車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【車 エンブレム一覧】イギリス車のマーク(ロゴ)を完全網羅!

ベントレー、ロールス・ロイス、アストンマーティンなど、イギリス車のエンブレムの意味や由来を解説。「品格」「格式」が高いイギリス車。歴史や独自の伝統を重視しています。現存するもの、今はなくなってしまったものなど、ブランドの概要や適し、ロゴやエンブレムの意味について解説します。

この記事の目次

イギリスは世界で最も自動車メーカーの多い国!

世界で最も自動車メーカーを数多く有する国、イギリス。高級車やスポーツカーが多く、歴史も古い。しかし、現在はほとんどのメーカーが外国資本の傘下に入ってしまっている。

Rolls-Royce(ロールス・ロイス)

エンブレムの由来は、技術者のフレデリック・H・ロイスとビジネスマンのチャールズ・S・ロールスの頭文字のRとRの組み合わせ。ロイスの死に際し、喪に服してエンブレムの文字を赤から黒に変更。

Bentley(ベントレー)

創始者のウォルター・オーウェン・ベントレーの頭文字Bに翼をあしらった。シルバーのロゴは、洗練性を象徴。航空機のように空に羽ばたくという願いを込めている。第一次大戦時には航空機エンジンも製造していたことから、翼をモチーフにしている。

Aston Martin(アストンマーティン)

エンブレムは芸術家でル・マンで優勝経験もあるサミー・デイビスがデザイン。エジプトのコガネムシの仲間の甲虫類の一種であるスカラベの羽をモチーフ。ベントレーにインスピレーションを受けたとの推測あり。スカラベは太陽神の象徴として神聖化されている。

Land Rover(ランドローバー)

ROVERとLANDを組み合わせ自然と大地の中を「しっかりと、そして優しく走る」という意味が込められたシンボル。

Jaguar(ジャガー)

ジャガーがモチーフ。優雅さと前進する動きを表現するエンブレム。

mini(ミニ)

1969年から使用され、ミニ・クーパーの「翼」のデザインが、ミニの活力のシンボルとして用いられた。もともとは「オースティン・ミニ」や「オーリス・ミニ・マイナー」といったイギリス車だったが、現在はBMW傘下。

Lotus(ロータス)

植物の「蓮」がモチーフ。上に書いてあるのは、LOTUSの上にA,C,B,Cというアルファベットの組み合わせが描かれている。ロータスの創立者の頭文字が由来。扇型は「ブリティッシュ・レーシング・グリーン」を、黄色い円は明るい日々を表現。

Lagonda(ラゴンダ)

1906年に設立、1947年以降はアストンマーティンの傘下。コガネムシの仲間の昆虫の「スカラベ」の羽根がモチーフ。

Vauxhall(ボクスホール)

プジョーやシトロエンといったブランドを抱えるフランスの自動車メーカーPSAの現地法人。現在はイギリスのみの販売。創業地であるランベスの工場近くの地名に由来。旗を手にしたグリフィン像がモチーフ。

Ariel(アリエル)

1991年に創業、2001年に現社名に変更し、年間の生産台数は100台未満。常にデザインと革新を開発の最前線に置いてきた。

MG(エム・ジー)

1923年の発祥とされ、現在は中国上海汽車の傘下。八角形のバッジは、通常のモーリスのモデルと区別するために使用。MGはウィリアム・モーリスという人物がサルーンカーのチューンナップ・ワークショップを設立し「モーリス・ガレージ」と名付けたのが始まり。

McLaren(マクラーレン)

社名にブーメラン型のマークをあしらった。創業者ブルース・マクラーレンの故郷ニュージーランドの国鳥であるキウイをモチーフ。F1チームのスポンサー フィリップ・モリスのマルボロのパッケージをイメージ。1981年、フィリップ・モリス社よりロゴをプレゼントされた。

BAC

ポルシェやメルセデスで車の設計に携わったイアン・ブリッグスがデザインディレクターを務める。

AC

1901年に設立されたイギリスで最も古いメーカー。AUTOCARRIERを略したACがモチーフ。

Ginetta(ジネッタ)

昔はレーシングカーを作っていた。ジネッタの本社があった場所がウィザムという地名で、それがウィザムカーズの名前の由来。

Caterham(ケーターハム)

「7」を主張しているエンブレム。「7」には、代表モデル「ロータス・セブン」を受け継ぐという意思が込められている。

Noble(ノーブル)

ノーブルは、スポーツカーのみを製造・販売しているメーカー。1999年創業。

David Brown(デイヴィッド ブラウン)

1960年代の名車のスタイルに現代の技術を加えてまったく新しい車を生み出すという、「クラシックと現代のイギリス車の良いとこ取り」を特徴とするメーカー。2014年創業。

Radical(ラジカル)

1997年創業で、日本の公道でも走ることが可能なレーシングカーを製造・販売しているメーカー。

Keating(キーティング)

キーティングは3人が手作りで車を製作するメーカー。エンブレムにはダイヤやルビーがちりばめられている。

Arash(アラッシュ)

1999年に設立された比較的歴史が浅いブランド。ジュネーヴモーターショーではAF8、AF10のスポーツカーを展示。スポーツカーにマッチするエンブレム。

LEVC

LEVCとはLondon Electric Vehicle Companyの略。その名の通り電気自動車のメーカーで、2018年より走っているロンドンのタクシー車両の製造も行っている。

Lister(リスター)

1954年、鉄工所の経営者によって創業。スポーツカー、レーシングカーを製造している。創業者の前職にちなみ、エンブレムのモチーフに刀を取り入れた。

Morgan(モーガン)

1913年に設立された自動車会社。エンブレムはコウノトリの羽がモチーフ。

Westfield(ウエストフィールド)

ウエストフィールドは1982年設立の、2シーター、オープンタイプのスポーツカーメーカー。グラスファイバーボディを採用している技術革新の先駆者。

Zenos(ゼノス)

2012年設立のライトウエイトスポーツカーメーカー。2017年にACカーズに買収された。

Atalanta(アタランタ)

1936年12月に設立された歴史が長い自動車会社。会社名をエンブレムに採用している。

Elemental(エレメンタル)

Elemental Motor Company(エレメンタル・モーター・カンパニー)は、2012年にRp1スポーツカーを開発・生産することを目的として設立された。スポーツカーにマッチするエンブレムデザインはいたってシンプル。

Caparo(キャパロ)

2006年に設立された新興スポーツカーメーカー。1930年代の休止状態のアタランタを再起動するために設立。

TVR

1947年に創業。1990年代にはイギリス最大の独立系スポーツカーメーカーとなるが、その後は何度かの経営危機と再建を経験している。車体の軽量化や高い走行性能を追及して開発に取り組んでいる。

Bristol(ブリストル)

数少ない純イギリス資本の自動車メーカー。2011年に設立。控えめでクラシカルなデザイン。

Grinnall(グリナル)

革新的で急進的なスポーツカーとオートバイのトライクデザインの中心地。車体のデザインや品質がイギリスでは人気を集めている。

JBA Motors(JBAモーターズ)

会社名は、Kenneth Glyn Jones、John BarlowとDavid George Ashleyの姓の頭文字。1982年に生産開始。

Axon Automotive(アクソン オートモーティブ)

アクソンは、ノーサンプトンシャー州に拠点をおく自動車および自動車部品メーカー。

Suffolk(サフォーク)

ジャガー SS100をはじめとするレプリカ車を正確に再現して生産しているメーカー。年間製作台数は少ないものの国際的に視野を広げている。

Ronart(ロナート)

1984年に設立された、オーダーメイドのスポーツレーシングカーを製造するユニークなスポーツカーメーカー。

Ultima Sports(ウルティマ スポーツ)

レスターシャー州ヒンクリーに拠点を置くスポーツカーメーカー。1992年創業。

Marlin(マーリン)

Paul Moorhouse氏によって1979年に設立。高品質のスポーツカーの開発、製造、販売で高い評価を得ている。

Bowler(ボウラー)

ボウラーは、ドリュー・ボウラー氏によって設立。自動車業界をリードするエンジニアリングのオフロードレーシングカー製造会社。

Gardner Douglas(ガードナー・ダグラス)

60年代のスタイルを維持しながら、シャーシや高度なエンジンの開発をモットーとしているメーカー。

MEV

MEVとはMills Extreme Vehiclesの略。2003年にスチュアート・ミルズにより設立。ノッティンガムシャー州マンスフィールドに本社がある。

Elva(エルヴァ)

エルヴァとは、レーシングチーム・自動車メーカー。社名とエンブレムに使用されている「Elva」という名は、フランス語の「彼女は行く」(Elle va )からとられている。

Brooke(ブルック)

ブルック・カーズ社は2002年設立。軽量かつ頑丈なフレーム・シャーシのスポーツカーを生産している自動車メーカー。

MK

Martin Keenan氏によって設立され、フォード・シエラをベースとしたロードスター「INDY」が注目を集めている。

次のページ

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...