初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

3色の免許証「グリーン・ブルー・ゴールド」それぞれの違いを解説

自動車運転免許証はドライバーに応じてグリーン・ブルー・ゴールドの3色で色分けされています。色による違いと、それぞれの特徴、ゴールド免許をもつことのメリットについて解説します。

違いはここ!運転免許証の色は有効期限欄を確認

免許証の色は、初心者ドライバー(グリーン)・一般ドライバー(ブルー)・優良ドライバー(ゴールド)で区別されます。この色は運転免許証の有効期限欄の背景色に対応しているため、すぐに確認することができます。

最初はこの色!新規取得者の免許はグリーン

免許取得から最初の更新までの3年間は新規取得者扱いとなり、色は「グリーン」となります。初回更新を終えたときからブルーに変わります。
初回の免許更新時は、2時間の初回更新者講習を受講することが義務づけられています。

また、初回更新までに中型免許や大型免許などの上位免許を取得した場合も、その時点でブルー免許に変わります。

グリーンの次はブルー免許に

免許の初回更新後は有効期限欄がブルーに変わり、一般運転者免許となります。免許証の有効期間は3年です。

初回更新以降は、免許の有効期限が切れる年の誕生日から41日前を起算日とした過去5年間の間に違反があった場合、次回更新時の免許証もブルーが適用されます。ただし、その期間内の違反が、3点以下の軽微な違反が1回以下であった場合には、有効期限は5年間に延長されます。

免許更新時の講習時間は、有効期限が5年になる一般運転者講習は1時間、それ以外は違反運転者講習を2時間受ける義務があります。

ゴールド免許は優良ドライバーの証!

免許更新時から過去5年間に無事故無違反であった場合、運転免許証の有効期限が5年となり、有効期限表示欄が金色のゴールド免許が与えられます。

正確な無違反対象期間は「免許更新年の誕生日から41日前を起算日とした過去5年間」が対象期間です。なお、物損事故は加点対象とはなりませんので免許の色には影響がありません。

ゴールド免許は無事故無違反のドライバーだけに与えられる証明証です。免許更新時の講習は、講習時間が30分間の優良運転者講習を受講後に受け取ることができます。

ペーパードライバーや免許失効した場合は?

現在の制度では、普段まったく車を運転しないペーパードライバーもゴールド免許として扱われます。また、免許証の紛失や汚損による再発行で免許証の色が変わることはありません。

しかし、ゴールド免許の更新をせずに失効した場合はブルーへと変更されます。ただし、やむをえない事情があった場合は、証明書類を提出することで6ヶ月以内であればゴールド免許として継続することができます。

ゴールドを獲得するとお得な特典が!

ゴールド免許を保持しているドライバーは、過去5年間以上無事故無違反の功績として、さまざまな特典を受けることができます。

自動車任意保険の割引き

多くの保険会社では、ゴールド免許保持者に対して保険料の割引サービスを行っています。割引率は保険会社によって異なります。

居住地以外で免許更新ができる

ゴールド免許に限り、住民票登録のある都道府県以外の場所でも免許更新ができる「経由更新」をすることができます。更新可能期間は更新年誕生日前の1ヶ月間のみです。長期の出張が多い方はおぼえておきたい特典です。

SDカードがもてる

SDカードとは、セーフ・ドライバーカードの略称。安全運転ドライバーの証であると同時に、提示することで全国15,000店舗以上あるさまざまな業種の加盟店で、割引を受けることができるカードです。

SDカードは1年以上無事故無違反であれば免許の色を問わず申請することが可能で、無事故無違反期間に応じた色のSDカードが与えられます。

最高ランクのSDスーパーゴールドカードをもつことが許されるのは、20年以上無事故無違反者である正真正銘の優良ドライバーだけです。

早くゴールド免許を取得したい人におすすめの記事はこちら

免許の点数(減点)を確認する方法はこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す