初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【城南島海浜公園キャンプ場 総合情報】人工海浜が特徴のキャンプ場!気になる口コミや温泉情報も

「城南島海浜公園キャンプ場」は、羽田空港に隣接する広大な城南海浜公園内にあるキャンプ場です。園内には人工海浜やドッグラン、スケボー広場など子どもから大人まで楽しめる設備がそろっています。「城南島海浜公園キャンプ場」の特徴や口コミと注意事項から、コンビニ・温泉などの周辺情報についてご紹介します。

城南島海浜公園キャンプ場の特徴・施設情報

東京都大田区の東京湾に面した「城南島海浜公園キャンプ場」は、城内島公園内にあるキャンプ施設です。園内にはキャンプ場のほかにドッグランや人工海浜の砂浜など、都心に居ながらにして大自然を味わえる人気のキャンプ場です。

この記事では「城南島海浜公園キャンプ場」に訪れることを検討している人に向け、キャンプ場の基本情報や口コミ、初心者が気をつけるべき注意事項に加え、温泉・観光やコンビニ・スーパーなどのキャンプ場周辺情報についてご紹介します。

※この記事で記載する価格に消費税についての表記がないものは、公式HPで記載がなく不明なものとなりますので現地で確認願います。

施設・設備情報

名称 城南島海浜公園キャンプ場
(じょうなんじまかいひんこうえんきゃんぷじょう)
住所 東京都大田区城南島4-2-2
電話番号 03-3799-6402
営業期間 通年
毎週水曜定休日、年末年始12/29~1/3休園
チェックイン
チェックアウト
11:00~
~10:00
駐車場 あり
・第一駐車場(一般83台/障害者用2台)
・第二駐車場(一般183台/障害者用6台)
平日料金(1時間100円以後1時間毎100円)
休日料金(1時間200円以後1時間毎100円)
テントサイト ・第一キャンプ場(20サイト)
・第二キャンプ場(18サイト)
・オートキャンプ場(22区画)
宿泊施設 なし
料金 ・第一キャンプ場
日帰り大人(高校生以上)300円小中学生150円
一泊二日大人600円小中学生300円
(以後3泊まで半日毎に大人300円小中学生150円加算)
・第二キャンプ場
日帰り大人(高校生以上)300円小中学生150円
・オートキャンプ場
日帰り(21:00まで)2,000円/AC電源500円
一泊二日4,000円/AC電源1,000円
(以後3泊まで半日毎に2,000円/AC電源500円加算)
予約 電話予約
車両乗り入れ オートキャンプ場のみ可能
入浴・シャワー設備 なし
売店 あり
レンタル テント/調理器具/家具/寝具/BBQコンロ/クーラーBOX

長椅子や野外炉付きの広々サイト

「城南島海浜公園キャンプ場」のキャンプサイトには、1.2m×1.2mのテーブルや1.2m幅の長イス4脚、野外炉付きで1サイト100平方メートルの第一キャンプ場や60平方メートルの第二キャンプ場、オートキャンプ場には駐車スペース込みで100平方メートルの区画が用意されています。タープやテントを張っても余裕があるサイトなので、隣を気にせずゆったり広々使用できて開放的です。

グループで楽しめるファイヤーサークル

キャンプファイヤー禁止のキャンプ場が目立つなか「城南島海浜公園キャンプ場」の第一キャンプ場では、キャンプファイヤーを楽しめるファイヤーサークルが2ヶ所設置されています。グループや家族でファイヤーサークルを利用して、本格的キャンプファイヤーが楽しみましょう。

羽田空港を離着陸する飛行機が間近で見える

羽田空港が隣接する「城南島海浜公園キャンプ場」では、羽田空港を離着陸する飛行機が間近で見られます。飛行機に興味がない場合は大きな騒音と感じることもありますが、飛行機に興味がある人には間近で見ることができる各飛行機会社の飛行機にテンションが上がるでしょう。

アクセス

首都高速湾岸線の大井町ランプ出口か首都高速羽田線平和島ランプ出口を降りたら、国道357号線を南下し環状7号線から城南野鳥橋を渡り道なりに進み突き当りに出たら右折すると「城南島海浜公園キャンプ場」に到着します。

城南島海浜公園キャンプ場の口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べてみると、サイトが広く野外炉やテーブルが付いているので過ごしやすいという高評価の口コミが多くありました。しかし早田空港を離着陸する飛行機の騒音がうるさいという、一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には、以下のようなものがあります。

“飛行機の騒音がかなりうるさい”
“トイレも炊事場も綺麗”
“駐車場からの荷物運搬はリアカーを借りれるので便利”
“夜間の施錠もしっかりで安心”
“広いサイトにテーブル・野外炉付きなので便利”

城南島海浜公園キャンプ場の注意事項

はじめて「城南島海浜公園キャンプ場」を訪れる方に向けて、事前に確認しておきたい注意事項をご紹介します。

・ペットの持ち込みは不可
・ゴミは持ち帰り
・直火、花火禁止
・城内での自転車の乗り入れ禁止
・発電機や大きな音の出る機材の禁止

城南島海浜公園キャンプ場のアクティビティ : 人工海浜・スケボー広場・ドッグラン

「城南島海浜公園キャンプ場」は、地形を利用して作られた人工海浜の「つばさ浜」やスケボーの練習にもおすすめの「スケボー広場」、愛犬と一緒に楽しめる「つばさドッグラン」など、都心とは思えない自然を体感できるアクティビティが豊富で、子どもから大人まで一日中楽しめます。

人工海浜

「城南島海浜公園キャンプ場」の正面に広がる人工海浜「つばさ浜」は、長さ約450m幅最大75mと東京都内に3番目の規模を誇ります。遊泳や釣りはできませんが、砂遊びや散歩、季節によっては潮干狩りも楽しめる人気のアクティビティスポットです。

スケボー広場

2005年に開設された「スケボー広場」は、800平方メートルの大きな敷地にクォーターランプやミニランプ、スロープレールやマニュアル台などバリエーション豊富なアクションのプレイグランドでは、スケボーやインラインスケート、BMXで楽しむことができます。誰でも無料で使用できるので、子どもから大人まで人気があるスポットです。

ドッグラン

「城南島海浜公園キャンプ場」のある城南島海浜公園には、2,800平方メートルの広大な敷地のドッグラン「つばさドッグラン」があります。フリースペースと小型犬用スペースに分かれたドッグランは、毎日7:00から21:00まで利用可能で、毎年4月・6月・10月・3月の第4日曜日には「犬のしつけ教室」が開催され愛犬家に人気です。ドッグランや犬のしつけ教室利用には、利用者登録や申し込み予約が必要です。

周辺のコンビニ・スーパー・ホームセンター

コンビニ「ファミリーマート ポートストア城南島店」

キャンプ場から約5分(1.1km)の場所にファミリーマートポートストア城南島店があります。車で15分圏内には別のコンビニもあるので、ATM利用やちょっとした買い物に便利です。

スーパー「業務スーパー BIG FUN平和島」

キャンプ場から車で約15分(5.1km)に位置する「業務スーパーBIG FUN平和島」は、キャンプ場から近く大人数のバーべーキューでも便利なビッグサイズの調味料や、肉類も販売する便利なスーパーです。生鮮品だけでなく飲料などを購入するにもとても重宝する、キャンプ場から近いおすすめのスーパーです。

ホームセンター「DCMホーマック大井競馬場前店」

キャンプ場から車で約15分(5.5km)にある「DCMホーマック大井競馬場前店」は、キャンプ用品や砂浜で遊ぶための遊具、ティッシュペーパーやゴミ袋などの消耗品も購入できるホームセンターです。薪や炭はキャンプ場でも購入できますが、ホームセンターで購入したほうが割安の場合もあるのでキャンプ場に行く前に立ち寄りましょう。

城南島海浜公園キャンプ場の周辺情報

周辺の観光

科学の目線で未来を体験できる「日本科学未来館」

キャンプ場から東京湾臨海トンネルを通り、お台場方面に約15分(8.4km)走行すると「日本科学未来館」の特徴的な建物に到着します。館内には、シンボルとなっている宇宙に輝く地球のリアルな姿を映し出す「ジオ・コスモス」や、最新テクノロジーの未来ロボット展示など、現在の世界と今後変わっていく未来の世界を科学の目線から体験し学習できる人気の施設です。

施設定休日は火曜日と年末年始、10:00~17:00まで開館しています。入館には大人620円18歳以下210円が必要です。

金運と起死回生のパワースポット「品川神社」

キャンプ場から車で約25分(9km)のJR品川駅近くにある「品川神社」は、東京屈指の金運と起死回生のパワースポット。境内にある「一粒万倍の神水」は、暦にある「一粒万倍日」に種を蒔くと一粒から何万もの米が収穫できる縁起のいい日という意味をもつため、お金や印鑑などをご神水で洗うことで金運アップのご利益があるといわれています。品川神社にある大黒天像は、東京七福神の「大国天」にも数えられ、東京七福神巡りにも人気のスポットです。

周辺の温泉

バリエーション豊富な湯船が特徴「天然温泉平和島」

キャンプ場から車で約15分(5.3km)の平和島にある「天然温泉平和島」は、地下2,000mから一日150トン涌出する都内屈指の天然温泉です。圧注浴やかぶり湯、寝湯や気泡浴などバリエーション豊富な湯船で、天然温泉を楽しめます。ハワイアンロミロミマッサージや針灸、バリ式やタイ古式ヒーリングなど癒しプログラムも充実している人気の温泉施設です。

上で紹介した以外にも「城南島海浜公園キャンプ場」周辺には観光名所が多くあります。キャンプ場の帰りにぜひ、訪れてみてください。ドライブに疲れたときは、周辺の道の駅「道の駅 いちかわ」や「道の駅 あんぎょう」に立ち寄るのもおすすめです。

キャンプに関するおすすめ情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す