車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

シボレー カマロ LT RS試乗レポート|デートにもおすすめのアメ車スポーツ【JAIA輸入車試乗会】

シボレー カマロ LT RSの試乗&フォトレポート!2019年2月5、6日に開催されたJAIA輸入車試乗会。カマロ初の直4ターボエンジンを搭載したグレード「LT RS」。限定モデルのローンチエディションの魅力を解説します。

シボレー カマロ LTRSローンチエディションに試乗!

MOBY編集部は2019年2月5、6日開催の、日本自動車輸入組合(JAIA)が開催する第39回輸入車試乗会に参加してきました。

この試乗会はメディア関係者や自動車ジャーナリストを対象としたもので、神奈川県の大磯プリンスホテルにて行われました。
ホテルから湘南バイパスを経由して、箱根ターンパイクへ。往復約60分のコースを、シボレー カマロ LT RS ローンチエディションでドライブしました。

今回試乗した「ローンチエディション」は、オレンジの外装色をまとった限定車

JAIA シボレー カマロ

シボレー カマロ LT RS ローンチエディション

レーシングストライプがカッコいい

運転席、助手席はゆったりしたスペース

フェンダーの張り出しはサイドミラーから見てもセクシー

アメ車の代表・カマロの直4エントリーモデルですが、スポーツ走行は十分楽しめました。スポーツモードに切り替えて加速するとやんちゃな音を奏でます。ハンドルの反応はややクイックめ。

また、車内が広く助手席でも足回りや肘周りがゆったりしていること、車内で会話できるほど走行音が気にならないこと、さらに左ハンドルであることから、編集部では「デートカーにおすすめかも」という話になりました!

試乗したシボレー カマロ LTRSローンチエディションSの基本情報

シボレー カマロは50年以上の歴史をもつ、アメリカのスポーツカー。ハイパワーのV8エンジンを搭載した、アメリカン・マッスルカーの王道ともいえる存在です。

2015年のマイナーチェンジにより、日本仕様のエンジンラインナップはV8に加え、カマロ初の直4ターボを採用。ダウンサイジングを図りつつ、インタークーラーターボチャージャーによりパワフルな走りを楽しめます。

シボレー カマロ
グレード:LTRSローンチエディション
ボディカラー:クラッシュ
全長:4,780mm
全幅:1,900mm
全高:1,340mm
乗車定員:4名
車両重量:1,560kg
エンジン:2.0L 直噴直列4気筒インタークーラー付ターボ
最高出力:202kW[275PS]/5,500rpm
最大トルク: 400N・m[40.8kgf・m]/3,000~4,000rpm
燃料:ハイオクガソリン
駆動方式:FR
トランスミッション:8速AT
JC08モード燃費:-

新車車両価格:5,616,000円

シボレー カマロ 公式サイトはこちら

文:池田 貴美(MOBY)
撮影:宇野 智(MOBY)、尾梶 敬祐(ディーエムソリューションズ)

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す