初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

航続距離が向上した「日産 リーフ e+」が発売!現行モデルとの違いは?

2019年1月9日に日産は、「リーフ」に航続距離を向上させた新グレード「e+」を追加設定したと発表しました。「リーフ e+」は日本国内で2019年1月23日に、米国と欧州に先駆けて発売される予定です。

「日産リーフ e+」が1月23日から発売

日産リーフ e+

2019年1月9日に日産は、リーフに新開発e-パワートレインを採用し、航続距離を向上させた新グレード「e+」を追加設定したと発表しました。今回の発表にあわせ、「踏み間違い衝突防止アシスト」と「LEDヘッドランプ」を全車標準装備にして、全体的に仕様を向上させています。

「G」、「X」グレードでは元から標準装備だった「Apple CarPlay™」に加え、新たに「Android Auto」にも対応しました。加えて「X」グレードは16インチアルミホイールが標準装備となりました。2019年春には「NissanConnect EV」アプリに、充電スポットの「満空情報表示」機能を追加する予定とのことです。

今回発表された「リーフ e+」は日本国内で2019年1月23日に、米国と欧州に先駆けて発売される予定です。

日産リーフのグレード別税込価格一覧

・S:3,243,240円
・X:3,661,200円
・G:3,999,240円
・e+ X:4,162,320円
・e+ G:4,729,320円

これまでの日産リーフとの相違点

現行 日産リーフ

外装・内装に大きな変更はなし

リーフ e+の外観デザインは、フロントバンパー下部にブルーのリップスポイラー状のパーツ、充電ポートに「e+」ロゴが追加されたこと以外は、現行からの変更はありません。

内装の詳細はまだ明らかになっていませんが、日産は「シートやドアトリム、ステアリングホイールなどに鮮やかなブルーのステッチを施している」としか言及しておらず、大きな変更点はないと思われます。

新開発e-パワートレインによってモーターとバッテリー性能が向上

現行のリーフの航続距離が322kmであることに対し、リーフ e+はさらに約40%長い航続距離458kmを実現しています。これは新たに搭載された新開発e-パワートレインによって、エネルギー効率の向上と高出力、高トルクが実現したことによるものです。

リーフ e+の新モーターは最高出力160kW、最大トルク340N・mで、現行の最高グレードであった「G」と比較すると最高出力は50kW、最大トルクは20N・m向上し、加速時間は約15%短縮、最高速度も約10%上昇しています。

リーフの加速時間や最高速度は公表されていませんが、0-100km/hの加速時間は約8~9秒、最高速度は140km/h前後と言われています。モーターが変更されたリーフ e+では加速時間は7秒台、最高速度は154km/hほどになると予想されます。

新バッテリーは容量が40kWhから62kWhに増量しましたが、それによる室内空間の減少やデザインの変更はありません。これは容量だけでなくエネルギー密度も1.4倍になり、バッテリーそのもののサイズが変わらないためです。

さらに最大出力100kWの急速充電に対応しており、62kWhのバッテリーの充電が60分で完了します。従来のバッテリーは50kWまでの急速充電しかできませんでしたが、100kWに対応することでバッテリー容量が増えても充電時間に影響しないようになっています。

バッテリー容量の保証は現行のリーフと同様に8年160,000kmのままです。

ドライビングシステムには細かな調整

基本的な機能は現行のリーフと変更はなく、安全技術も引き続きそのまま採用されています。

アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで発進、加速、減速、停止までをコントロールできる「e-Pedal(e-ペダル)」は車両重量の変化に合わせて最適化され、後退時の制御の見直しによって駐車時の操作がスムーズになっているとのことです。

日産リーフに関する記事はこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す