初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ロールスロイス新型ゴーストをスクープ!初のフルモデルチェンジは2020年か?

ロールスロイス次期型ゴーストのスパイショットを入手しました。まだカモフラージュが厳重な状態でディテールは不明です。全体的に上位モデルであるファントムに似た印象を受ける、次期型ゴーストの最新情報です。

次期型ゴーストはデビュー以来、初のフルモデルチェンジ

次期型ゴースト:フロントビュー

次期型ゴースト:リアビュー

(参考)ロールスロイス ファントム

ロールスロイス ゴーストは2009年に登場したエントリーモデル。同社フラッグシップ「ファントム」の下位モデルとして、「ベイビーファントム」とも呼ばれています。

ゴーストは登場から10年を経過して、初のフルモデルチェンジを迎えようとしています。

次期型ゴーストの特徴は薄型のヘッドライト、寝かされたAピラー、ルーフエンドからトランクリッドまで角度が滑らかなラインなどで、そのシルエットはファントムに似ていると言えるでしょう。
インテリアには、アップデートされたインフォテインメントシステムを搭載し、ファントムのデザインを継承すると予想します。

プラットフォームはファントムやカリナンに採用されている軽量アルミ製「アーキテクチャ・オブ・ラグジュアリー」を採用します。
パワートレインは、ファントムの6.75L V型12気筒ツインターボもしくは、BMW M760Liの6.6L V型12気筒ツインターボ(アップデート版)を、搭載する可能性が高いでしょう。

新型ゴーストの車両価格についてまだ発表はなく、海外の有力メディアからの情報も伝わっておりません。
デビュー10年後に迎えるはじめてのフルモデルチェンジにあたり、未来を見据えたデザインと最新装備を搭載するでしょう。
筆者はターゲットが富裕層であることを考慮すると、現行モデルより数百万円ほど高い価格設定になる可能性は高く、3,700万円前後になるでしょう。
(参考価格:現行モデル 3,410万円〜)

新型ゴーストの開発や検証プログラミング・製造工場はすでに確定し、準備は着々と整備されており、ワールドプレミアは2019〜2020年にかけて行われると推測しています。

次期型ゴースト スクープ 画像ギャラリー

ファントムについて詳しくはこちら

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!