初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ダイハツの軽自動車全14車種一覧!特徴と違いをまとめ

軽自動車のカテゴリにおいて、国内トップクラスの販売台数を誇るダイハツの、軽自動車現行全14車種の特徴と違いをまとめました。国内トップクラスの販売台数を誇るだけでなく、ダイハツで開発・生産された軽自動車は、OEM車として他社にも多数供給されています。

軽自動車の販売台数1、2を争うダイハツ

ダイハツは日本でもっとも古い歴史をもち、軽自動車のカテゴリにおいて、国内トップクラスの販売台数を誇ります。主力製品は軽自動車とコンパクトカーであり、とくに軽自動車の販売台数はスズキと1,2位を争うほど。また、ダイハツで開発・生産された軽自動車は、OEM車として他社にも多数供給されています。

ダイハツの軽自動車現行全14車種の特徴と違いをまとめました。

ダイハツのトールワゴン

トールワゴンとは、3列シートを持たない「1.5ボックス」タイプのミニバン(2列シートミニバン)を指す和製英語です。軽自動車規格のトールワゴンが軽トールワゴンと呼ばれます。

トール(tall=背の高い)と付く通り高い全高を特徴としており、一般的に全高1,550mmを超えるものがトールワゴンに分類されます。

ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツの独自技術「e:Sテクノロジー」の採用により、軽量・低価格・低燃費を実現した軽トールワゴンのミライース。燃費性能はJC08モードで35.2km/Lと、ダイハツの現行ラインナップでトップクラスを誇ります。

販売価格も現行ラインナップ中でもっとも安く、低燃費と相まって非常に経済的なモデルとなっているのが特徴です。

ミラトコット

ダイハツ ミラトコット

ミライースの派生車種として開発されたミラトコット。「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」をコンセプトとし、安全性能と扱いやすさが徹底的に追及されています。

女性ユーザーや車にはじめて乗る若年層がメインターゲットに据えられ、ダイハツ車の中でもとくにシンプルなデザインのボディに使いやすい装備を搭載し、若者でも手を出しやすい価格に設定されました。

キャスト

ダイハツ キャスト スタイル

ダイハツ キャスト スポーツ

ダイハツ キャスト アクティバ

愛着の沸く魅力的なデザインと高い質感を両立した軽トールワゴン・キャスト。このモデルの最大の特徴は、それぞれ世界観が異なる「スタイル」「スポーツ」「アクティバ」の3スタイルの選択肢があることです。

レトロ調の軽セダンをモチーフとした「スタイル」、専用チューニングのスポーティ仕様「スポーツ」、クロスオーバーSUVスタイルの「アクティバ」と、乗る人の好みに合わせて選ぶことができます。

ムーヴ

ダイハツ ムーヴ

ダイハツを代表する軽トールワゴン・ムーヴ。スズキ・ワゴンRに対抗すべくして生まれたムーヴは、高い基本性能と優れた燃費性能、軽トールワゴンでトップクラスの広さを誇る室内空間を特徴としています。

現行の6代目ムーブには、軽量・高剛性のボディ構造「Dモノコック」が採用されており、ダイハツの現行軽ラインナップでトップクラスの衝突安全性能を確保しました。

ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴカスタム

ムーヴのドレスアップモデルであるムーヴカスタム。標準のムーヴと比較して内外装の質感が向上しており、価格帯も上に設定されています。

ムーヴカスタムの外装には、多灯薄型LEDヘッドランプや専用デザインのフロントバンパー、専用アルミホイールなどが設定され、スポーティな印象となっています。また、内装にはインパネガーニッシュとドアオーナメントパネルが設定され、標準モデルとの差別化が図られています。

ダイハツのハイトワゴン

ハイトワゴンとは、トールワゴンの別称である和製英語です。ハイト(height)は背が高いことを意味しており、軽自動車規格のハイトワゴンは軽ハイトワゴンと呼ばれます。

ハイトワゴンとトールワゴンに定義上の違いはなく、メーカーやメディア間での呼称も統一されていません。この記事では、背が高くスライドドアを装備したモデルを「軽ハイトワゴン」とし、軽トールワゴンと分けてご紹介します。

ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス

ムーヴの派生車種である軽ハイトワゴン・ムーヴキャンバス。女性ユーザーが主なターゲットであり、シンプルで可愛らしいデザインと、誰にでも使いやすいパッケージング・装備を特徴としています。

後部座席下の収納スペース「置きラクボックス」とスライドドアを組み合わせた「置きラクレイアウト」により、荷物を後席に積み込んだ後にドアを回り込む必要なく、最短距離で運転席に乗り込むことが可能です。

タント

ダイハツ タント

ムーヴと並ぶダイハツの主力車種である軽ハイトワゴン・タント。車名はイタリア語で「とても広い」を意味しており、車名通りの広い室内空間が魅力となっています。

タント最大の特徴である「ミラクルオープンドア」は、車体中央の窓柱を廃した「センターピラーレス構造」により、ダイハツの現行軽ハイトワゴンラインナップでトップクラスの乗降性を実現しました。

タントカスタム

ダイハツ タントカスタム

タントのドレスアップモデルであるタントカスタム。フロントには大型グリルやLEDヘッドランプ、リアには大型ルーフエンドスポイラーやLEDリアコンビネーションランプを採用し、より存在感のある印象としています。

内装はブラックカラーを基調とし、インパネとドアアームレストに専用加飾を施すなどして上質感を高めました。

ウェイク

ダイハツ ウェイク

タントをベースに開発された軽スーパーハイトワゴン・ウェイク。軽自動車規格でできることを最大限追求し、日常生活からレジャーまでのあらゆる場面で活躍できる多用途性を実現しました。

軽自動車で最大級の室内空間「ウルトラスペース」には、多数の収納や撥水加工シートなどが用意されており、キャンプやスキーなどのレジャーにおいては、他の軽ハイトワゴンの一段上を行く実用性を体感できるでしょう。

ダイハツのスポーツカー

スポーツカーとは、運転を楽しむこと(スポーツ走行)を主目的とし、実用性よりも高速走行時の操縦性や動力性能を重視して設計された自動車のことです。

軽自動にもスポーツ走行を目的として設計された軽スポーツカーが存在しており、サイズや動力性能に制限がある中で、最大限走りを楽しむための工夫が施されています。

コペン

ダイハツ コペン セロ

ダイハツ コペン ローブ

ダイハツ コペン エクスプレイ

ダイハツの現行ラインナップで唯一の軽スポーツカー・コペン。軽量・高剛性のボディ構造「D-Frame」の採用で優れた操縦安定性を実現し、ターボエンジンと7速スーパーアクティブシフト付CVTの組み合わせにより、滑らかな加速を実現しました。

ボディにはそれぞれの個性が際立つ「セロ」「ローブ」「エクスプレイ」の3タイプを設定。また、ダイハツの現行ラインナップでMT車が選択できるのはコペンのみとなっています。

ダイハツの商用車一覧

商用車とは、貨物輸送や旅客輸送、営業など業務目的のために用いられる自動車のことです。法律として商用車そのものを明確に定義しているものはなく、メーカーが商用車カテゴリで販売している車種であれば、基本的に商用車として扱われます。

この記事ではダイハツが商用車として販売しているモデルをご紹介します。

ミライース Bグレード

ダイハツ ミライース Bグレード

ミライースには、乗用グレードの他に商用グレードとしてBグレードが設定されています。基本性能は乗用グレードと変わりませんが、商用車に必要のない装備が搭載されていない分、乗用グレードよりも価格は安く設定されました。

ディーラーオプションとして、カーペットマット、ロングバイザー、ナンバープレートロックボルト、シートマルチバッグの便利な4点セットを揃えたビジネスプランも用意されています。

ハイゼットカーゴ

ダイハツ ハイゼットカーゴ

ハイゼットトラックの軽バン仕様であるハイゼットカーゴ。現行の10代目ハイゼットカーゴは、「しっかり、楽々仕事ができる高効率カーゴ」をコンセプトに開発され、商用車として幅広い業種で活用されています。

軽バンとして最大クラスの荷室を備えており、みかん箱なら65個、ビールケースなら36ケース積載可能です。バックドアの開口幅も広く、低床設計と組み合わせることで積み降ろし効率も高めています。

ハイゼットキャディー

ダイハツ ハイゼットキャディー

ハイゼットシリーズの派生車種であるハイゼットキャディー。乗用モデルのウェイクをベースとし、2シーター専用車種とすることで貨物スペースを拡大した商用車です。

ベースであるウェイク譲りの広い室内空間と低床設計により、商用車として十分な荷室容量を確保。大容量のアンダートランクや荷室ボード、間仕切りカーテンなど、商用として役立つ装備が充実しています。

ハイゼットトラック

ダイハツ ハイゼットトラック

ダイハツの商用車を代表する軽トラック・ハイゼットトラック。58年にもおよぶ長い歴史に裏付けされた信頼性から、日本国内におけるトラック(軽・小型・普通)年間販売台数1位の座を2010年1月~2017年12月までの8年連続で維持しています。

現行の10代目ハイゼットトラックには、軽トラックとして初の衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシストIII」を搭載。荷台長もトップクラスであり、幅広い作業に活用可能です。

ダイハツの新車・新型車情報はこちら

軽自動車まとめはこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!