初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【小さくても輸入車】軽自動車規格の外車 3車種まとめ

日本独自の規格である「軽自動車規格」ですが、この規格に適合している外車が存在します。軽登録が可能な外車3車種について!

軽自動車の規格とは?

スズキ スズライト

「軽自動車」とは、日本独自の一番小さな自動車の規格です。車輪の数別で、「軽三輪」「軽四輪」の2種類がありますが、現代では軽四輪が軽自動車の代名詞となっています。

軽自動車の規格は、戦後の日本経済の復興推進に貢献するよう1949年に設立されました。しかし当時の主要車両は、オート三輪やオートバイであり、軽自動車が本格的に登場したのは、スズキ(当時、スズキ自動車工業)が「スズキ スズライト」を製造・販売をした1955年から。その後規格も時代と共に見直されて現代に至ります。

以下の規格表で示す数値以下の車が「軽自動車」として登録されます。値を一つでも超過している場合は軽自動車としての登録はできません。

日本独自の軽自動車の規格
全長全幅全高
3,4001,4802,000
排気量乗車定員貨物積載量
6604350
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 排気量:cc 乗車定員:人 貨物積載量:kg

軽自動車用のナンバープレート

軽自動車(自家用)のナンバープレート

軽自動車のナンバープレートは、普通自動車(自家用)の「白地に緑文字」とは異なります。

自家用:黄地に黒文字
事業用:黒地に黄文字(自家用とは色が逆)

ただし、「ラグビーワールドカップ仕様(2019年開催)」と、「東京オリンピック仕様(2020年開催)」にすることで、普通自動車と同じような白ナンバー(白地に緑字のナンバープレート)を取得・変更できます。

軽自動車として登録できる外車たち

軽自動車は日本独自の規格であり、海外に同様のものは存在しません。しかしながら、規格に収まっていて軽自動車として登録が可能な外車も存在します。

軽自動車として登録ができる外車には、そもそも普通車だったモデルを日本の軽自動車規格に合わせて車両サイズや搭載エンジンの変更を行なったもの、そもそものサイズが小型であり軽自動車規格に収まっていたものが存在します。

軽自動車として登録できる外車は以下のとおりです。

ケーターハム セブン160

ケーターハム 160

©️ 2017 久太郎 All Rights Reserved.

「ケーターハム セブン160」は、イギリスのケータハム社が日本の軽自動車規格に合わせて製造しました。日本で軽自動車として登録可能なオープン2シーターのスポーツカーです。現在、新車購入できる外車の軽自動車はこのケータハム セブン160のみ。新車価格は400万円~となっていあmす。

セブン160のベース車である「ケーターハム セブン」は普通車ですが、こちらも助手席の人と肩が触れ合うぐらいのコンパクトな車です。日本のスズキ製直列3気筒ターボエンジンを搭載しており、車両重量は、たったの490kgと普通の軽自動車よりはるかに軽量です。

ケーターハム セブン160のボディサイズ
全長全幅全高
3,1001,4701,090
ホイールベース車両重量乗車定員
2,2254902
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
ケーターハム セブン160のパワートレインスペック
エンジン種類直列3気筒ターボ
排気量658cc
最高出力58.8[80]/7,000
最大トルク107[10.9]/3,400
トランスミッション5速MT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スマート スマートK

「スマートK」はスマートの軽自動車規格準拠バージョンとして、過去に販売されていたモデルです。

スマートは、元々2人乗りマイクロカー(シティ コミューター)としてデザインされており、軽自動車の規格に近い車両サイズでした。スマートKは、スマートの全幅1,515mmを、タイヤサイズとフェンダを変更することにより1,470mmにダウン。日本の軽自動車の規格に合わせています。

スマートKのボディサイズ
全長全幅全高
2,5401,4701,550
ホイールベース車両重量乗車定員
1,8107502
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
スマートKのパワートレインスペック
エンジン種類直列3気筒SOHCICターボ
排気量598cc
最高出力40[55]/5,250
最大トルク80[8.2]/2,000 - 4,500
トランスミッション6AT
駆動方式RR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スマートに関連するおすすめ記事はこちら

フィアット 126

「フィアット126」はフィアットが1972年~2000年まで製造していた小型のハッチバックモデルです。排気量は594cc、652cc、702ccの3種類が存在し、594ccと652ccのモデルが軽自動車登録可能でした。

なお、1990年以前に製造されたモデルに関しては当時の日本の軽自動車規格に適合していないため、軽自動車としての登録は不可能です。

フィアット126のボディサイズ
全長全幅全高
3,0541,3781,302
ホイールベース車両重量乗車定員
1,840580~6194
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
フィアット126のパワートレインスペック
エンジン種類空冷直列2気筒OHV
排気量594cc/652cc
最高出力-
最大トルク-
トランスミッション4MT
駆動方式RR
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

(MOBY編集部)

軽自動車に関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!