初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

懐かしい縦目ヘッドライトの車6選 三菱 新型デリカD:5にも採用

2018年11月21日に発表された三菱 新型デリカD:5。中でも注目を浴びたのは縦目ヘッドライトの採用です。近未来的な雰囲気を持つ縦目ヘッドライトですが、クラシックカーや旧車への採用例も存在します。新型デリカD:5を含めた、縦目の車を6車種選びまとめました。

縦目ヘッドライトを持つ車の魅力とは

三菱 新型デリカ D:5 アーバンギア

今話題の新型デリカD:5に採用されたことで注目される縦目のヘッドライトはその独特の存在感こそが魅力であるといえるでしょう。

規制の影響で丸目や角目のヘッドライトが主流であった頃から多くの車のヘッドライトは丸目4灯や、長方形など横長にデザインされていました。規制緩和や技術の進歩により、ヘッドライトデザインの自由度が増した現代においても、その状況は変わっていません。その中で縦目ヘッドライトを持つ車は個性的な存在として認識されていました。

クラシックカーに関連する記事はこちら

【日本車編】縦目ヘッドライトの車3選

日産 グロリア 3代目(A30型)

現在は日産 フーガに受け継がれた高級サルーン「グロリア」の歴史の中で1967~1971年に販売されていた3代目(A30型)は、60年代のアメ車風のデザインを取り入れたスタイリングと、縦目ヘッドライトを持つフロントマスクが非常に特徴的なモデルです。

3代目特有の独特な雰囲気が今でも旧車愛好家からの根強い人気を持ち、「タテグロ(縦目グロリアの略)」の愛称で親しまれています。

タテグロ含む全世代のグロリアを解説した記事はこちら

マツダ ルーチェ レガート(3代目ルーチェ)

わずか2年間しか販売されなかった縦目モデル

マツダ ルーチェ レガートは、縦目のヘッドライトデザインが高級感を演出する、ロータリーエンジンを積んだ高級サルーンです。1977年に販売され、「レガート」の名が継続したのはわずか1年、そして1979年にはマイナーチェンジにより後期型へ移行して縦目デザインも消滅してしまったため、レガートは非常に希少な存在といえるでしょう。

ルーチェの歴史を詳しく解説した記事はこちら

トヨタ ハイエース 50系 スーパーカスタムリミテッド

トヨタ ハイエース50系は、1982年に登場した高級ワンボックス車です。ハイソカーと呼ばれる高級車が全盛だったバブル期に販売されていたこともあり、 華やかさと角ばった箱型のスタイルを持っています

日本初となるオールフラットシートや電動サンルーフ、デジタルメーターなど、当時の高級乗用車に匹敵するほどの装備が用意されていました。

ハイエースの関連記事はこちら

【外車編】縦目ヘッドライトの車3選

メルセデス・ベンツ W114/115型

メルセデス・ベンツ W114型

メルセデス・ベンツ W114/115型は、1968~1976年に販売されていた縦目デザインのミディアムセダンです。W114型は6気筒ガソリン車で、W115型は4気筒ガソリン&ディーゼル車及び5気筒ディーゼル車という区別となります。

当時のSクラスに該当する「W111/W112型」と比較すると小柄であったことから、「コンパクト」との通称が存在しましたが、W114/W115型は縦目ヘッドライトのインパクトにより迫力のあるモデルといえます。現代のEクラスはこのW114/W115型をルーツとしています。

メルセデス・ベンツ Eクラスの最新情報はこちら

シボレー ブレイザー K5 2代目

シボレー ブレイザー K5は、アメリカのゼネラルモーターズ(GM)がシボレーブランドで販売していたフルサイズSUVです。2代目は1973~1991年という長い期間に渡って販売され、V8エンジン搭載による力強い走りが、アメリカでは根強い人気を誇りました。

縦目ヘッドライトのブレイザーは現地でも希少な存在であり、2重のフロントグリルとあわせて圧倒的な存在感を持ったモデルとして現代でも根強い人気を誇ります。

シボレー ブレイザーの関連記事はこちら

キャデラック デビル 3代目

キャデラック ドゥビルの1965~1970年の間に販売された3代目モデルは、この年代のアメ車の定番といえるスタイリングが魅力の一台です。歴代モデル唯一の縦目ヘッドライトとフロントマスクの突出したデザインは、歴代全ドゥビルの中でもっとも個性的なスタイリングといえるでしょう。

キャデラックのセダン一覧はこちら

12年ぶりビッグマイナーチェンジの新型デリカは縦目

三菱 新型デリカ D:5

12年ぶりとなるビッグマイナーチェンジを受けたデリカD:5。その最大の特徴はやはり縦目ヘッドライトを採用したことです。もちろん、外装以外にも内装もブラッシュアップされ、先進の予防安全技術やデリカでは初となる電動パワーステアリング採用などの要素にも注目です。

予約の受注も開始され注目が集まる新型デリカ。過去の縦目ヘッドライト採用車種と同様に独特のスタイリングがどのように評価されるかも含め注目のモデルです。

(MOBY編集部 上田貴大)

新型デリカD:5に関する記事はこちら

丸目の車に関する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す