初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

BMW新型1シリーズをスクープ!フルモデルチェンジで2019年9月発表か

BMW 新型1シリーズの最新プロトタイプの車内の様子がスクープされました。同時にカモフラージュされていないインテリアの撮影にも成功しており、現時点で判明している新型1シリーズの最新情報についてお伝えします。

BMW 新型1シリーズの派手なインテリアをスクープ!

光るドアトリム

布で隠されている運転席

フロントエンドのディテールはまだわからず

太いエキゾーストパイプが確認できる

BMW 新型1シリーズの最新プロトタイプの車内の様子がスクープされました。

インテリアのデザインは新型3シリーズに似ています。センターコンソールのインフォテインメントディスプレイ、2つの送風口とスイッチ類の配置、ギアシフターとiDrive コマンドダイヤルは同じもの。メインのメーターパネルは1シリーズ専用のデザインだと思われます。

インテリアの注目は何と言っても光るドアトリム。他のBMW車にはない装備です。インテリアが引き立つ新しいアイテムとして、市販車に採用されるか気になるところです。

1シリーズはデビュー当時から、前後50:50の重量バランスを保ためにFRを採用してきましたが、新型ではFFに変更されます。それに伴ってプラットフォームはFF用の「FAAR」が採用され、室内空間も広がることで快適性が向上します。

ボディはほとんどがカモフラージュされており、確認できるのは以下のポイントのみです。

 ・太い2本のエキゾーストパイプ
 ・スポーティなリアバンパー
 ・厚みがあるリアスポイラー
 ・ブルーのMブレーキキャリパー

パワートレインには1.5L 直列3気筒ターボ、2.0L 直列4気筒ターボの搭載が予定されています。

新型1シリーズのワールドプレミアは、9月開催のフランクフルトモーターショー2019になると予想します。

新型1シリーズ スクープ 画像ギャラリー

BMW 1シリーズとは?

現行型 1シリーズ

BMW1シリーズはCセグメントのハッチバックとして、2004年にデビューしました。
Cセグメント車の一般的な駆動方式は、FFを採用することで実用面を重視します。しかしBMW1シリーズではFRを採用し、車両の荷重を前後50:50で均等にすることで、走行性能を重視したデザインになっています。

現行モデルは2代目として2011年に登場し、ボディサイズは初代より若干大きくはなったものの、コンパクト ハッチバックスタイルは健在です。
エンジンはガソリンとディーゼルの4種類が用意されており、新車車両価格はグレードによって、320〜655万円(税込)となっています。

BMW新型1シリーズのこれまでのスクープと予想

【2017年12月】極寒のスカンジナビアでスパイショットが撮影される

駆動方式がFRからFFに変更になることが、サイドビューのスタイルで確実となりました。エンジンを横置きに搭載することでボンネットが短くなり、一般的なハッチバックスタイルのシルエットに変わっています。

【2017年11月】インテリアのスパイショットが撮影される

新型1シリーズに採用される「UKL」プラットフォームのホイールベースを延長し、ライバルのメルセデス・ベンツ「Aクラス」、アウディ「A3」と同じ5ドアモデルのみになることという情報を入手しました。

【2017年7月】ゴルフとの比較テストを撮影される

フォルクスワーゲン ゴルフとの比較テストの風景をスクープしました。
駆動方式がFRからFFに変更になるこことが判明し、プラットフォームはBMW X1と同じ「UKL」を共有すると予想しています。
パワートレインには、ガソリンエンジンの他にPHVもラインナップされる可能性を示唆しています。

BMWの最新情報はこちら

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す