初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディ新型TTクーペ発表 マイナーチェンジでさらに洗練されたルックスに!

日本国内でも堅調な人気を維持するアウディTTクーペがマイナーチェンジ!エンジンスペックの向上や外装デザインや装備のブラッシュアップがされました。日本国内の販売はいつ?

アウディ TT クーペがマイナーチェンジして欧州発売開始!

アウディ 新型TT クーペ

アウディは3代目となる現行型「アウディ TT」の欧州モデルをマイナーチェンジし、受注が開始されたことを発表しました。今回のマイナーチェンジで注目される内容は以下の通りです。

 ・2種類の高性能TFSIエンジン
 ・アップグレードした「アウディ ドライブセレクト」を標準装備
 ・TTの20周年記念モデル「TT 20years リミテッドエディション」の発売
 ・Sライン エクステリア パッケージ

新型TT クーペはシャープで先進的なエクステリアデザイン

アウディ 新型TT クーペのフロント

アウディ 現行型TT クーペのフロント(2018年)

アウディ 新型TT クーペ(リア)

アウディ 現行型TT クーペのリア(2018年)

新型TT クーペのボディスペック(欧州仕様)
全長全幅全高
4,1911,8321,353
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5051,3454
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型TT クーペのエクステリアはシャープで先進的なデザインが採用され、シングルフレームグリルの格子が3D処理されたことで、立体的なデザインとなりフロント両サイドの低い位置にあるエアインテークが、スポーツカーとしての迫力を演出しているといえるでしょう。
リアエンドはテールランプを結ぶ水平ラインが低く広い車幅を強調したスポーツカーらしいデザインです。

ヘッドライトのオプションとして「LEDヘッドライト」、またはダイナミックターンシグナルを含む「マトリクスLEDヘッドライト」が選択可能となっています。
同じくオプション設定されている「Sライン エクステリアパッケージ」を装着すると、フロント・サイドシル・リヤが専用デザインとなり車高が10mmダウンすることで、よりスポーティーなスタイリングを手に入れることができます。

新型TT クーペには「コスモスブルー」「パルスオレンジ」「ターボブルー(Sライン専用)」の、3つの新色が追加設定されました。

アウディ ドライブセレクトを標準装備したインテリア

アウディ 新型TT クーペ(インテリア)

新型TT クーペのインテリアデザインは現行型と大きな変更はありません。
ベースグレードにも「アウディ ドライブセレクト」が標準装備されますので、ドライバーはステアリングから手を離すことなく「多機能ステアリングホイール」にて、すべてのインフォテインメント・ボイスコントロール機能を操作することが可能です。

フルデジタルコクピットのディスプレイには、 2種類の異なるビューが選択できる「アウディ バーチャルコックピット」に表示され、 すべてのモデルに照明付きUSBポートおよびBluetoothが装備されたことで、車とモバイル機器の接続が容易になりました。

フルデジタルコクピットについて

新型TT クーペに用意された2種類の直噴ガソリンエンジン

アウディ 新型TT クーペ

新型TT クーペのエンジンスペック(欧州仕様)
40 TFSI45 TFSI
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHCターボ
排気量2.0L2.0L
最高出力145[197]/4,400-6,000180[245]/5,000-6,700
最大トルク320/1,500-4,300370/1,600-4,300
トランスミッション7速Sトロニック7速Sトロニック/6速MT
駆動方式FFFF/クワトロ(4WD)
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

アウディは新型TT クーペのために現行型より強力な2種類の直噴ガソリンエンジンを用意し、7速Sトロニックもしくは6速MT(45 TFSIのみ)と組み合わされます。

40 TFSIはエントリーモデルのエンジンで最高速度:250km/hを誇り0-100km/h加速:6.6秒、45 TFSIエンジンの最高速度は同じ250km/hで、 0-100km/h加速:5.9秒と俊足です。
45 TFSIエンジンにはクワトロ(4WD)モデルも用意されています。

アウディのクワトロ(4WD)について

新型TT クーペのグレードと新車車両価格

アウディ 新型TT 20周年記念モデルのインテリア

新型TT クーペはエンジンの種類(40 TFSI / 45 TFSI)と駆動方式(FF / 4WD)、トランスミッション(7速Sトロニック / 6速MT)の組み合わせによって4つのグレードに分かれます。

また初代TT(1998年)の20周年を記念する「TT 20years リミテッド エディション」も同時に発表され、45 TFSIエンジンにクアトロ(4WD)が組み合わされた999台を限定発売する予定です。

エクステリアの特徴は「光沢メタルグレイの19インチアルミホイール」「マトリクスOLEDリヤランプ」、サイドシルには「艶消しフォーリングス」が施されました。

インテリアにはセンターコンソールにシリアルナンバーが刻印された専用バッジと、ステアリングホイールとシフトレバーノブに「TT 20 years」エンブレムが装着されました。
モカシンブラウンのファインナッパレザーを「シート」「ドアパネル」「センターコンソール」に、惜しげも無く使用。レザー製の装飾ストリップ、「パヌーカ」コントラストステッチも目を引きます。

欧州モデルの新車車両価格は発表されましたが、日本仕様モデルと新車車両価格は未定です。
現行モデルの価格を考慮した日本での予想価格は以下の通りです。

新型TT クーペの新車車両価格
グレード欧州価格日本予想価格
新型TT クーペ(40 TFSI / FF / 7速Sトロニック)35,900ユーロ(約461万円)500万円前後
新型TT クーペ(45 TFSI / FF / 6速MT)38,750ユーロ(約498万円)530万円前後
新型TT クーペ(45 TFSI / FF / 7速Sトロニック)40,900ユーロ(約526万円)550万円前後
新型TT クーペ(45 TFSI / 4WD / 7速Sトロニック)43,250ユーロ(約556万円)600万円前後
新型 TT 20 years リミテッド エディション51,740ユーロ(約665万円)700万円前後
備考:

アウディ新型TTの日本発売日は?

新型TT クーペのデリバリーは、欧州にて2019年の第1四半期(1〜3月)から開始予定です。
日本での発売日は未定で、2019年前半のうちには発売されるのではないかと期待が高まっています。

次期型TTは2ドアから4ドアに?

アウディ TT スポーツバック コンセプト(2014年)

新型TT クーペは2019年型としてマイナーチェンジされましたが、次期型へのフルモデルチェンジ時に、2ドアから4ドアになるのではないかという噂があります。

2014年に開催された「パリモーターショー2014」では、「TT スポーツバック コンセプト」として 、TTの4ドアクーペが出展されていましたので現実味がある予想です。

現行モデル(3代目)は2015年に登場しており、今までのライフサイクルを考えるとフルモデルチェンジは5年以内になると思われます。ハイブリッド化を考慮すると数年はやくなる可能性もあり、今後のアウディ TTの動向から目が離せません。

アウディの新型車に関するおすすめ記事

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す