初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

登録済未使用車(新古車)とは?新車よりもお得なの?

ナンバー登録済みの未使用車いわゆる新古車は新車を買うよりお得?登録済未使用車と新車との違い、未使用車のメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

登録済未使用車(新古車)とは?

登録済未使用車とは、ナンバー登録がされたにもかかわらず、所有者のなんらかの事情によってまったく使われていない車、使っていたにしてもほとんど距離数がでていない車(走行距離100km以下)をいいます。

かつては「新古車」と呼ばれていました。一般に、登録済未使用車と新古車は同じ車を指します。

かつては「新古車」という名前だったが……

前述したとおり、登録済未使用車はかつて「新古車」と呼ばれていました。

しかし、車やバイク販売における適正表示をチェックする機関でもある自動車公正取引協議会が、「新古車という呼び名はユーザーが新車と誤認するおそれがある」として商法上での使用を禁止。

そのため、それ以降該当する車を、「登録済未使用車」「届出済未使用車」「未使用車」などと呼ぶようになりました。

新車との違いは?

新車が一度もナンバー登録を受けていない車であるのに対し、未使用車は過去にナンバー登録を受けたことがある車です。

あくまでも未使用車は中古車に分類されます。

未使用車はなぜ生まれる?

未使用車が生まれる理由には、以下のものが考えられます。

・注文を受け納品予定だったが、傷などの不備が見つかった
・注文者からなんらかの理由で、キャンセルとなった
・ディーラーが販売実績にするために登録した

なかでも、ディーラーが販売目標を達成するためにナンバー登録を行った車が「未使用車」として中古車市場に出ていることがあります。

これは、販売実績の指標となる「新車販売台数」は、はじめてナンバー登録をした車の台数をカウントするためです。その台数を増やしたディーラーには台数達成奨励金など、販売実績に見合った褒賞と名誉が得られる仕組みがあります。

未使用車のメリットとデメリット

未使用車のメリットは、以下の通りです。

・納車までの期間が短い
・中古車に比べ、買った時点での故障やトラブルが少ない
・ディーラー点検が済んでおり、メーカー保証も継続される場合がある
・ナンバー登録済みのため、登録料がかからない
・重量税が免除となる
・4月1日購入で、該当年度の自動車税が免除となる
自動車取得税が減額となる(減価償却分相応)

また、新車や中古車に比べると、以下のようなデメリットが挙げられます。

・中古車に比べ価格が高い
・基本的に現車となるため、好みのオプションがつかない
・人気カラーは在庫が少ない
・傷などがある場合がある
・登録から時間がたっている場合、車検が短くなる

未使用車は新車よりも得?

未使用車は新車に比べてお得かどうかですが、売られている販売店・時期・車種(人気・不人気)によって一概には言えないようです。

具体的にいうと、未使用車を中古車販売店で購入する場合、チェックポイントとなるのは車両価格ではなく総額す。総額には車両価格のほかに諸費用・サービス・オプションなどが含まれます。

たとえ車両価格が新車価格より安いといっても、総額で見ると思わぬ高額に膨らんでしまうこともあり、新車を値引き交渉した方が安いといったケースも考えられるからです。

とはいえ、未使用車は通常の中古車よりも程度の面で良好車といえます。新車に限りなく近いのは事実ですから、チェックポイントを決めておき、探してみるのもおすすめです。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す