車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

アウディ 改良新型A4 オールロードをスクープ!2020年に登場か

アウディ 改良新型A4 オールロードの市販型プロトタイプを、はじめてスクープしました。内外装ともに大きく刷新されることが予想されているA4 オールロードについて、最新情報をお届けします!

改良新型A4 オールロードは新デザインのフロントマスクを採用?

改良新型A4 オールロード:フロントビュー

改良新型A4 オールロード:リアビュー

(参考)現行型A4 オールロード

アウディ A4のボディタイプは、セダンステーションワゴン(アバント)があり、駆動方式にはFFと4WDがあります。
「A4 オールロード」は4WD(クワトロ)システムを搭載した、道を選ばないオールマイティーな車です。

スクープされた新型のフロントマスクは、現行モデルと異なるヘッドライト、コーナーエアインテークを装備。フロントグリルは縦方向が薄くなったデザインです。フェンダーやサイドシルには、現行型と同様なオールロード特有のクラッディングが装着されてることが確認できます。
リアエンドには最新型のテールライトを装着し、ツインエキゾーストパイプは現行の丸型ではなく、スクエア型に変更されており、フロント・リアともにデザインが変更されそうです。

インテリアではユーザーインターフェースが向上した、タッチ・デュアルスクリーンを採用され、ドライバーアシスト・安全装備などの先進技術には最新型が搭載され、内外装ともに刷新されたA4 オールロードが誕生します。

パワートレインはまだ確定していませんが、2.0L 直列4気筒TFSIガソリンターボエンジンを持ち越しする可能性が高いでしょう。

A4セダンとアバントの改良が先行しており、セダンのワールドプレミアは2019年末、オールロードは2020〜2021年と海外メデイアは伝えています。
同じA4にて新旧モデルが混在することは、旧モデルの買い控えにつななる可能性があり、改良新型オールロードをできる限り早く発表したいと考えるはずです。筆者は遅くても2020年中頃までには、ワールドプレミアを迎えるのではないかと考えています。

A4シリーズは人気が高いモデルですので、大きな値上げにはならず660〜700万円になるではないかと予想しています。

参考:現行A4 オールロード:658万円

改良新型A4 オールロード スクープ 画像ギャラリー

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す