初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ アクセラの世代別中古車情報!購入時の注意点や狙い目のモデルは?

マツダが誇るセダン/ハッチバック車「アクセラ」の歴代モデルと中古車購入時の注意点を解説。2003年発売の初代モデルから2013年発売の現行モデルのグレードごとの違いや相場情報も。

マツダのスポーツコンパクト車「アクセラ」とは?

アクセラは2003年からマツダが販売している車種。国外では「マツダ3」として販売されています。

現行型は2013年に登場した3代目モデルで、初代から一貫してMTモデルの設定が存在する現代では貴重な車種です。ガソリンエンジンモデルだけでなく、ディーゼルエンジンモデル、マツダスピードモデルなど幅広いラインナップで構成されるマツダ アクセラの中古車選びに必要な情報をまとめました。

※特別仕様車や限定車に関する情報は割愛しています。

アクセラの歴史について詳しくはこちら

とにかく価格を抑えたい方向け 初代アクセラ(2003年~2008年)

初代マツダ アクセラ

グレード 搭載エンジン トランスミッション
15F1.5L ガソリンエンジン4AT/5MT
15C 1.5L ガソリンエンジン 4AT/5MT
20F 2.0L ガソリンエンジン 4AT/5AT
20C 2.0L ガソリンエンジン 5AT
20E 2.0L ガソリンエンジン 4AT/5AT
20H(アクセラスポーツのみ) 2.0L ガソリンエンジン 4AT/5AT
20S 2.0L ガソリンエンジン 4AT/5AT
23H(アクセラスポーツのみ) 2.3L ガソリンエンジン 4AT/5AT/5MT
23S 2.3L ガソリンエンジン 4AT/5AT/5MT
マツダスピード 2.3L ガソリンエンジン 6MT

初代アクセラは1.5L、2.0L、2.3Lの3種類のエンジンがラインナップされました。各グレードは「F」がベースグレード、「C」がスタンダードグレード、「S」はフルエアロ装着車、「E」はアルカンターラと本革を組み合わせた内装、「H」はスピーカーシステムや高輝度アルミホイールなどを標準装備といった違いがあります。マツダスピードはスポーツ走行向けにチューンナップが施され264PSの出力を誇るモデルです。

相場と購入時の注意点

初代アクセラの相場は40~50万円程。初代アクセラは最終型であっても10年ほど前のモデルであり、純正の装備は古いのでこだわりが無い限りは「20C」もしくは「20F」。税金を安く収めたい方は「15F」もしくは「15C」が最適です。

スポーツ走行を好む方はマツダスピードアクセラを購入すべきですが、10万キロ近い走行距離の車体であっても100万円を超える値が付いている場合が多く、リーズナブルな車種とはいえません。

手頃な価格が魅力の初代アクセラではありますが初年度登録から13年が経過したモデルは自動車税・重量税ともに割増されるので、注意が必要です。

低走行ながら低価格な個体が豊富な2代目アクセラ(2009年~2012年)

2代目 マツダ アクセラ

グレード 搭載エンジン トランスミッション
15C 1.5L ガソリンエンジン CVT
15S(アクセラスポーツのみ) 1.5L ガソリンエンジン CVT
20C 2.0L ガソリンエンジン 5AT
20C-スカイアクティブ 2.0L ガソリンエンジン 6AT
20S(アクセラスポーツのみ) 2.0L ガソリンエンジン 5AT
20S-スカイアクティブ(アクセラスポーツのみ) 2.0L ガソリンエンジン 6AT
20E 2.0L ガソリンエンジン 4AT
20E-スカイアクティブ(アクセラのみ) 2.0L ガソリンエンジン 6AT
マツダスピード 2.3L ガソリンエンジン 6MT

2009年に登場した2代目モデルからはボディサイズが大型化。2.0Lエンジンを搭載するグレードには全車アイドリングストップが標準装備となりました。
グレードはベースグレードが「C」、カーテン/サイドエアバッグや15インチアルミホイールといった充実装備の「E」、16インチホイール装備のスポーティモデル「S」、スカイアクティブエンジン搭載モデル、チューニングが施されたマツダスピードアクセラという構成です。

相場と購入時の注意点

2代目アクセラの相場は70~90万円程度。このモデルは2011年のマイナーチェンジで、デミオに続いてスカイアクティブテクノロジーを採用した新設計のエンジンである「スカイアクティブ-G 2.0」とトランスミッションである「スカイアクティブ-ドライブ」を搭載した「スカイアクティブ」グレードが存在。他のグレードよりも高い低燃費性能を誇りながらも中古相場では大きな価格差がないため狙い目といえます。

マツダスピードアクセラは低走行のモデルでは200万円程度の値がついている場合があり、プレミアモデルの仲間入りを果たしたといっても過言ではないでしょう。

2代目アクセラを購入する際に注意すべきポイントは「ATの状態」です。変速不能に陥るトラブルが多いモデルのため、購入時は過去のメンテナンス履歴を含めた状態確認が必須です。

運転の楽しさと環境性能を両立した3代目アクセラ(2013年~)

3代目 マツダ アクセラ

グレード 搭載エンジン トランスミッション
15C 1.5L ガソリンエンジン 6AT/6MT
15S 1.5L ガソリンエンジン 6AT/6MT
15Sツーリング 1.5L ガソリンエンジン 6AT/6MT
15Sプロアクティブ 1.5L ガソリンエンジン 6AT/6MT
15XD 1.5L ディーゼルエンジン 6AT
20S(アクセラスポーツのみ) 2.0L ガソリンエンジン 6AT/6MT
20Sツーリング 2.0L ガソリンエンジン 6AT/6MT
20sツーリング Lパッケージ(アクセラスポーツのみ) 2.0L ガソリンエンジン 6AT/6MT
XD 2.2L ディーゼルエンジン 6AT/6MT
22XDプロアクティブ 2.2L ディーゼルエンジン 6AT
22XD Lパッケージ 2.2L ディーゼルエンジン 6AT/6MT

2013年にデビューした現行型のアクセラはマツダの現代のデザインコンセプトである「魂動デザイン」を採用し、コンパクトながらも力強い印象のモデルに生まれ変わりました。新世代のスカイアクティブエンジンをガソリンエンジンモデル、ディーゼルエンジンモデルの両方に採用。抜群の環境性能を誇ります。また、CVTを廃止し、ダイレクト感を追求した新型のATを全グレードに採用。MTもほぼ全てのグレードで設定可能など運転する楽しさを追求したモデルです。

グレードは「C」がベースグレード。「S」が本革内装やオートエアコンが装備。「プロアクティブ」や「Lパッケージ」が「S」の装備に加えて安全運転支援システムなどが搭載という構成です。

相場と購入時の注意点

ガソリンエンジンモデルであれば、150~180万円程。ディーゼルエンジンモデルは200万円~220万円程で低走行の個体が購入可能です。

ガソリンエンジンにこだわりがある方でなければ、ディーゼルエンジンモデルの購入をおすすめします。低燃費性やガソリンよりも安い軽油が燃料であることなどを考えると、ランニングコストでガソリンエンジンモデルとの価格差を埋めることが十分可能だからです。さらに、ディーゼルエンジンならではのトルクフルで力強い走行性能も魅力です。

3代目アクセラにおいて頻発するようなトラブルは現在のところ存在しませんが、2018年11月にエンジンに関するリコールが発表されており、購入時にはすでに対応済みの個体かどうかの確認が必要です。

最新「アクセラ」中古車情報!

中古車情報は只今準備中です。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

最新「アクセラスポーツ」中古車情報!

中古車情報は只今準備中です。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

最新「マツダスピードアクセラ」中古車情報!

中古車情報は只今準備中です。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

マツダの新車・新型車情報はこちら

マツダに関する最新情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す