初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

RX-7 歴史と待望の復活へ!現在の中古車価格は?【日本の名車】

ロータリーエンジン搭載の往年の名車、マツダRX-7。1978年から2002年まで製造販売されたこの車は、ル・マン耐久レースの活躍や世界でも数少ないロータリーエンジン車という事もあって、今なお根強いファンがいます。スポーツカーらしいフォルムやロータリーエンジンのスペックなども発売当初から注目されていました。そんなRX-7の歴史を振り返ってみます。

第1世代サバンナRX-7(SA22C)

サバンナRX-7は1978年に発表された、ロータリーエンジン搭載のスポーツカーです。

当時はいわゆるスーパーカーブームの真っただ中であり、いかにもスーパーカーらしいフォルムを備えたRX-7も注目を集めました。

小型軽量のロータリーエンジンをフロンドミッドシップに設置したからこそのスマートなノーズは、高い空力特性を得るだけにとどまらず、スタイリッシュで先進的なデザインとして評価されました。

第2世代サバンナRX-7(FC3S)

1985年に初のフルモデルチェンジを行い、FC3S型となりました。初代は後期型から追加されたターボエンジンも最初からラインナップされました。

カブリオレ(オープン)モデルも1987年からラインナップされています。また、1991年にはル・マン耐久レースの優勝(優勝した車は787B)を記念して、特別仕様車ウイニングリミテッドが1000台制作されました。

GTリミテッド・ウイニングリミテッド スペック

【エンジン型式】 13B
【エンジン種類】 水冷直列2ローターICターボ
【最高出力】 205ps(151kW)/6500rpm
【最大トルク】 27.5kg・m(269.7N・m)/3500rpm
【総排気量】 1308cc

第3世代RX-7(FD3S型)

1991年にフルモデルチェンジを行い3代目のFD3S型となりました。名称もサバンナRX-7からアンフィニRX-7へと変更。のちにのマツダRX-7です。

この1991年は奇しくもマツダがル・マン耐久レースで優勝した年で、マツダファンにとっては嬉しい1年となりました。

しかし、バブル崩壊などの理由からスポーツカー市場が縮小し、2000年に排ガス規制が大幅に強化された事などから、2002年に生産が終了。その1年後、2003年にRX-8が発売されますが、こちらも2012年に生産が終了。ロータリーエンジンファンにとって残念な出来事でした。

RX-7 タイプRS-Rのスペック

【エンジン型式】 13B-REW
【種類】 水冷直列2ローターICツインターボ
【最高出力】 265ps(----kW)/6500rpm
【最大トルク】 30.0kg・m(----N・m)/5000rpm
【総排気量】 1308cc

ロータリーエンジン、RX-7復活となるか?

2017年になんとRX-7が復活?ロータリーエンジン搭載のコンセプトカー「RX-VISION」の登場から、復活の期待度が上昇中です。

2017年はマツダがロータリーエンジン搭載車を世に出してから50周年のアニバーサリーとなりますので、この年の東京モーターショーにて、ロータリーエンジン車の新型が公開されるのではないかと話題になっています。

そして2020年はマツダ創業100周年のアニバーサリーです。2020年にもなんらかの動きがあるとみて、マツダのロータリーエンジンファンは期待しています!

次世代RX-Vision動画

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!