初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【学生も要注意】自転車イエローカードとは?赤切符との違いや前科・罰金についても

道路交通法の改正以降、自転車の取り締まり・罰則が厳格化しています。本記事は自転車のイエローカードとはなにか、「自転車の14の危険行為」とはどんなものを指すのか、もらってしまった場合の対処法、赤切符との違いや前科・罰金まで、自転車イエローカードを含む「自転車運転違反」を徹底解説しています。

自転車指導警告カード(自転車イエローカード)とは?

自転車指導警告カード

自転車指導警告カード

© MOBY

自転車指導警告カードとは、自転車の運転中に取締り対象となる「危険行為」を犯してしまうと警察官から渡される「警告票」のことです。カードの表面には該当する危険行為、裏面には交通ルールが記載されています。

警告票の名称は「自転車指導警告カード」や「自転車レッドカード」、「自転車イエローカード」など地域ごとに多少の違いがあります。紙の色も「赤色」や「黄色」の場合がありますが、これらは全て同じ「自転車指導警告カード」です。

自転車指導警告カードは「道路交通法改正」に新たに追加された「自転車運転者講習制度」により、取締りの一環として導入されました。この制度の対象年齢は14歳以上となっています。

何をしたときにもらう?

それでは、「自転車指導警告カード」通称「自転車イエローカード」は、実際に自転車で何をした時にもらうのでしょうか?

受け取る対象となる「危険行為」は14種類とされ、その具体的な内容は下記となっています。

1.信号無視
2.通行禁止違反(通行止め、進入禁止区域での通行)
3.歩道用道路における車両の義務徐行違反
4.通行区分違反(道路の決められた箇所を通行していないなど)
5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害
6.遮断踏切への立ち入り
7.交差点での安全進行義務違反(進入時の安全進行など)
8.交差点での優先車妨害(右折・左折・直進時の優先順の妨害)
9.環状交差点での安全進行(右回りに対する違反など)
10.指定場所一時不停止など(標識を無視した行為違反)
11.歩道通行時の通行方法違反(歩行者優先を無視した行為違反)
12.ブレーキ不良自転車運転
13.酒酔い運転
14.安全運転義務違反(傘さし、ながらスマホ、イヤホン、片手、2人乗り、並走など)

となります。地域によっては多少違いがある場合もあるようです。

平成27年6月1日の法改正により、自転車の取締りが強化

2015年(平成27年)6月1日に実施された「道路交通法」の改正によって、自転車の運転中に危険行為をしたとみなされた違反者には講習を受けさせることができる「自転車運転者講習制度」が新たに追加されました。取締り自体も従来より強化されたので、以前は違反と見なされなかったことも危険行為に含まれる可能性があるので確認が必要です。

自転車運転者講習制度は対象の違反者に講習が義務付けられ、講習を受けなかった場合には5万円以下の罰金が科せられることになっています。

道路交通法についてはこちらから

道路標識についてはこちらから

自転車指導警告カードによる前科や罰金は?

あくまで自転車指導警告カード(通称:自転車イエローカード)は違反者に対して警告を促すためのもので、前科や罰金は発生しません。

この警告票によって出頭を促されたり、会社や学校に連絡がいくこともありません。しかし、警察官によってはその自転車が盗難車かどうかを照合するケース等はあるようです。

車の罰則・罰金についてはこちらから

警告カードと赤切符(交通切符)との違い

自転車の運転取締りにおいて、違反者の行為が前述の14種類に当てはまり、なおかつそれが悪質だと判断された場合は、「赤切符(交通切符)」での取締りとなることがあります。

イエローカードは警告を促すことが目的であり、原則として何枚もらってもペナルティは生じません。それに対して赤切符は「告知票・免許証保管証」と記載された赤色のカードで、受け取った回数によっては「自転車運転者講習」を受けなければならない義務が発生します。それに従わない場合は罰金を科せられてしまいます。

赤切符(交通切符)についてはこちら

自転車で赤切符を切られるとどうなる?

回数によっては自転車運転者講習の受講義務が発生

自転車の運転時に赤切符(交通切符)を3年以内に2回以上もらってしまった場合、公安委員会から「自転車運転者講習」の受講が命じられます。講習は自動車免許更新センターなどで実施され、講習時間は約3時間、受講料も5,700円と有料です。

受講が命じられたにもかかわらず「自転車運転者講習」を受講しなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられます。罰金については次の項目で詳しく解説しています。

罰金や前科は?

赤切符(交通切符)が切られた場合は、裁判所・検察庁に出頭することを命じられることがあり、その場合は通常の起訴手続きを簡略化した「略式起訴」という方法が取られることが一般的です。

略式起訴において、検察官から罰金刑などの刑罰が科せられた場合には「前科」がつくことになります。しかし、検察官が処罰する必要はないと判断を下した場合には「起訴猶予」となり、前科がつくことはありません。

「自転車運転者講習」を受講しなかった場合は5万円以下の「罰金」が科せられることになり、「罰金前科」となってしまいます。前科がついてしまうと社会生活の上で様々な支障が生じるため、講習には必ず参加しましょう。

自動車免許の詳細についてはこちらから

自転車で赤切符を切られるケース

自転車で赤切符(交通切符)を切られるケースとなるのは、危険行為をした上にそれが特に悪質だと警察官に判断された場合です。
例えば、どのようなケースが悪質だと判断されるかをいくつか挙げてみると、

・警告したのにも関わらず、反抗的な態度をとる
・事情を聞こうとしたが、質問に応じない
・停止を求めたが、逃げようとした
・違反行為をやめるよう求めたが、それを無視した
・誰の目にも危険だと思える違反行為をした

などがあります。

「信号無視」を警察官に指摘された場合でも、真摯な態度で反省するか反抗的な態度をとるかで、本来ならば「自転車イエローカード」に留まる違反であっても「赤切符」に変わってしまうこともあるようです。

警察官・警察車両についてはこちらから

青切符がない分、自転車は処分が厳しいとも言える

自動車には「免許制度」があるため、違反の際にも軽微である場合には行政処分となる「青切符(交通反則告知書)」が切られ、反則金を納付することで即「罰金前科」となることはありません。

しかし自転車には「青切符」がない分、場合によっては「罰金前科」となってしまい、厳しい処分が下されるケースも出てきます。自転車も法律上は「軽車両」です。自転車だからと軽視することなく、交通ルールを遵守するよう心がけましょう。

反則金や罰金についてはこちら

その他違反に関する記事はこちら

自転車に関する情報についてはこちらから

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す