初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

2018年最も検索された車ランキングTOP10!人気のあの車は何位?

2018年最も検索された自動車は?今年話題をさらったモデルを「ネット検索された回数」という指標で調査、TOP10にランキングしました。数十年ぶりにモデルチェンジした車、先進装備を採用した車、賛否両論のデザインを変更した車など、あの車はランクインなるか!

2018年に検索された数の多い車種とは!

2018年も数多くの車がデビュー、そしてマイナーチェンジを迎えました。数十年ぶりのフルモデルチェンジを受けたものから、マイナーチェンジによって最新装備が採用された人気車種まで、数多くのモデルが話題に。

2018年に話題になったモデルを振り返るべく、MOBY編集部では1月から11月のグーグルやヤフーにおける車種名の検索回数を独自で調査。検索された数の多かった車種をランキング形式でまとめました。

2018年車種別検索回数ランキング

第1位:スズキ ジムニー

2018年に最も検索された車種はスズキの軽オフロード車・ジムニー。1月~11月の総検索数は約446万回でした。

今年20年ぶりにフルモデルチェンジが行われ4代目に。先代から受け継がれるラダーフレーム構造などのオフロードのための装備はそのままに、「デュアルセンサーブレーキサポート」を始めとした数多くの先進装備など安全面での装備拡充も行われました。

年間販売目標がジムニーとジムニーシエラ合わせて16,200台であったところに発表1ヶ月で20,000台の受注が殺到するなど、名実ともに2018年ナンバーワンの人気車種でした。

スズキ ジムニーに関連するおすすめ記事はこちら

第2位:トヨタ アルファード

第2位はトヨタが誇る高級ミニバンのアルファード。1月~11月の総検索数は約403万回でした。

1月にマイナーチェンジして発売。外装のデザイン変更やエンジン、ミッションの変更だけでなく、予防安全装備の「セーフティセンス」が全車標準装備となりました。

かねてより高い人気を誇っていたアルファード。マイナーチェンジでよりスタイリッシュなルックスになったこと、先進装備が拡充されたことで、2018年も多くの注目を集めました。

トヨタ アルファードに関連するおすすめ記事はこちら

第3位:トヨタ ヴェルファイア

第2位のアルファードの兄弟車であるトヨタ ヴェルファイアは1月~11月の総検索数 約294万回で第3位となりました。

アルファードと同時の2018年1月にマイナーチェンジが行われたアルファード。外装のデザイン変更と安全装備の標準化などがメインでしたが、流れるタイプのウインカーである「シーケンシャルウインカー」の採用も話題となりました。トヨタブランドを牽引するミニバンとして、今後も注目です。

トヨタ ヴェルファイアに関連するおすすめ記事はこちら

第4位:マツダ CX-8

第4位にはマツダの3列7人乗りSUVであるCX-8がランクインしました。1月~11月の総検索数は約256万回です。

CX-8は2017年12月にデビューした、マツダのフラッグシップSUV。「ゆとりをもって座ることが出来る3列シートのミニバン」というジャンルを追求しており、その実用性の高さとSUVらしさ溢れるスタイリングから高い評価を得ています。10月にはガソリンエンジンモデルも追加。クリーンディーゼル搭載車のみの展開から、より多くのニーズに応えられるモデルとなりました。

ミニバンに代わる存在として3列シートSUVを売り出しているマツダ。今後の動向にも目が離せません。

マツダ CX-8に関連するおすすめ記事はこちら

第5位:トヨタ ハリアー

第5位にはトヨタのSUVモデルであるハリアーがランクイン。1月~11月の総検索数は約239万回でした。

1997年に初代がデビューしたハリアーは、近年多くのメーカーでラインナップされている高級クロスオーバーSUVの先駆けです。2013年にデビューした現行型は3代目で、雄々しさを感じるSUV要素と、紳士的な落ち着きの調和が取れたデザインが高い評価を得ています。

今年はマイナーチェンジなどのニュースが無かったにも関わらず、多くの注目を集めたハリアー。来年もその人気を維持することができるか注目です。

トヨタ ハリアーに関連するおすすめ記事はこちら

第6位:スバル フォレスター

第6位にはスバルのSUVモデルであるフォレスターがランクイン。1月~11月の総検索数は約225万回でした。

7月にフルモデルチェンジされ新型が発売されました。今回で5代目となったフォレスターは、スバル初となる乗員認識技術である「ドライバーモニタリングシステム」や水平対向エンジンに電気モーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」が搭載されました。

シンメトリカルAWDや、アイサイトなどの人気装備が採用されているSUVとして高い人気を誇るフォレスターは、2018年多くの注目を集めたといえるでしょう。

スバル フォレスターに関するおすすめ記事はこちら

第7位:マツダ CX-5

第7位はデビュー以来多くの支持を集める人気SUVのマツダ CX-5。1月~11月の総検索数は約218万回でした。

CX-5は現在世界約120カ国で販売されており、マツダの全世界での販売台数の4分の1を占める重要なモデルです。10月にはマイナーチェンジが行われ、国内モデルとしては初となる2.5Lガソリンターボエンジン導入とディーゼルモデルへのMT採用がアナウンスされました。

快適性、安全性、運転する楽しさの部分で次々とアップデートがなされるCX-5は、安定の人気も納得の一台といえます。

マツダ CX-5に関連するおすすめ記事はこちら

第8位:トヨタ プリウス

第8位にはハイブリッドカーの超定番モデル・トヨタ プリウスがランクインしました。1月~11月の総検索数は約207万回でした。

プリウスは1997年に世界初の量産型ハイブリッド自動車としてデビュー。現行型は2015年に登場した4代目で、12月に待望のビッグマイナーチェンジが行われました。マイナーチェンジでは新しい外装デザインの発表に特に多くの注目が集まったことも、検索順位上位にランクインした要因かもしれません。

トヨタ プリウスのに関連するおすすめ記事はこちら

第9位:日産 エクストレイル

第9位には日産の人気SUV・エクストレイルがランクイン。1月~11月の総検索数は約190万回でした。

エクストレイルは2018年上半期の国産4駆SUV部門で販売台数1位を獲得。水洗い可能な室内装備などアウトドア場面での使いやすさを意識した作りが人気を呼んでいます。2017年のマイナーチェンジでは、JNCAP(日本自動車事故対策機構)の評価で満点を獲得した自動ブレーキシステムが搭載されるなど、安全面にも抜かりありません。

日産は2018年に海外専売モデルである「ムラーノ」のマイナーチェンジを行なうなど、各メーカーが注力しているSUV分野の開発に積極的です。今後のエクストレイルの進化にも期待が寄せられています。

日産 エクストレイルに関連するおすすめ記事はこちら

第10位:トヨタ シエンタ

第10位にはコンパクトなサイズに3列シートを備えたミニバン・シエンタがランクイン。1月~11月の総検索数は約188万回でした。

シエンタは9月にマイナーチェンジが行われ、外装の小変更と安全装備の強化、5人乗りグレードの設定がなされました。7人乗りかつコンパクトなボディサイズが売りのシエンタですが、ラゲッジスペースの拡大を望む声も多かったようです。

シエンタは価格も178万円~と比較的手頃であり、今回のマイナーチェンジで幅広い層にアプローチできるモデルになったといえます。

トヨタ シエンタに関連するおすすめ記事はこちら

惜しくもTOP10には入れなかった…話題になった新型も

惜しくもTOP10入りを逃したクラウン(上)とカローラスポーツ(下)

多くの新型車が登場した2018年。惜しくもTOP10には入れなかったものも、話題になった車も。

例えば、総検索数の11位はトヨタのクラウン。2018年6月にフルモデルチェンジにて15代目となりました。内外装やパワートレインの一新だけでなく、「アスリート」や「ロイヤルサルーン」といったグレード名もリニューアルされ話題となりました。
クラウンと同日に発売されたトヨタ カローラスポーツも、MT設定があるコンパクトハッチバックとして話題をさらったモデルです。環境性能に配慮されたハイブリッドモデルから、初心者でも楽しく運転ができるアシスト機能を備えたMT車まで、1つの車種にここまでの幅を持たせたトヨタの努力は素晴らしいという他ないでしょう。

来たる2019年もトヨタ スープラを筆頭に登場が待ち望まれているモデルが数多く存在します。来年も胸を踊らせてくれるモデルの登場に期待です。

(MOBY編集部)

新型車、モデルチェンジの最新情報はこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!