車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

免許の更新(書き換え)の手続きまとめ!持ち物や手数料の金額から所要時間まで

免許の更新(書き換え)の手続きまとめ!持ち物や手数料の金額から所要時間まで、運転免許の更新(書き換え)手続についてまとめました。手続きに必要な持ち物や手数料の金額から更新時講習の所要時間まで詳しく解説します。有効期限が切れたあとの失効手続きについても!

免許の更新(書き換え)とは?

免許の更新(書き換え)とは、自動車運転免許の有効期限を更新することです。免許証は、その種類によって3年から5年に一度、更新(書き換え)をしなくてはなりません。

各自でもっている免許証を確認してみると、免許の有効期限は誕生日の1ヶ月後の月日になっていることがわかります。免許の有効期限は誕生日を基準に決められていて、更新が可能な期間は"更新する年の誕生日の前後1ヶ月"。この期間がスタートするあたりで事前案内がはがきで送られてきます。

免許の更新を行なう場所

運転免許試験場・運転免許更新センター

自分が住んでいる都道府県にある運転免許試験場または運転免許更新センターで免許を更新することができます。その日のうちに新しい免許証を受け取ることができますが、日によってはとても混雑して、待ち時間が長くなる可能性もあります。

警察署

免許の更新は警察署でも可能です。どの警察署でも受け付けているわけではなく、更新できる人の条件が都道府県によって異なり、優良運転者のみ受け付ける県や、誰でも受け付ける県などさまざまです。事前に住んでいる地域の警察署はどうなっているか確認する必要があります。

更新手続きの持ち物や必要書類、料金

運転免許証

免許の更新には、もちろん更新する前の運転免許証の持参が必要です。更新が終了すると、前の免許証には穴が開けられ、無効なものとなります。

更新通知はがき

更新通知はがきは免許の更新に必須ではありません。仮にはがきを紛失したり、忘れてしまった場合でも通常通りの更新手続きが可能ですが、講習区分などの確認を行うことがあるので、通常より時間がかかる場合があります。

印鑑

更新時に提出する各種書類には、朱肉付きの印鑑が必要となりますので、必ず持参しなければなりません。役所に提出する書類なので、劣化や破損のおそれがあるシャチハタのようなゴム印は使用できません。

更新手数料

免許更新の際には、更新手数料と講習手数料の合計額を支払います。更新手数料は免許の種類によって一律で決まっていますが、講習手数料は講習区分によって金額が変わります。詳しくは、以下の表をご覧ください。

更新手数料一覧
  更新手数料 講習手数料 合計
優良運転者 2,500円 500円 3,000円
一般運転者 2,500円 800円 3,300円
違反運転者 2,500円 1,350円 3,850円
初回更新者 2,500円 1,350円 3,850円

普段かけているメガネ

視力矯正が必要な方は、視力検査に備えて普段使っているメガネやコンタクトを持参する必要があります。視力検査の詳細は後述します。

更新手続きの内容

申請書類の作成

はじめに、申請書類に日付、氏名、連絡先(住所に変更がある場合は新しい住所を書く)などの必要事項を記入します。どこの申請会場でも書類の書き方の見本を参考にすることができます。

更新手数料の支払い

証紙販売窓口で更新手数料の証紙を購入したら、作成した申請書類に貼り付けます。

講習区分によって手数料(更新手数料+講習手数料)が違うので、自分がどの区分に当てはまるか確認する必要があります。

視力検査

運転する適性があるか確認するため、視力検査(適性検査)を受けます。検査前に、メガネもしくはコンタクトレンズを使用している場合は申し出てください。検査の合格基準(※)は、普通自動車の場合は両目で0.7以上、かつ片目でそれぞれ0.3以上です。
※合格基準は免許の区分によって異なります。

書類の提出

受付窓口で作成した申請書類を提出します。住所変更や記載事項に変更がある場合は、住民票の写しや健康保険証など確認ができる必要書類を一緒に提出しなければなりません。

申請書が登録されると一度返却されるので、内容に誤りがないか最後に確認してください。

写真撮影

登録後の申請書を係員に渡したあと、新しい免許証に使用する写真を撮影します。写真は持ち込みも可能ですが、以下の条件を満たしている必要があります。

・縦3cm×横2.4cm
・カラー写真
・帽子なし
・正面から撮影
・上三分身(胸から上)
・ふちの枠線なし
・背景色は薄い灰色か茶色か青の単色
・申請前6ヶ月以内に撮影

更新時講習の受講

写真撮影後は、講習区分ごとに更新時講習を受けます。講習は1日に開かれる時間が決まっているので、更新するタイミングによっては待ち時間が上下します。

講習区分による受講時間の違いは、以下の表をご覧ください。

講習区分ごとの受講時間
講習区分受講時間目安
優良運転者30分
一般運転者1時間
違反運転者2時間
初回更新者2時間

免許証を受け取り完了

更新時講習を受講し終わったら、新しい免許証が交付されます。これで一連の更新手続きは終了です。

更新をし忘れた場合

免許更新をし忘れて有効期限が切れてしまった場合は、免許は失効となり、失効手続を受けなければなりません。

海外旅行や入院などのやむを得ない事情の場合は例外がありますが、基本的には下記の通りです。詳細は各都道府県の警察に確認してください。

有効期限が過ぎてから6ヶ月以内

有効期限が過ぎてから6ヶ月以内に失効手続する場合、免許試験は視力検査や聴力検査などの適性試験のみで、学科試験と技能試験が免除されます。

有効期限が過ぎてから6ヶ月以上1年以内

有効期限が過ぎてから6ヶ月以上1年以内に失効手続する場合、適性検査のみで仮免許証を取得することができます。仮免許証の有効期限は交付日から6ヶ月以内なので、期限内に学科・技能の本免許試験に合格する必要があります。

有効期限が過ぎてから1年以上

有効期限が過ぎてから1年以上が経過してしまうと、学科・技能の仮免許試験と本免許試験を再受験しなければならず、実質はじめから取り直すことになります。

自動車運転免許の関連記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す