初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【奥津渓 紅葉狩り・ドライブコース 総合情報】カツオ出汁のきいた本格蕎麦を堪能

紅葉シーズンのピークには例年、多くの観光客が訪れる奥津渓。花崗岩が侵食されてできた甌穴が有名なほか、もみじ祭りやライトアップなど見どころがたくさんある景勝地です。奥津渓の紅葉狩りの基本情報や口コミから渋滞情報を紹介します。また、周辺のグルメや温泉に加え、人気観光スポットを通るドライブコースについても紹介していきます。

「奥津渓」紅葉狩りの見頃の時期は11月上旬〜11月中旬

奥津渓の紅葉は10月下旬ごろ山頂から始まり、11月上旬から中旬にかけて見頃を迎えます。澄みきった水が流れる渓谷の両側を、色鮮やかなモミジ、カエデ、イチョウ、ナラなどの木々が彩る美しい景色は圧巻です。

渓流沿いには約800mの遊歩道があり、散策しながら紅葉が楽しめるほか、ライトアップ期間中にはさまざまな催し物が行われ、多くの人で賑わいます。

奥津渓に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

美しい渓谷美が楽しめる奥津渓

奥津溪では、約3kmにわたって、変化にとんだ渓谷美を楽しむことができます。川床の岩盤にできた臼淵の甌穴(おうけつ)群が特徴で、中には50万年前に形成されたものも。色鮮やかな紅葉とのコントラストが見事です。

遊歩道を散策しながら紅葉を楽しむ

渓谷を流れる吉井川沿いには遊歩道が整備されていて、のんびり散策しながら紅葉を楽しむことができます。地元ガイドと歩く「紅葉ウォーク」も人気があり、自然や歴史の話に耳を傾けながら紅葉を満喫するのもよいでしょう。

幻想的な紅葉のライトアップも必見

10月下旬から11月上旬にかけて、もみじ祭りが開催され、期間中は夜間のライトアップも実施されます。昼間の景色とは違う、幻想的な紅葉を楽しむことができるでしょう。もみじ祭りでは、地域の特産品が提供されたり、さまざまなイベントが開催されます。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称奥津渓(おくつけい)
色づき初めの時期10月下旬
見頃の時期11月上旬~11月中旬
紅葉する木の種類モミジ、カエデ、イチョウ、ナラ
住所岡山県苫田郡鏡野町奥津川西
電話番号0868-52-0711(鏡野町観光協会)
営業時間通年
料金無料
駐車場30台(無料)

アクセス

中国自動車道「院庄IC」から国道179号を奥津方面へ車で20km。カーナビに住所を入力すると正しい目的地設定ができない場合があるため、施設名称検索で「奥津温泉 みやま荘」、または電話番号検索で「0868-52-0409」を入力するとスムーズにたどり着くことができます。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、紅葉が美しいと全体的に非常に高い評価を得ていました。しかし、駐車場が少ないという点、見どころの場所の標識などがない点などから一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には次のようなものがあります。


「美しい紅葉に癒された」
「夜もライトアップされていて、とてもきれいだった」
「奥津渓八景といわれる場所が絶景」
「駐車場が少なく、車を停めるのに苦労した」
「標識がなく、どこに何があるか、わかりにくい」

おすすめグルメ・特産品情報

「温泉亭」

「道の駅 奥津温泉」にある食事処。バイキング形式で食事を提供していて、家庭的な味の田舎料理が楽しめます。物産館も併設されていてので、地元の農産物や、岡山、山陰の土産物購入にもおすすめです。

「そば処秀峰」

奥津峡バイパスから少し中に入った立地にあるお蕎麦屋さん。カツオの出汁がしっかり効いた、のど越しのよいお蕎麦を食べることができます。きれいに整えられた中庭を眺めながら、古民家の雰囲気の中でおいしいお蕎麦を堪能してください。

「すぎちゃん」

こちらも奥津渓バイパス沿いにある食事処。ボリューム満点の料理を楽しむことができ、味もおいしいと評判です。「ホルモンうどん」や「モダン焼き」などが人気を集めています。ちなみに店名の「すぎちゃん」とはオーナーのことだそうです。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す