車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場 総合情報】幅広い宿泊施設を選べるキャンプ場!口コミも紹介

埼玉県の奥秩父にある「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」は、整備の行き届いたキャンプサイトや綺麗な衛生設備が少人数の家族連れキャンパーに人気の施設です。「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」の特徴や口コミと注意事項から、コンビニ・温泉などの周辺情報もご紹介します。

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場の特徴・施設情報

山梨県に続く埼玉の西の玄関口となる国道140号線沿いの「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」は、荒川が眼下に流れる森林浴が気持ちよいキャンプ施設。

屋内にある炊事場やお洒落な建物のトイレやシャワーなど、清潔で使用しやすいと女性客からも評判です。目の前に流れる荒川で川遊びや渓流釣りが楽しめるアクティビティも豊富で、子どもから大人まで楽しめるキャンプ場です。

この記事では「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」に行くことを検討している方に向け、キャンプ場の基本情報や口コミ、初心者が気をつけるべき注意事項に加え、温泉・観光やコンビニ・スーパーなどのキャンプ場周辺情報についてご紹介します。

※この記事で記載する価格の中に消費税の表示がないものは、公式HPでも記載がないもので不明です。詳細は現地で確認願います。

施設・設備情報

名称 ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場
(うっどるーふおくちちぶおーときゃんぷじょう)
住所 埼玉県秩父市大滝4066-2
電話番号 0494-55-0500
営業期間 冬季閉鎖(年ごとに異なる)
チェックイン
チェックアウト
13:00-16:00
8:30-10:00
駐車場 1日1,000円(28台)
テントサイト ・オートキャンプサイト(16サイト)
・林間サイト(8サイト)
・ウッドデッキサイト(11サイト)
宿泊施設 ・バンガロー(5棟)
・ロフト(1部屋)
料金 ・オートキャンプ
四輪自動車6,500円/キャンピングカー7,000円/バイク5,000円
・林間サイト7,000円
・ウッドデッキサイト7,500円
・施設利用料一人1,000円(デイキャンプ)
・バンガローツララ(大人4人まで)25,000円
・バンガロールーフイーグル(大人4人まで)35,000円
・ロフト(大人4人まで)15,000円
・駐車料(自動車1日1,000円/バイク1日500円)
・ガスコンロ(1回1時間)300円
予約 メール・FAX
車両乗り入れ 可能
入浴・シャワー設備 温水コインシャワー(6分200円)
売店 薪/炭/飲料/氷/ゴミ袋/川魚など
レンタル テントセット/タープ/BBQセット/こたつセットなど

雨でも安心な屋内炊事場

「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」の管理棟内にある炊事場所は、ステンレスの清潔な調理台が設備されたゆったりとしたスペース。

雨が降る日も屋内なので安心して調理が行えるほか、水道からは温水も出るため利用者から好評です。有料のガス台も設置してあり、カレーやシチューなどの煮込み料理も楽しめます。

男女別の綺麗なトイレ

「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」のトイレ棟は、まるで美術館のような石造りの入口がお洒落な建物です。

男女別に分かれたトイレ棟内は、清潔で温水洗浄機能付きのトイレとコインシャワーブースの設置もあり、キャンプ中も不自由を感じることなく過ごせます。

整備されたオートキャンプサイト

「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」のおすすめは、趣向が違う3種類のサイト。

芝生が美しいキャンプサイトや、木立が残り直射日光を避けたい夏場に人気の林間サイト、川沿いの絶景を楽しめるウッドデッキが付属されたウッドデッキサイトがあります。

どのサイトも、車1台とテント・タープを各1張使用できるように区画され、芝や砂利の地面など隅々まで整備の行き届いた人気の高いキャンプサイトです。

アクセス

関越自動車道の花園インターチェンジを出て、国道299号線から国道140号線に入り秩父方面に約70分(47.1km)走行すると「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」にたどり着けます。

中央自動車方面からのアクセスは昭和甲府インターチェンジを出て、国道20号線から県道207号線を経由して国道140号線に入り約80分(65km)で、キャンプ場に到着します。

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場の口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べてみると、綺麗な設備に対する高評価が目立ちました。しかし料金が高いなどの一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。

“24時間使用できるトイレ・シャワーが清潔”
“宿泊施設利用が高め”
“静かで安全家族連れにおすすめ”
“紅葉時の秩父は渋滞に注意”
“スタッフの対応が親切”

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場の注意事項

はじめて「ウッドルーフオート奥秩父キャンプ場」に訪れることを検討している人に向け、事前に確認しておきたい注意事項をご紹介しましょう。

・学生グループの利用不可
・就寝21:00以降は静かに過ごす
・ペット同伴禁止
・場内や川の直火禁止
・発電機や音の出る機材の使用禁止

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場アクティビティ : 釣りなど

「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」では、目の前に流れる荒川で釣りや川遊び、小さい子供用の遊具遊びなど、子どもから大人まで楽しむことができます。

釣り

「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」の前に流れる荒川は、イワナ・アユ・ニジマスなど川魚の宝庫。

渓流ファンには人気の釣りスポットです。3月~9月の釣りシーズンには、遊漁券を購入して渓流釣りを楽しみましょう。ヤマメ・マス用遊漁券は1日1,800円です。

また、キャンプ場では一家族分の釣り竿やエサ、ハラワタ取り券や駐車場代金までセットになった「釣り トラウトオン!入川 ファミリー・グループパック」の取扱いがあり、キャンプ利用者は500円割引で利用可能です。1パック5人(大人4人まで)竿2本・エサ1っ・ビク付・ハラワタ取り券・駐車料1台分で6,000円。

遊具

「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」の管理棟前には、小さな子供が遊べる乗用遊具や滑り台などの用意があり、誰でも自由に遊べます。小さな子どもも飽きずにキャンプ生活を楽しむことが可能です。

川遊び

キャンプ場の前に流れる荒川は、通常期は水量も少なく子どもでも川遊びを楽しむことができます。

キャンプ場横の階段を降りれば、河原に降りることができます。真夏の暑い時期には、ひんやりとした川の水が心地よい人気のアクティビティです。

周辺のコンビニ・スーパー・ホームセンター

コンビニ「ローソン 荒川上田野店」

キャンプ場から車で約25分(17.1km)ほど国道140号線を秩父駅方面に下った場所にコンビニ「ローソン 荒川上田野店」があります。国道140号背をそのまま直進すれば別のコンビニもあるので安心です。

スーパー「やおよし 荒川店」

「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」から車で約25分(16.8km)の国道140号線沿いにスーパー「やおよし 荒川店」があります。

20:00まで開いている「やおよし 荒川店」では、野菜や肉などのバーべーキューで必要な食材を購入できます。小腹が空いたときのために、飲料品やスナック菓子なども購入しておきましょう。

ホームセンター「カインズ 秩父店」

キャンプ場から国道140号線を約30分(20km)走行すると、秩父市街にある大型ホームセンター「カインズ 秩父店」に到着します。

「カインズ 秩父店」では、キャンプ用品やバーべーキューの調理器具のほかに、川遊びで必要な水着やライフジャケットや虫取り網なども販売していて便利です。

薪や炭などは、キャンプ場でも販売していますがホームセンターで購入したほうが割安な場合もあるので、キャンプ場到着前に立ち寄っておきましょう。

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場の周辺情報

周辺の観光

県指定天然記念物「橋立鍾乳洞」

キャンプ場から車で30分ほど進んだ国道140号線沿いにある「橋立鍾乳洞」は、高低差約30m全長約130~140mの、埼玉県指定天然記念物にも認定される観光地です。

鍾乳洞内部は階段の上り下りや屈折もあり、だれもが冒険気分を味わえます。鍾乳石や石筍・石柱には「弘法大師の後ろ姿」や「仁王様の足」などの名前のついた奇岩もあり、スリル満点の地下世界を楽しむことができるでしょう。

スポーツや遊具遊びも「秩父ミューズパーク」

キャンプ場から車で約30分の場所に「秩父ミューズパーク」があります。

広大な敷地にはテニスやプール・F1リゾート秩父・アウトドアパークのほかに、展望ちびっこ広場や珍しい自転車に乗れるサイクルランド、広い園内をめぐるスカイロード・スカイトレインなどがあり、小さな子どもから大人まで一日居ても飽きることなく遊べるテーマパークです。

公園内には、イベントが開催される音楽堂や野外ステージのほかにカフェやレストラン・農産物直売所・日帰り入浴施設もあり、キャンプ帰りに立ち寄って楽しみましょう。

周辺の温泉

キャンプ利用者割引も「大滝温泉 遊湯館」

キャンプ場から車で約5分の距離にある「大滝温泉遊湯館」は「道の駅 大滝温泉」に併設された日帰り入浴施設。キャンプ場からも近い距離にあり、キャンプ利用者には入浴料の割引券の配布サービスもあるので、ぜひ利用しましょう。

関東でも上位を誇るイオン成分含有率が高い高濃度の温泉は、保温作用に優れ「熱の湯」としても知られる名湯で、地元住民や観光客も温泉を目的に訪れるほどの人気があります。

さきほど紹介した以外にも「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」の周辺には観光名所が多くあります。キャンプ場の帰りにぜひ訪れてください。

ドライブに疲れたときには、周辺にある道の駅に立ち寄ることもおすすめです。「道の駅 大滝温泉」のほかに国道140号線沿いに「道の駅 あらかわ」が営業しています。

キャンプに関するおすすめ情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す