車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

カーリースは「審査なし」で契約できる?審査に落ちたときの対処法や自社審査とは

カーリースには信販会社による審査を設けていない業者が存在します。審査無しで借りることができるリース業者や審査に通らない場合の対処法、自社審査とよばれるものなど、カーリースにおける審査についてまとめました。

カーリースは「審査なし」で契約できる?

マイカーローン同様、カーリース契約を結ぶには、月額のリース料をしっかりと支払える収入があるかを第三者機関に審査してもらい、「契約してOK」の承諾を得なければなりません。

この審査に際して、「カーリースは審査なしで契約できる」「カーリースは他の契約に比べて審査が通りやすい」と言われることがあります。

結論から言えば契約の際に審査は必須です。ただし、その内容が「信用情報機関の審査」であるか「自社審査」であるかで、いわゆる「審査の通りやすさ」が異なります。

カーリースのなかには信販会社による厳しい審査をせず、リース会社による自主審査のみで契約できるカーリースも存在します。
自主審査のカーリースならば、大手カーリースがおこなう信販会社による審査に落ちてしまった場合でも、車をリースすることができる可能性があります。それゆえ、「カーリース契約は他の契約に比べて審査が通りやすい」と言われるのです。

信販会社の審査が不要なカーリースもある

信販会社とは?

信販会社とは販売信用を主な事業とする会社で、クレジットカード会社にとてもよく似ています。

信販会社はカーリース会社に融資し、その融資をもと手にカーリース会社が車を購入し、客に貸し与えます。客はリース料を信販会社に支払うことでリースが成り立ちます。

仮に利用客の返済が滞ることがあった場合、カーリースの仕組み自体が成り立たなくなるため、信販会社は厳しい審査をしなくてはなりません。

なお、この記事では「信販会社の審査(厳しい審査)がないカーリース」を「審査なしのカーリース」として紹介しています。

信販会社の審査が必要なカーリース

信販会社と契約を結ぶ大手カーリースのほとんどは信販会社の審査が必要です。
大手カーリースは、その規模を活かした新車リースや豊富な車種など充実したサービスが特徴です。

自社審査を設けているカーリース

自社審査を設けているカーリースは、信販会社を通さず自社で信用判断するため、大手信販会社よりも審査が通りやすい傾向にあります。また、審査手順が簡略されるため、手早くリース契約を結べるメリットがあります。

そのぶん、取り扱うリース車両は中古車であったり、大手に比べるとサービス面では一歩劣ってしまう場合が多いのが自主審査のカーリースの特徴です。

審査に落ちると不利に?落ちたときの対処法

信販会社の審査に落ちる理由は?

信販会社が審査の基準とする項目には、「年齢」「職業」「雇用形態」「年収」「債務履歴」などがあります。月々の支払い額はそれほど高くないカーリースのため、年収や雇用形態よりも、現在の債務状況と過去の返済履歴がもっとも重要です。

要するに「現状で支払い能力があるか」「過去に支払いが滞ったことがないか」といった債務履歴で信用を判断します。それがもっとも簡単で確実な判断方法だからです。

債務履歴には「月々の家賃」「携帯電話の分割代」「クレジットカードの利用枠」も含まれますので、借金がなければ大丈夫とは言い切れない事情があります。

審査に落ちると一定期間不利になる

「審査に落ちた」という事実も債務履歴に含まれるため、不用意な審査は受けないほうがよいでしょう。審査の履歴情報はその後半年程度保有されることになり、その間の審査は不利になるということです。

十分に安定した収入があったとしても、債務履歴に不安がある方は、審査前にリース会社に相談しましょう。審査に通るか通らないかの正確な判断はできませんが、長年の経験から的確なアドバイスがもらえます。

審査に落ちたときの対処法

「審査に落ちる」ということは、「その代金に対して、現状の支払い能力が満たないと判断されている」ということです。条件を変えることで審査に通るようになる場合があります。

①リースの条件を変える

現状の支払い能力に対して、わずかに月額リース料が見合わないという理由であれば、車のランクや、リース期間を短くすることで審査に通る場合があります。

②連帯保証人をつける

万が一、本人が支払いできなくなった場合に、代わりの支払者を決定しておくのが連帯保証人による保険です。審査を通過するための大きな一手にはなるものの、人間関係悪化のリスクがあります。リース会社によっては保証人の収入証明を求められるケースもあります。

③審査なし(自社審査のみ)のカーリースを選ぶ

審査に落ちてしまったら、審査なし(自社審査のみ)のカーリースを選ぶのがもっとも確実でしょう。大手カーリースは未払いのリスクを避けるため、やや過剰気味の審査をしなくてはならない背景事情もあります。

審査なしで契約できるカーリース

審査なし(自社審査のみ)のカーリース3社を紹介します。

審査なしのカーリース会社は、中古車取扱店が在庫車両の活用としてリースをするケースが多いようです。まだ全国的に数は少ないものの、今後は増えていくことが予想されます。

チューレン汰

長野県の中古車業者が運営するカーリース。リース車両はすべて中古車を取り扱い、信販会社の審査なしで車を借りることができます。

短期や長期、冬の間だけなど細かな要望へも対応してくれる柔軟さが魅力のカーリース。ほかにも時間単位でのカーレンタルサービスもおこなっています。

比べてレンタカーリース

関西を拠点とするカーリース。コンパクトカークラスならば、契約時に一時預金5万円を支払い、あとは月々2万5千円から車を借りることができます。契約期間による縛りや解約金もなく、乗り換えや解約は自由におこなえます。また、一時預金は長く利用すれば戻ってくる仕組みです。自社審査なので、スピーディな契約が可能です。

カーショップ コナー

兵庫県西宮市で中古車販売と整備をおこなうカーショップ コナーです。中古車オークションで落札した好きな車を月々2万5千円からの価格でリースすることができます。諸経費や故障の際も無料で修理。ローン契約ではないので、金利や審査がなくご利用になれます。

審査に通る自信がない場合はカーリース会社に相談を

カーリースの審査に落ちると、一定期間とはいえ債務履歴上に記載されるので、同じ条件では他のカーリース会社での審査にも通りにくくなってしまいます。不安要素があるのならば、審査の前にカーリース会社に相談をしましょう。

どうしても審査が通らないようであれば、自社審査を設けているカーリース会社の利用が最後の手段となります。審査なしのカーリース会社は、中古車取扱店が在庫車両の活用としてリースをするケースが多いようです。

とはいえ、信販会社の審査は自己の支払能力や経済力を客観的に判断できる基準のひとつ。支払いについて不安があるのであれば、今すぐには無理に契約しないほうが賢明かもしれません。

カーリースについて詳しくはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す