協会

上記の表は、平均的な成人男性がビール350mlを1ないし2缶飲んだ後の体内血中アルコール濃度がどのように変化していくかを表したグラフです。

これによると、ビール1缶が代謝される時間は約2~3時間、ビール2缶が代謝される時間は約4~5時間を要することがわかります。

しかし、アルコールの代謝には個人差があり、体格・性別・その日の体調によっても変わってきます。あくまでも目安として参考にしましょう。

アルコールの分解に影響する要因

体重が軽い

飲酒したあとの酔いの度合いは、体内の血液中に含まれるアルコール量によって変わります。

人の血液は体重の約7パーセントと言われ、体重の軽い人ほど血液量は少ないため、体重の重い人と同じ量のお酒を飲んだとしても軽い人の血液中のアルコール濃度は高くなり、一般的には酔いやすく分解しづらいのです。

睡眠時間が少ない

近年の睡眠研究から睡眠不足は人の脳や健康にさまざまな悪影響を与えることがわかってきました。

研究では、連続して17時間以上起きている状態、いわゆる睡眠不足である場合の血中アルコール濃度は、体重60kgの人がショットグラスでウィスキーを2杯飲むのと同程度の0.05パーセントになるとのこと。これは酔いの状態でいうと「ほろ酔い期」にあたります。

その状態でさらにお酒を飲んだ場合、血中濃度はさらに高くなり酔いがまわりやすく分解しづらくなるのです。

筋肉量が少ない

お酒を飲むと、体内に吸収されたアルコールは血液を介して肝臓に流れ、「アセトアルデヒド」に分解されます。肝臓では最終的に酸化し「酢酸」として筋肉や心臓に移動し、さらに分解され炭酸ガスと水に分かれます。

このようなアルコール分解の過程で、分解を早める役割をはたすものに筋肉があり、一般的に筋肉量が多い人のほうが分解は早く、少ない人のほうが分解は遅いのです。

これは、筋肉が脂肪と比べ水分を多く含むため、この水分により分解される速度を速めるといった効果が得られるためだと言われ、おおむね男性より脂肪の割合が多いとされる女性が分解が遅いとされるのはそのためです。

飲酒運転にならない酒量というものは無い

人によりアルコールが体内から抜ける時間には違いがあり、またその状況や体調によっても左右されるようです。

お酒を飲んだのは前日で睡眠も十分とったから大丈夫だと思っても、翌日事故をおこし調べた結果酒気帯びとなり、逮捕されたという例もあります。

お酒を飲む場合には自分の適量をあらかじめ十分に考慮したうえ、体調が不安な場合は翌日の車の運転であっても、おこなわないという勇気が大切です。

車・自転車の飲酒運転に関する情報はこちらから

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す