初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産新型デイズは2019年に登場か!テスト車両をスクープ

日産の人気軽トールワゴン「デイズ」の新型が2019年に登場か?新型のテスト走行がスクープされました。スペックや価格などの変更点に関する予想とフルモデルチェンジに関わる最新情報!

日産新型デイズ最新情報

【2018年12月】テスト車両がスクープされる

日産の人気軽トールワゴンである「デイズ」の新型がスクープされました。スペインでのテスト走行を捉えたこの写真からは、日産の近年のアイデンティティといえるVモーショングリルなどを確認することができます。

この新型のデイズは3気筒エンジン+電気モーターのマイルドハイブリッドシステムを搭載し、エンジン+モーターのシステム総合出力で55~65PSの出力になると予想されています。

日産の軽トールワゴン「デイズ」とは?

現行型日産デイズ

日産 デイズとは?

デイズとは、日産が2013年6月6日に発売した軽トールワゴンです。日産と三菱による合弁会社・NMKVが開発を行い、三菱の工場で製造されています。三菱では、3代目「eKワゴン」として販売されており、デイズとは外装デザインと一部装備、グレード体系が異なります。

日産が企画段階から関った初の軽自動車であるデイズは、究極の低燃費を目指す取り組み「PURE DRIVE(ピュアドライブ)」に基づいて開発されており、JC08モードで25.8km/Lという優れた燃費性能を発揮可能です。スタンダードモデルのデイズと、スポーティモデルのデイズ ハイウェイスターが存在します。

これまでのモデルチェンジ遍歴
2013年6月6日
デビュー初代デイズ発売開始
2014年7月3日マイナーチェンジ・パワートレインの改良・バッテリーアシストの追加・ボディカラーの追加・アンテナの変更
2015年10月22日マイナーチェンジ・安全装備の強化・エンジンの改良・内外装の変更・ボディカラーの追加
2017年1月26日マイナーチェンジ・快適装備の強化・価格の改定・内装の変更・ボディカラーの追加
2018年5月28日マイナーチェンジ・歩行者検知対応などの安全装備の強化・ボディカラーの追加

日産 デイズの特徴とは?

・ガソリンモデルの軽トールワゴンでトップクラスの低燃費
・躍動感あふれるエクステリア
・上質なインテリア
・行動の幅を広げる便利な先進装備
・プロパイロットを装備

日産 デイズの販売台数と人気は?

日産デイズの販売台数は2018年1月から11月までの累計で13万1299台。前年の同期間の累計が128226台であり、発売から5年以上が経過した現在においても販売台数が伸びていることがわかります。

軽自動車全体の販売台数ランキングに置いても、2018年11月時点で4位を記録しており、その高い人気を示しています。

現行型日産 デイズと姉妹車 三菱 ekワゴンに関する記事はこちら

Vモーショングリル採用のフロントデザインか

日産新型デイズのテスト車両 フロント

現行型 デイズ ハイウェイスター フロント

日産新型デイズのテスト車両 リア

現行型 デイズ ハイウェイスター リヤ

発売以来大きなデザイン変更を受けていなかった日産デイズ。新型は現在の日産のデザインアイコンである「Vモーショングリル」が採用されており、現行のデザインを維持しながら現代のコンセプトを織りませたものになると予想できます。

新プラットフォームにより車内空間拡大?

現行型 デイズ ハイウェイスター インテリア

現行型 デイズ ハイウェイスター インテリア

新型デイズのインテリアに関する情報は現在のところありません。外装同様に現行型のコンセプトを維持したものになると予想されています。

また、新型デイズではこれまでとは異なるプラットフォームが採用されるとの噂も囁かれており、これが現実のものとなれば今まで以上に広い室内空間が実現されると思われます。

マイルドハイブリッド採用の可能性も?

現行型 デイズ

次期型デイズは3気筒エンジン+電気モーターのマイルドハイブリッドが採用されると予想されています。この3気筒エンジンが新開発のものになるかはまだ情報がありません。

現行型デイズのパワートレインには、バッテリーアシストシステムを搭載した、直列3気筒のNAエンジンとターボエンジン(ハイウェイスターのみ)が設定されています。

新型のターボエンジンモデルに関しては現行同様に規制いっぱいの64PSを発生させながらさらにトルクを高めたものになると予想されています。

現行型デイズのエンジンラインナップ

日産 デイズ エンジンラインナップ
・660cc 直3 ガソリン(2WD)
・660cc 直3 ガソリン バッテリーアシストシステム(2WD/4WD)
・660cc 直3 ターボ ガソリン バッテリーアシストシステム(4WD)

現行型デイズのエンジンスペック・燃費

デイズ(NA車)デイズ ハイウェイスター(ターボ車)
エンジン型式3B20
最高出力36kW [49PS] / 6,500rpm
47kW [64PS] / 6,000rpm
最大トルク59N・m [6.0kgf・m] / 5,000rpm
56N・m [5.7kgf・m] / 5,500rpm(バッテリーアシスト無し)
98N・m [10.0kgf・m] / 3,000rpm
JC08モード燃費25.8km/L(2WD)
22.0km/L(4WD)
23.0km/L(2WD・バッテリーアシスト無し)
21.8~23.2km/L(4WD)

運転支援システム「プロパイロット」搭載か

《参考》日産 セレナのプロパイロット 作動イメージ

日産の運転支援システム「プロパイロット」は、ノートやリーフ、エクストレイル、セレナ e-POWERなどに採用されている先進装備です。

日産 デイズのライバルであるホンダ N-BOXも先進装備「ホンダセンシング」を搭載していることから、フルモデルチェンジされたデイズにプロパイロットが採用される可能性は考えられます。現状何も情報はありませんが、次期デイズにプロパイロットが搭載されることに期待しましょう。

日産 プロパイロットについてはこちら

フルモデルチェンジ&発売日は2019年前半か!

現行型 デイズ

新型のテスト走行も開始され、発表がそう遠くない状況となった日産新型デイズ。その発表は2019年前半には行われると予想されています。新型デイズが発表される際には、姉妹車である三菱「ekワゴン」も新型になると考えられています。軽自動車人気を牽引している注目車種のモデルチェンジに期待です。

日産の新型車に関連する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す