初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

免許取得に必要な視力は?更新時の検査で不合格になったら?

運転免許の取得に必要となる、肉眼の視力についてまとめました。運転免許の取得時だけでなく、更新時も視力はチェックされます。運転免許をスムーズに取得し維持するために、視力検査の合格基準や不合格になった場合の対処法を本文で学んでみてください。

免許取得に必要な視力

運転免許の取得時や更新時には、適性検査の1つとして視力検査が行われます。視力が規定の基準に満たない人は、運転免許の交付を受けられません。

もちろん、視力検査は眼鏡やコンタクトレンズをつけて受けることも可能です。ただし、これら視力を補正する器具を使って検査に合格した場合は、免許証の「免許の条件等」欄に「眼鏡等」と記載されます。運転の条件として、眼鏡やコンタクトレンズの着用が義務づけられるのです。

せっかくの運転免許に条件が課せられることは、できれば避けたいところ。そこで押さえておきたいのが、裸眼での視力検査の合格基準です。合格基準を知っておけば、裸眼で視力検査を受けるべきか否かを自己判断できるはずです。

視力検査の合格基準は、運転免許の種類により異なります。各種運転免許に設定されている、視力検査の合格基準を詳しく見ていきましょう。

条件は免許の種類ごとに異なる

視力の合格基準
免許の種類両眼単眼
原付
小型特殊免許
視力0.5以上他眼の視野が左右150度以上
かつ視力0.5以上
中型一種免許(8トン限定中型)
準中型第一種免許(5トン限定準中型)
普通第一種免許
二輪免許
大型特殊免許
普通仮免許
視力0.7以上
かつ一眼がそれぞれ視力0.3以上
他眼の視野が左右150度以上
かつ視力0.7以上
大型第一種免許
中型第一種免許(限定なし)
準中型第一種免許(限定なし)
けん引免許
第二種免許
大型仮免許
中型仮免許
準中型仮免許
視力0.8以上
かつ一眼がそれぞれ視力0.5以上

三桿法の奥行き知覚検査機で3回検査して平均誤差2cm以内

※上記をすべて満たすこと
不可

原付免許・小型特殊免許

原付免許の取得に必要な視力は、両眼で0.5以上と規定されています。小型特殊免許(農耕トラクター、ロードローラーなどの免許)の取得に必要な視力も同じです。

片方の目が見えない方も、もう一方の目の視野が左右150度以上あり、かつ視力が0.5以上であれば原付免許・小型特殊免許を取得できます。

なお、片目が見えない場合に確認される視野とは、正面を見た状態で視認できる範囲のことです。視野検査を受ける際に、眼球を左右に動かしてはいけません。

普通第一種免許・二輪免許など

普通第一種免許や二輪免許などの取得に必要な視力は、両目で0.7以上、かつ左右の目がそれぞれ0.3以上と規定されています。仮免許の取得にも、同様の視力が必要です。

片目が見えない場合も、もう一方の目の視野が左右150度以上あり、かつ視力が0.7以上あれば上記免許を取得できます。

大型第一種免許・第二種免許など

大型一種免許や第二種免許などの取得に必要な視力は、両目で0.8以上、かつ左右の目がそれぞれ0.5以上と規定されています。片方の目が見えない場合は、これら免許を取得できません。

また、上記免許を取得する際は、「三桿法(さんかんほう)」と呼ばれる奥行知覚検査(深視力検査)を受ける必要があります。三桿法とは、立てた状態で3本並べた棒のうち、真ん中の1本のみを前後に動かして奥行きの知覚を調べる検査です。

三桿法の受験者は、3本の棒の奥行きがそろったと判断した時点で、ボタン操作もしくは声で検査員に知らせます。検査は3回行い、真ん中の棒と左右の棒とのズレが平均2cm以内であれば合格と判定されます。

運転免許の適性検査についてこちらの記事もご覧ください

上位基準に達していない場合は下位免許が交付される?

各種運転免許の取得・更新時に視力検査の基準に達していなかった場合は、当該免許の「下位免許」の交付を受けられます(原付免許・小型特殊免許を除く)。

下位免許とは、ワンランク下に位置づけられている免許のこと。たとえば、普通第一種免許の視力検査に不合格だった場合でも、両眼で0.5以上の視力があれば、原付免許の交付を受けることができます。

奥行知覚検査が必要な運転免許については、三桿法の検査に合格できなかった場合には、同検査が不要な下位免許が交付されます。ただし、交付される下位免許は、もとの免許の取得年月日によって異なるので要注意です。

仮に、平成19年6月1日より以前に、大型一種免許や限定なしの中型一種免許を取得しているとします。この場合は、更新時の適性検査に合格できなくても、8トン限定の中型一種免許が交付されます。

一方、平成19年6月2日以降に上記免許を取得しているなら、適性検査に合格できない場合に交付される下位免許は普通第一種免許です。この場合は、運転免許の格下げによって仕事に大きな影響が出るかもしれません。こうした上位免許の取得年月日による下位免許の違いは、中型免許の制度改正によって生じたものです。

…と、下位免許の取得について述べましたが、格下の免許の交付を受けるのは、あくまで最終手段です。次節では、視力検査に合格できなかった場合の対処法を解説します。

中型免許の改正についてこちらの関連記事もご覧ください

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す