初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタの最高級車「センチュリー」御料車からGRMN、過去のモデルまで!

最高級車トヨタ センチュリーの歴代モデル概要や現行モデルの内・外装、スペック詳細から、レアモデル「センチュリーGRMN」、陛下が乗られる「御料車」まで「トヨタ センチュリー」を徹底解説します。日本を代表するショーファードリブン「センチュリー」の魅力とは?

【最新情報】新天皇即位パレード車が「センチュリー」に決定!

新天皇即位パレード車に採用された「トヨタ センチュリー 3代目」

2019年10月22日に執り行われる「新天皇の祝賀パレード(祝賀御列の儀)」において、新両陛下がお乗りになる車が「トヨタ センチュリー」に決定しました。

車の選定を行った皇位継承式典事務局によると、安全装備や環境性能を始めとした前提条件をクリアしているとのこと。さらに

・後席乗車となる両陛下のお姿が沿道から見やすい
・物品調達に際し、内閣府の方針に合致する
・テスト走行、車体強度チェックを万全に行ったうえで期日納入が可能
・使ううえで支障のない保守整備が継続的に可能
・儀式終了後の活用、日々の保守管理が容易である

の要件を満たす車種があるかを「トヨタ」「日産」「ホンダ」「ロールスロイス」「メルセデス・ベンツ」「BMW」の6社に打診。

その結果、それらの諸条件のすべてに合致するのは「センチュリー」のみであったことから、新型センチュリーをベースとした「センチュリー オープン」とすることに決定。調達費用は8,000万円になるとのことです。

天皇の車に関する記事はこちら

世界に2台のセンチュリー GRMNモデルも誕生

レアモデルとなる「トヨタ センチュリー GRMN」

センチュリーには市販車ではないものの「GRMNモデル」が存在します。
その個体数はたったの2台。第一級のレアモデルといえるでしょう。

センチュリー新型モデル発表に際してトヨタの社長である豊田章男氏は、「新型センチュリーのGRMN仕様を作ってみたい」と語り、それを受けてこのセンチュリー レアモデルが誕生したようです。

センチュリー GRMNは現在、普段は社長専用車として使用されているようで、日本自動車工業会ビル前に横付けされたGRMN後席に、豊田社長が乗り込む姿が捉えられています。

個体数2台のうち1台は白、もう1台は黒となっていて、2019年箱根駅伝の先導車には「白」が、東京オートサロン2019では「黒」が展示されました。

センチュリー GRMNのナンバーは「白」が「品川 1867」、「黒」が「豊田 1867」となり、この数字はトヨタ創業者「豊田佐吉の生誕年」に由来するようです。

トヨタ GRMNについてはこちらから

トヨタのフラッグシップモデル「センチュリー」とは

トヨタ 新型 センチュリー

トヨタ センチュリーは1967年に誕生した日本を代表する「ショーファードリブンカー(後席優先で運転手付きの車)」。

2018年にフルモデルチェンジが実施された現行モデルは3代目にあたり、50年あまりの歴史があるなか、フルモデルチェンジはわずか2回。「継承と進化」をコンセプトとした特別なモデルです。

現在の車とは異なり、センチュリーの製造工程には熟練者が手作業で施す過程も多く、専属の工程員がその技術を継承するといった方式をとっています。

トヨタ センチュリーは落ち着いて上質な内外装や徹底した安全性能、静粛性から企業のトップ社用車を始め、政府要人・宮内庁にも採用される最高級車です。

公用車・警護車の詳細についてはこちらから

初代からのイメージを保った優雅な外装

トヨタ 新型 センチュリー

トヨタ 初代 センチュリー

約21年ぶりとなった新型センチュリーの外装は、一見しただけでそれが「センチュリー」であるとわかるデザインで、初代からの伝統を受け継いでいます。

フロントは、重厚感がありながら先代より若干スマートで洗練された現代的な印象へと変更されました。

サイドには日本伝統の面処理技法である「几帳面」をモチーフに、ドア上部に2本線の角を研ぎ面としたラインが入れられ、傾斜を立てたクォーターピラーを採用することでさりげなく後席優先・ショーファーカーを強調しています。

細やかなところまでこだわりが詰まった仕様へ

トヨタ センチュリーの象徴「鳳凰(ほうおう)エンブレム」

センチュリーは、細部にまでこだわった様々な日本の伝統技法が施されることで知られています。

フロントグリル奥には精巧な「七宝文様(しっぽうもんよう)」が配され、センチュリーの象徴とも言えるエンブレム「鳳凰(ほうおう)」は、初代誕生以来となる匠手彫りの金型から作られました。

ショーファードリブンカーについてはこちらから

4種類の美しいボディカラー

トヨタ センチュリー 飛鳥(あすか)ブラッキッシュレッドマイカ

トヨタ センチュリー 神威(かむい)エターナルブラック

トヨタ センチュリー 精華(せいか)レイディエントシルバーメタリック

トヨタ センチュリー 摩周(ましゅう)シリーンブルーマイカ

トヨタ センチュリーはボディの塗装にも特別な工程が存在し、ボディカラー名には初代からの伝統となる「和名」が使われます。

センチュリーの伝統色ともいえるエターナルブラック「神威(かむい)」では、より漆黒感を高めるために7層膜とし、鏡面仕上げ・水研ぎによる独特の艶と質感を生み出しています。

また、新型センチュリーでは新規カラーとなるブラッキッシュレッドマイカ「飛鳥(あすか)」を追加。エターナルブラック「神威(かむい)」もカラーコードを新規開発としました。

車の塗装・ボディカラーについてはこちらから

先進性と伝統の調和が息づくインテリア

控えめながらも先進的なコックピット周り

トヨタ センチュリー コックピット周り

ショーファーカーであるトヨタ センチュリーは、内装ではやはり後席が優先の仕様です。

しかし、前席も控えめながらも機能的な仕上がりで、先端技術が随所に取り入れられています。

インパネには「オプティトロンメーター」が配され、随時車の状態がボタン1つで表示。センターコンソールには大型7インチ「マルチインフォーメーションディスプレイ」が装備されました。マルチインフォーメーションディスプレイとはカーナビや燃費、外気温など様々な情報を切り替えながら表示可能なディスプレイのことです。

また、本革巻きステアリングはヒーター付き。車の各種操作もワンタッチで可能です。

デジタルコックピットについてはこちらから

ショーファードリブンカーとして作り込まれた後部座席

トヨタ センチュリー 後席側

トヨタ センチュリー 後席側

トヨタ センチュリーの後席は、独立シート式となるゆったりとした上質素材で仕上げられていて、先代センチュリーから65mm拡大したホイールベースが惜しげもなく後席空間へと反映された形となりました。

オーナーのビジネスシーン・プライベートシーンどちらにも対応可能なように、ライティングテーブル・電動オットマンが装備。11.6インチとなる後席専用「エンタテイメントシステム」、7インチ「マルチオペレーションパネル」、高性能オーディオシステムが装備されます。

V8×ハイブリッドの組み合わせでさらなる静粛性と低燃費を実現

トヨタ センチュリー ハイブリッドシステム(イメージ)

トヨタ 新型 センチュリー パワートレインスペック
エンジン種類V型8気筒DOHC+モーター
排気量5.0L
最高出力280[381]/6,200
最大トルク510[52.0]/4,000
モーター最高出力165[224]/-
最大トルク300[30.6]/-
トランスミッションCVT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ センチュリーのエンジンは2代目では「5.0L V型12気筒」が搭載されていましたが、3代目となる新型センチュリーには初となるハイブリッドシステムが採用され「5.0L V型8気筒+モーター」となりました。

エンジンの気筒数は縮小されたものの、モーターには「レクサス LS」の高性能モーターをベースとしてセンチュリー用にセッティングが施されているため、システム最高出力では先代より151PSアップの431PSとしています。

また、パワーだけでなく、ハイブリッドの特徴でもある静粛性をさらにセンチュリー仕様にセッティングすることで、乗り心地・静粛性はまさにスイートルーム・ファーストクラスに匹敵するといわれます。

先代よりも拡大されたボディサイズ

センチュリー 新旧モデル ボディサイズ比較表
センチュリー 現行モデルセンチュリー 先代モデル
全長5,3355,270
全幅1,9301,890
全高1,5051,475
ホイールベース3,0903,025
車両重量2,3701,990
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

センチュリーのボディサイズを新旧モデルで比較すると、全長・ホイールベースとも現行モデルが65mmの拡大となっていて、全長の拡大分すべてがホイールベースに充てられていることがわかります。

後席優先のショーファーカーとして、センチュリーが伝統を継承しつつ進化させるという「継承と進化」コンセプトはここでも徹底して生かされていると言えるでしょう。

安全装備はトヨタの最新システムを採用

トヨタ センチュリー リア

センチュリーは安全性能に関してもトップクラスです。

標準装備される衝突回避支援パッケージシステム「トヨタ セーフティセンス」は、単眼カメラ・ミリ波レーダーの2種類式。車や歩行者を高い認識力で検知し、危険回避・被害軽減に努めます。

万が一の事故や病気に備え「エアバック」が作動するタイミングで、専門のオペレーターが警察・消防に連絡・出動を要請する「ヘルプネット」も搭載されているのです。

センチュリーの新車価格

センチュリー 新旧モデル 車両価格表
現行モデル 車両価格先代モデル 車両価格
1,960万円1,253万円

新しいセンチュリーの車両価格は旧モデルから約707万円もアップしていることが分かります。

現行モデルのパワートレインは「ハイブリッド」が採用されているため、運用コストの面では現行モデルが低くなるでしょうが、初期費用の面でのこの価格差は高いと感じる人も多いといえるでしょう。

【歴代モデル紹介】トヨタ センチュリーの歴史

世界の高級車に対抗すべく開発された初代(1967年~1997年)

初代 トヨタ センチュリー

海外の模倣とならない国産高級車を目指し、開発がすすめられた「トヨタ センチュリー」。
設計主査は「クラウン エイト」でも主査を務めていた中村健也氏です。

日本の匠の技や伝統美を随所に取り入れ、重厚で気品あるボディフォルムは以降30年の長い間、企業トップ・要人に愛用されました。

エンジンは「V型8気筒」。発売当初からトランスミッションはATを標準とする高級仕様で、当時の内閣総理大臣「佐藤栄作」も専用車として使用したのです。

歴史の長い車に関してはこちらから

30年ぶりのモデルチェンジで誕生した2代目(1997年~2017年)

2代目 トヨタ センチュリー(2013年モデル)

30年にわたり活躍した初代センチュリーは、1997年ついに最初のフルモデルチェンジを実施し「2代目」となりました。

初代センチュリーのもつイメージは崩さず、細部にまでこだわった内外装は2代目モデルへも継承されました。

エンジンは日本車初の「V型12気筒」。片バンク6気筒単位のDOHC機構としたことで、一方の気筒にトラブルが生じても一方の気筒が機能するよう設計されました。

ボディカラー名には初代同様「和名」が使われ、センチュリー特有の鏡面仕上げ・水研ぎを始めとする塗装技術は2代目でも継続して採用しています。

センチュリーについてはこちらから

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す