車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

シボレー カマロが新型マイナーチェンジ発表 V8モデルは10速AT採用!

50年を超える歴史を持つアメリカンスポーツクーペ「シボレー カマロ」が2018年11月22日にマイナーチェンジ!長い歴史を持つアメリカンスポーツカーに与えられた新装備や変更点とは?価格やスペック、グレードについても!

シボレー カマロがマイナーチェンジ!限定仕様車も登場

発表されたシボレー新型カマロ日本仕様

50年を超える歴史を持つアメリカンスポーツクーペ「シボレー カマロ」。現在6代目となるカマロは、2018年11月22日に日本国内でのマイナーチェンジが発表され、同日に発売となりました。

また、初代モデル「カマロSS」に採用されて以来、人気の根強いオレンジのエクステリアカラー「クラッシュ」を身にまとった限定仕様「ローンチエディション」も設定。今回のマイナーチェンジにあわせて計50台限定で販売されます。

限定仕様 ローンチエディション

スポーティーさを増した外装デザイン

マイナーチェンジ前

マイナーチェンジ後

シボレー 新型カマロの外装デザインは、新設計のLED式ヘッドライトやテールライトを採用し、フロントグリルはよりワイドに、ホイールは足元を引き締めるデザインになるなど、全体的に筋肉質かつスポーティさを強める方向に変更されました。

中でも特徴的なのは、フロントグリル中央に配置されるシボレーのトレードマーク“ボウタイ”の配置やデザインです。空気の流れを最適化し。エンジンルーム内部の冷却効果や、空力の面で優れたデザインとされました。また、グリルバーの中央に配置シボレーエンブレムである「ボウタイ」を配置することで、フロント全体に広がるブラック塗装との調和が図られています。

シボレー新型カマロの内装はより最新鋭に

マイナーチェンジ前

マイナーチェンジ後

シボレー 新型カマロのインテリアデザインに大きな意匠変更はありませんが、最新鋭の各種装備が新たに搭載されます。

インフォテイメントシステムは高精細なディスプレイを搭載した最新型へ進化し、モニターやドアトリムパネルなどを照らすライト「エンハンスドスペクトラムライティング」には8種類のカラーが追加されました。

さらに、グレード「カマロSS」限定となりますが、フレームレスデザインの高解像度リヤカメラミラーが採用されています。

シボレー新型カマロ「SS」グレードには10速AT採用!

シボレー新型カマロ SS

LT RS/コンバーチブルSS
エンジン種類直列4気筒DOHCターボV型8気筒直噴
排気量2.0L6.2L
最高出力202[275]/5,500333[453]/5,700
最大トルク400[40.8]/3,000~4,000617[62.9]/4,600
トランスミッション8速AT10速AT
駆動方式FRFR
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

シボレー 新型カマロの国内仕様には、ホットモデルの「カマロSS」・スタンダードモデルの「カマロ LT RS」・オープンモデルの「カマロ コンバーチブル」の3種類のグレードが用意されています。上記表の通り、「LT RS」と「コンバーチブル」は同様のパワートレインとなります。

今回のマイナーチェンジでは、大排気量のV型8気筒エンジンを搭載する「SS」のトランスミッションが従来の8速ATから新しい10速ATへと改良されました。ミッションの守備範囲が広がったことであらゆる速度域でより快適な走行が可能となりました。

シボレー カマロの価格を新旧で比較

カマロ RS(北米仕様のコンバーチブル)

マイナーチェンジ前マイナーチェンジ後
LT RS516万529万
コンバーチブル603万616万
SS646万680万
[単位]円(消費税込み)

シボレー 新型カマロの価格は、外装や内装のアップデートの影響により、マイナーチェンジ前よりグレード全体で向上しています。

中でも、限定装備や新型の10速ATトランスミッションを採用したホットモデル「カマロ SS」は、他グレードと比べて価格の上げ幅は大きいことが見てとれます。

若者に人気のカマロはさらなる支持を集められるか

新作ではフォルクスワーゲン ビートルとなったバンブルビー

ゼネラルモーターズジャパンの公表するデータによれば、カマロの購入層でもっとも多いのは20代の若者です。カマロが、映画『トランスフォーマー』に登場するキャラクター『バンブルビー』のモデルとなった影響が大きく、若者に人気の車種なのです。

マイナーチェンジによってよりスポーティーなルックスとスペックに仕上がった新型カマロ。これまで以上に若者を意識した新型カマロは、さらなる人気を獲得できるか注目です。

(MOBY編集部 上田貴大)

映画『トランスフォーマー』の登場車種はこちら!

アメ車やマッスルカー関連する記事はこちら!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す