初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

凍結したフロントガラスにお湯は厳禁!2つの対策方法とおすすめグッズから裏技まで

真冬に起こる車のフロントガラスの凍結。慌ててお湯をかける対処は厳禁です。凍結時の正しい対処法や凍結の防止カバー・シートでの対策から解氷効果のあるアルコールスプレーの自作方法まで紹介します。

急いでいる時に困るフロントガラスの凍結

寒冷地ではメジャーなトラブルといえる車のフロントガラスの凍結。適切な対処を行わないと車にダメージを与えてしまう場合があります。寒冷地で車を所有している方や、車で寒冷地に旅行に行く方に必要なフロントガラス凍結への対処法を解説します。

フロントガラスの凍結を溶かす方法は?お湯は厳禁!

熱湯の使用はガラスのひび割れの原因に

凍ったフロントガラスに熱湯をかけると、急激な温度差でガラスにひび割れを起こす危険性があります。ガラスコップに熱湯を入れて割れるのと同じ原理です。

また、長時間厳寒にさらされたフロントガラスの冷えた熱量を考慮すると、相当量の熱湯をかけないと氷が溶けないばかりか、熱湯も瞬時に氷へと化してしまい逆効果になることもあります。

デフォッガー機能の使用がガラスにダメージを与えることも

ガラスの結露や曇りをとるデフォッガー機能はガラスを温めるため、凍結にも使えないことはありません。しかしガラスに既に小さなヒビが入っている場合は温度差でヒビが大きくなる危険性があり、お湯ほどではありませんが使用には注意が必要となります。

凍結してしまった際の対策は後述の専用グッズの使用を推奨します。

フロントガラスの凍結防止策は?

毎日車に乗るという方は事前に窓ガラスをなどで覆うといった対策の方がおすすめといえるでしょう。凍結した後に使用する解氷スプレーは少なからず車にダメージを与えてしまう可能性があるだけでなく、解氷作業に多少の時間を要します。

窓ガラスにカバーをかける際も、一般的な毛布などでは風で飛ばされてしまったりする場合がありますので、後述の専用品の使用をおすすめします。

フロントガラス凍結対策、防止のおすすめグッズ

凍結してしまった際の対策グッズ

古河薬品工業(KYK) より、ガラス面に氷結した雪や霜を素早く溶かす解氷スプレーです。撥水シリコーンがガラス面をコーティングするので溶かした氷の再凍結を防止するおまけ付き。

参考価格: ¥ 498
(2018年12月15日現在)

ガラスの凍結には解氷スプレーを使用するのが最も安全で効果的といえます。

凍結の防止に役立つおすすめグッズ

アルミ箔を素材としたガラスカバーです。耐久性・防水性に優れ、雪・雨・霧・氷などからフロントガラスを守れます。防火性難燃綿材料を使用して、保温性・防火性能も強く、さらに紫外線保護にも有効で、日焼けによる内装劣化も防止できます。

参考価格: ¥ 1,250
(2018年12月15日現在)

フロントガラスの凍結を防ぐには、カバーを掛けるというシンプルな方法が効果的です。

この商品は、耐久性や防水性に優れ、雪の堆積や凍結を防止することができます。他にも、保温性や耐火性能、紫外線カットの効果も持ち合わせており、オールシーズン使い続けることができます。

【裏技】フロントガラスの凍結対策グッズは自作も可能

凍ったフロントガラスをかんたんに溶かす裏技は、消毒用アルコールを使用することです。ドラッグストアで数百円でペットボトル1本分くらいのたっぷりの量が購入できます。

これは、アルコールは凍る温度が水より低い(ウォッカなどのお酒を冷凍庫に入れても凍らない)性質を利用したものです。

100円ショップでスプレーを購入、アルコールを水道水で3倍程度にうすめて吹き付けるだけです。ただ、前項で紹介した解氷スプレーのように、再凍結防止のシリコーンなどの成分がないため、使用頻度や用途に応じて使い分けするとよいでしょう。

雪のふらない地域にお住まいの方でスキーやスノボに車で行く前に、大寒波への備えに、解氷スプレーや凍結防止シートを常備しておきましょう。

その他融雪や凍結防止に関する記事はこちら

フロントガラスに関するその他トラブル関連はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す