初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【路上駐車】駐車禁止違反になるケース&ならないケースは?

路上駐車で駐車禁止違反になるケースとならないケースをわかりやすく一挙に解説しています。そもそも路上駐車とはなにか?駐車の定義から禁止場所もあわせて解説。時間・場合によっては禁止とならないケースもあり!思い込みによって違反とならないために確認がおすすめです。

路上駐車とは?

路上駐車とは公道(道路)上に車両が継続的に停止しとどまること、またはドライバーが公道上の車両をはなれ、ただちに運転できない状態のこと。

具体的にいうと、道路交通法における駐車の例としては以下のものがあげられます。

・車両が客待ちで継続的に停止する
・車両が荷待ちで継続的に停止する
・車両が貨物の積み下ろしで5分を超え、継続的に停止する
・車両が故障により継続的に停止する

また、上記以外でも以下に該当する場合は放置駐車となります。

・時間にかかわらず、ドライバーが車両を離れただちに運転できない状態

道路標識に関する情報についてはこちらから

放置駐車に該当する場合はNG

時間にかかわらずドライバーが車両を離れ、ただちに運転できない状態である場合はたとえ貨物の荷下ろしであり5分以内であっても、路上駐車は駐車禁止違反となります。

高齢運転者等専用駐車区間に該当者以外の駐車はNG

高齢者福祉施設や官公庁施設など、高齢者がよく使う場所に設けられた「高齢運転者等専用駐車区間」に、該当しない車両・ドライバーが駐車するのは駐車禁止違反となります。

道路標識・道路標示で駐車禁止の指定場所はNG

道路標識や道路標示で駐車禁止が指定されている場所に路上駐車することは駐車禁止違反となります。

駐車場・車庫等の自動車用出入口から3m以内はNG

駐車場や車庫・修理・人の乗り降り・貨物の積み下ろしなどのために道路外に設けられた施設や場所で、道路に面する自動車用出入口から3m以内に路上駐車することは駐車禁止違反となります。

道路工事区域の側端から5m以内はNG

道路工事を行っている場合には、その工事区域の側端から5m以内に路上駐車することは駐車禁止違反となります。

消防用器具の置場等で道路に接する出入口から5m以内はNG

消火ホース格納箱

消防用機械や器具の置き場・消防用防火水槽で、これらの道路に接する出入口から5m以内に路上駐車することは駐車禁止違反となります。

消火栓・指定消防水利の標識・防火水槽取り入れ口から5m以内はNG

地上式消火栓

消火栓や指定消防水利の標識が設置してある位置、あるいは消防用防火水槽の取り入れ口から5m以内に路上駐車することは駐車禁止違反となります。

火災報知器から1m以内はNG

火災報知器一体型の屋外消火栓

火災報知器から1m以内に路上駐車することは駐車禁止違反となります。

道路標識・道路標示で駐停車禁止の指定場所はNG

道路標識や道路標示で駐停車禁止が指定されている場所に、路上駐車することは駐車禁止違反となります。

トンネル・坂の頂上付近や勾配の急な坂道はNG

トンネルや坂の頂上付近、勾配の急な坂道に路上駐車することは駐車禁止違反となります。

交差点とその側端から5m以内はNG

交差点内や交差点の側端から5m以内に路上駐車することは、駐車禁止違反となります。

道のまがり角から5m以内はNG

道路のまがり角から5m以内の場所に、路上駐車することは駐車禁止違反となります。

横断歩道や自転車横断帯の側端から前後5m以内はNG

横断歩道あるいは自転車横断帯の側端から、それぞれ前後に5m以内に路上駐車することは駐車禁止違反となります。

安全地帯の左側とその前後10m以内はNG

安全地帯である場所の左側と、その前後10m以内に路上駐車することは駐車禁止違反となります。

バスや路面電車停留所の標識板からは10m以内はNG

バスや路面電車の停留所を示す標識板・標識柱から10m以内の場所に、路上駐車することは駐車禁止違反となります。

ただし、いずれの場合も運行時間内に限っています。

踏切とその側端から前後10m以内はNG

踏切と、その側端から前後10m以内の場所に路上駐車することは駐車禁止違反となります。

軌道敷内はNG

路面電車の軌道敷(走行に必要となる部分で一般的には白色破線で区別される)内に、路上駐車することは駐車禁止違反となります。

駐車禁止エリアにあるパーキングメーターに指定外の駐車はNG

駐車禁止の道路標識があるエリアにパーキングメーターがある場合は、指定された曜日や時間などその駐車方法に従い枠内駐車をする必要があり、それ以外の駐車は駐車禁止違反となります。

路上駐車違反にならないケース【紛らわしいけどOK】

5分を超えない貨物の荷下ろしでただちに運転できる状態はOK

貨物の荷下ろしにかぎり、5分を超えずただちに運転できる状態である路上駐車は、駐車禁止違反となりません。

駐車禁止エリアにないパーキングメーターに指定条件以外の駐車はOK

駐車禁止の道路標識がないエリアにあるパーキングメーターで、時間指定・曜日指定がある場合は、その条件に従い枠内に駐車する必要がありますが、その時間・曜日以外で駐車する場合はメーターの枠内・枠外の駐車でも駐車禁止違反となりません。

駐車禁止エリアだが一方通行の場合は駐車のしかたによりOK

一方通行の道路で駐車禁止の標識が左側にたっている場合、その右側にUターンして駐車する場合は駐車禁止違反となりません。ただし、道路の残り幅や他の標識がないかなど注意する必要があります。

その他の駐車禁止に関する情報はこちらから

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す