初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【善峯寺 紅葉狩り・ドライブコース 総合情報】秋の味覚をふんだんに使った松茸定食を味わう

自然豊かな京都・洛西に位置する善峯寺。桜や紅葉の名所ですが、京都の中心部に比べて混雑も少なく、ゆっくりと紅葉狩りを楽しむことができます。境内各所から京都市街や比叡山を一望できるのも魅力です。善峯寺に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

「善峯寺」紅葉狩りの見頃の時期は11月下旬~12月上旬

自然豊かな京都・洛西に位置する善峯寺。西国三十三所第20番札所でもあり、多くの人が参拝に訪れます。山の中腹にあり、境内から京都市街や比叡山を一望できるのも魅力です。

桜や紅葉の名所ですが、京都の中心部に比べて混雑も少なく、ゆっくりと紅葉狩りを楽しむことができます。

11月下旬から12月上旬に見頃を迎える善峯寺の紅葉。善峯寺に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

京都市内と比叡山を一望

善峯寺は京都の西南端近く、釈迦岳の支峰の善峯にあり、境内のいたるところから京都市内や比叡山を一望することができます。境内の紅葉とあわせて、色づく京都の山々を見渡すのもまた格別です。

国の天然記念物に指定されている遊龍の松

境内の多宝塔と経堂の前に広がる五葉松。幹が左右に長く伸び、龍のように見えることから「遊龍の松」と呼ばれています。国の天然記念物にもなっている「遊龍の松」の鮮やかな緑と、深紅の紅葉のコントラストは一見の価値ありです。

落葉も美しい

12月初旬には落葉しはじめる善峯寺の紅葉。その頃には境内が鮮やかな深紅のじゅうたんで埋めつくされます。木々にまだ残る紅葉とあわせて、あたりはいっそう華やかになります。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称 善峯寺(よしみねでら)
色づき初めの時期 11月中旬
見頃の時期 11月下旬~12月上旬
紅葉する木の種類 イロハモミジ、カエデなど
住所 京都市西京区大原野小塩町1372
電話番号 075-331-0020
営業時間 8:00~17:00
料金 大人500円 高校生300円 小中学生200円
駐車場 あり(山門前駐車場150台 500円)

アクセス

京都縦貫道 沓掛I.C (亀岡方面との出入り口専用IC) からは約20分(約6km)、京都縦貫道 大原野I.C (大山崎方面との出入り口専用IC)からは約15分(約5km)です。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、紅葉が美しく、他の紅葉スポットに比べて混雑も少ないと全体的に非常に高い評価を得ていました。しかし、公共交通機関のアクセスが悪い点から一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。

「境内の紅葉が美しかった」
「京都市内を一望でき、景色がすばらしい」
「天然記念物の松も見ごたえがある」
「最寄駅からバスだが、1時間に1本くらいしかない」

おすすめグルメ・特産品情報

「一蘭 京都洛西店」

豚骨ラーメンの専門店「一蘭 京都洛西店」。九州発の有名なチェーン店で、洛西店もいつも行列ができている人気店。少し辛めの豚骨スープとそれに絡む細めの麺、チャーシューやきくらげなどのトッピングは自由で、自分好みのラーメンが楽しめます。

いつも行列ができていますが、回転が早いためそれほど待ち時間もありません。府道9号線沿いで入りやすく駐車場も広いので、洛西周辺ドライブの合間に立ち寄ってみましょう。

「旬香ブランシュ」

善峯寺のほど近くにあるフレンチレストラン「旬香ブランシュ」。緑に囲まれたゆったりとした店内で、本格フランス料理が楽しめる隠れ家のようなレストランです。完全予約制で純和牛のコースが8,000円、オマールエビのコースは8,500円。京都西山の自然の中で、ゆっくりと贅沢な時間をすごすことができます。

「よしみねの里」

「よしみねの里」は、京都西山の山の幸を堪能できるお店です。秋にぜひ食べたいのが、松茸を使った秋限定定食。「松茸ごはん定食」1,700円、「松茸セット」4,500円、「松茸うどん御前」2,400円など、予算とおなか具合に合わせて選べるのがうれしいところ。京漬物や京佃煮の販売もしているので、お土産にもおすすめです。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す