車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

運転免許ローンは高校生・大学生でもOK!審査基準や金利はどうなる?

運転免許を取得するには多額の費用が掛かり、とくに学生にとっては大きな出費です。運転免許取得時に利用できる免許ローンは銀行・信販会社などで取り扱っており、学生でも契約できるローンもあります。そんな免許ローンの審査基準や金利についてまとめました。

運転免許取得は多額の費用がかかる!学生には運転免許ローンがおすすめ

運転免許の取得には多額な費用が!

車の運転免許をはじめて取得する人の多くは、18歳以上から取得できる普通免許を選ぶことでしょう。自動車教習所にて普通免許(AT限定)を取得するには、おおよそ30万円の費用が掛かりますから、とくに学生にとっては負担が大きいといえます。

そのようなときに役に立つのが「運転免許ローン」で、運転免許の費用を捻出することができます。 学生にとっては一括ではなく毎月分割で支払うことができれば、バイト・パート代から捻出することもできるでしょう。

運転免許ローンの審査基準は?

ローン審査基準のポイントは3つ

自動車教習所の多くは銀行・信販会社と提携して「運転免許ローン」を用意していますので、教習所にて運転免許ローンを申し込むことができます。運転免許ローンの審査基準は一般的なローンと同じで次の3点がポイントです。

 1)一定の収入を毎月得ていること
   ・安定した収入があり返済能力があるか

 2)信用情報に問題が無いこと
   ・他の信用取引における契約内容・返済・支払状況・利用残高など

 3)他社からの借入が多くないこと
   ・すでに組んでいるローンの借入額が新しいローンを組めないほど多くないか

高校生ではアルバイト・パートの収入だけでは返済能力が低いと判断され、連帯保証人が必要となったりローンの契約者が親権者になるケースが多いようです。

18歳以上20歳未満の大学生は、親権者の同意があれば本人がローン契約できる機関もありますが、多くは連帯保証人もしくは親権者によるローン契約です。20歳以上の大学生であれば本人のみでローン契約できます。

金利はいくらかかる?

金利は借入先によって異なる

運転免許を取得する際に利用できるローンには、さまざまな種類があり金利はそれぞれの機関によって異なります。

大学生が一番利用しやすいのは多目的に利用できる「大学生協ローン」でしょう。金利は9.0%と低めの設定になっており、審査も銀行ローンと比較して通りやすいからです。

高校生の場合は「銀行」「信販会社」の利用が一般的で、銀行によってはマイカーローンが免許取得のためにも利用できるケースがあります。マイカーローンの場合は親権者に相談して契約者になってもらうことで、スムーズにローンが組めるでしょう。

消費者金融カードローンは学生でもローンが組めますが、金利が高いのでバイトやパートで安定した収入があれば親に頼らず利用することが可能です。

運転免許ローンとして利用できる機関の金利比較
借入先金利特徴
銀行ローン
(運転免許/マイカーローン)
9.0〜11.0%
(運転免許ローン)
1.775〜4.475%
(マイカーローン)
審査は厳しく学生のみでは利用不可の場合あり
信販会社(運転免許ローン)13.2〜13.5%未成年の場合、親権者が契約者になることが多い
大学生協ローン (多目的ローン)9.0%大学生が簡単にローンを組める
消費者金融カードローン
(多目的ローン)
17.8~18.0%審査はゆるいが金利が高い
備考:2019年1月現在の金利

月々の支払額を実際にシミュレーション

支払額をシミュレーション

普通免許(AT限定)を取得する場合、30万円を借り入れた際の支払額(総支払金額・毎月の支払額)を、教習所での提携が多い信販会社の金利を例にして試算しましたので参考にしてください。

24ヶ月払いは借入期間が倍ですから金利は当然高く付きますが、毎月の支払額が12ヶ月払いのおおよそ半額ほどになり、毎月の支払いが楽になることは間違いありません。

自分の収入・支払い能力にあった借入期間を設定して無理のない返済計画を立てることが大切です。

<条件>
 ・借入金額:30万円
 ・借入先 :運転免許ローン(信販会社)
 ・金利  :13.5%
 ・支払期間:12ヶ月 / 24ヶ月(ボーナス返済無し)

運転免許ローンの支払いシミュレーション
返済期間12ヶ月24ヶ月
借入金額(元金)300,000円300,000円
利息13.5%13.5%
返済方法元利均等型元利均等型
金利22,387円43,995円
総支払金額322,387円343,995円
毎月の支払額(均等割)1〜11回:26,866円
12回目:26,861円
1〜23回:14,333円
24回目:14,338円
備考:2019年1月現在でのシミュレーション

運転免許に関するおすすめ記事

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す