初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【世界遺産軍艦島】観光入門!見所・行き方・おすすめクルーズツアー

世界遺産にも登録された“軍艦島”!実は、進撃の巨人のロケ地にも使われていました。今回は世界遺産に登録された“軍艦島”の魅力を全て紹介したいと思います。軍艦島の魅力を知って是非行ってみてください。

軍艦島について

長崎港の南西約19キロにある無人島の軍艦島。正式名称は端島(はしま)です。海底炭鉱の拠点として明治時代から存在している軍艦島は、鉄筋コンクリートの建物の並びが、海から見るとまるで軍艦に似ているということから「軍艦島」と呼ばれるようになりました。1974年の炭鉱閉山で廃墟となりましたが、現在は島の一部のみ立ち入ることが認められています。

軍艦島
【住所】
長崎県長崎市高島町字端島

軍艦島上空からの様子

Googleのストリートビューからも軍艦島が見れます。気になる人は、是非ストリートビューから見てみて下さい。

かつて人口が最も多かった時の軍艦島には、東京特別区の9倍以上の人口が住んでいて、学校や病院や映画館やパチンコ店がありました。今の軍艦島の姿からは信じられませんが、非常に完結した都市だったようです。

島全体が、35年前のまま!?

鉄筋コンクリート造高層アパート

維持や保存が非常に危ぶまれている、軍艦島の高層アパート。いつ崩壊してもおかしくない状況ですが、廃墟であるにもかかわらず35年前のままの姿を残していて、実際にどのようなアパートなのか非常に興味が沸きます。

手回し式のテレビ

非常に趣があります。今の時代、この手回し式のテレビはなかなか見ることができません。

無造作に置かれた瓶

瓶のラベルをよく見てみると三ツ矢サイダーです。年代を感じさせるラベルです。

台所

食器まで当時のものが残されています。

羽釜

当時は、炊飯器の普及が少なかったからか、部屋には「羽釜」がありました。「羽釜」を使ってご飯を炊くのは、現在の炊飯器と違い火加減により味が大きく変わってしまいます。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す