車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【要確認】知らずに捕まる道路交通法!これは知らないとやばい

これも違反になるの!?スピード違反や飲酒運転など、誰もが知っている内容以外の、あまり知られていない道路交通法を紹介します。反則金や点数、罰金についても解説。

知らずに捕まる道路交通法とは

世の中には、あまり知られていない道路交通法の条文が存在します。知らなかったでは済まされないそれらの法律に関して紹介します。

水たまり泥はね運転

道路交通法 第七十一条「運転者の遵守事項」には以下のように明記されています。

「ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること。」

つまり、ぬかるみや水たまりを通行するときは徐行する等して、汚水を飛散させて他人に迷惑かけてはならないとされています。ただし、道路に明らかな欠陥があった場合に限り道路を管理する行政に損害賠償請求できることもある。

反則金:普通車6,000円・中大型車7,000円
点数:無し

サンダル・ハイヒール運転

都道府県ごとの公安委員会遵守事項にもよりますが、

東京都においては「木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等を運転しないこと。」
大阪府においては「げた又は運転を誤るおそれのあるスリッパ等を履いて、車両を運転しないこと。」とされています。

つまりハイヒール、厚底靴、下駄、スリッパなどは運転に適した靴ではないとされています。

反則金:普通車6,000円・中大型車7,000円
点数:無し

クラクションの乱用

道路交通法五十四条「警音器の使用等」には以下のように明記されています。

「車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。」

つまり.見通しの悪い交差点か曲がり角 や危険を防ぐためにやむ負えないとき 、警笛に関する道路標識がある区間、危険を防止する場合以外での使用は基本的に認められていないということです。

反則金:3,000円
点数:無し

追い付かれた車両の義務

道路交通法 第二十七条「他の車両に追いつかれた車両の義務」には以下のように明記されています。

「車両は、第二十二条第一項の規定に基づく政令で定める最高速度が高い車両に追いつかれたときは、その追いついた車両が当該車両の追越しを終わるまで速度を増してはならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。」

つまり、追いこされるとき、追い越そうとしている車両の邪魔をしてはならない。ということです。速度を上げずに追い越されるのを待ちましょう。

反則金:普通車6,000円・中大型車7,000円
点数:1点

ハイビーム運転

道路交通法 第五十二条「車両等の灯火」では以下のように明記されています。

「車両等が、夜間、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。」

他の車両の後ろを走行する場合や、すれ違う際にハイビームのまま走るのは違反とされています。対向車・歩行者が多いエリアはロービーム。いなければハイビームで走行するのが正しい使い方です。

反則金:普通車6,000円・中大型車7,000円
点数:1点

大音量でのオーディオ使用

道路交通法 第七十条「安全運転の義務」には以下のように明記されています。

「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。」

周囲の状況に応じた判断が出来る必要性があるので、外部の音が聞こえないような状態での運転は違反とされています。

反則金:普通車6,000円・中大型車7,000円
点数:2点

キーの車内放置・エンジンをかけたままでの放置

道路交通法 第七十一条「運転者の遵守事項」では以下のように明記されています。

「自動車又は原動機付自転車を離れるときは、その車両の装置に応じ、その車両が他人に無断で運転されることがないようにするため必要な措置を講ずること。」

車から離れる際に、第3者に運転されてしまうような状態を作ってはならないとされています。

反則金:6,000円
点数:無し

安全確認無しでのドア開け

道路交通法 第七十一条「運転者の遵守事項」では以下のように明記されています。

「安全を確認しないで、ドアを開き、又は車両等から降りないようにし、及びその車両等に乗車している他の者がこれらの行為により交通の危険を生じさせないようにするため必要な措置を講ずること。」

乗車時、降車時の確認無しでのドア開けは非常に危険です。同乗者にも注意喚起を行なうよう心がけましょう。

反則金:普通車6,000円・中大型車7,000円
点数:1点

高速道路上でのガス欠

道路交通法 第七十五条の十「自動車の運転者の遵守事項」には以下のように明記されています。

「自動車の運転者は、高速自動車国道等において自動車を運転しようとするときは、あらかじめ、燃料、冷却水若しくは原動機のオイルの量又は貨物の積載の状態を点検し、必要がある場合においては、高速自動車国道等において燃料、冷却水若しくは原動機のオイルの量の不足のため当該自動車を運転することができなくなること又は積載している物を転落させ、若しくは飛散させることを防止するための措置を講じなければならない。」

高速道路上ではガス欠はもちろん、駐停車、故障も違反となります。利用する前にきちんと点検を行なうように心がけましょう。

反則金:普通車9,000円
点数:2点

運転席・助手席のヘッドレストを外す

道路運送車両の保安基準 第二十二条の四「頭部後傾抑止装置等」に以下のように明記されています。

「自動車のうち運転者席及びこれと並列の座席には、他の自動車の追突等による衝撃を受けた場合において、乗車人員の頭部の過度の後傾を有効に抑止し、
かつ、乗車人員の頭部等に傷害を与えるおそれの少ないものとして、構造等に関し告示で定める基準に適合する頭部後傾抑止装置を備えなければならない。
ただし、当該座席自体が当該装置と同等の性能を有するものであるときは、この限りでない。」

不正改造車とみなされるので、「不正改造車」というステッカーが貼られます。15日以内に違法改造箇所を直さなければなりません。なお違反点数や反則金はありません。

その他忘れがちな違反6選

◆助手席・運転席窓にサンシェードしたまま走行
◆高速道路で追い抜き車線を走行し続ける
◆高速道路で50キロ未満で走行
◆雪道でノーマルタイヤで走行
◆自賠責証明書・車検証不携帯
◆後部座席のシートベルト着用義務

反則金の支払いに従わない場合は、反則金以上の金額を罰金として支払わなければならない場合も。道路交通法をしっかり守って車に乗りましょう。

交通違反の反則金や罰金についてはこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す