初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

自動車税がついに減税か!最大4,500円減税で対象となるのはどの車?

2019年の消費税増税にともない、自動車税もついに減税されるとの方針が明らかになりました。今回の減税で得するのは誰なのでしょうか。対象となる車と、その減税額について解説していきます。

2019年より自動車税が減税される方針が明らかに

政府は2019年10月を予定している消費税増税にともない、自動車税を減税する方針を固めたことが明らかになりました。

自動車税とは、登録車(普通車)に対して排気量別に毎年決まった額が課される税金のことであり、現在は1L以下〜6L以上まで10段階に区切られています。また、軽自動車には登録車と異なる"軽自動車税"というものが課税されます。

自動車税減税が適用される条件は?

自動車税の減税は、全ての車に適用されるわけではありません。今回対象となるのは排気量2.5L以下の登録車であり、その中でも排気量に応じて減税額が異なります。

排気量減税前減税後減税額
~1.0L29,500 25,0004,500
1.0L~1.5L34,50030,5004,000
1.5L~2.0L39,50036,0003,500
2.0L~2.5L45,00043,5001,500
2.5L~3.0L51,000-
3.0L~3.5L58,000-
3.5L~4.0L66,500 -
4.0L~4.5L76,500 -
4.5L~6.0L88,000 -
6.0L~111,000 -

上のテーブルの赤文字になっている部分が減税対象です。排気量が小さいほど減税額が大きくなり、1.0L以下のいわゆる「リッターカー」と呼ばれるカテゴリーが4,500円と最大の減税を受けます。

軽自動車は元から税金が安いため、今回の施策は対象外となります。特に軽自動車においては、軽自動車税が据え置きとなるため、消費税増税前の駆け込み需要が高まることが予想できます。

他の自動車関連税の減税に関してはこちら

自動車税に関するおすすめ情報はこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す