初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ フリードのスタッドレス メーカー別おすすめ10選!価格や口コミ・評価からホイールセットまで

ホンダ フリードの純正サイズであるスタッドレスタイヤのおすすめを、国内・海外・アジアのメーカー別に10点ご紹介します!各商品の特徴や価格、口コミや評価まで掲載。今年のスタッドレスタイヤ選びの参考にしてください。

ホンダ フリードのスタッドレスタイヤ

雪道を走る「ホンダ フリード」

ホンダ フリードのスタッドレスタイヤは、1本あたりおよそ5,000円〜15,000円で購入することができます。タイヤのサイズは他の車種にも多く採用されている一般的なものなので、フリードのスタッドレスタイヤは比較的入手しやすいでしょう。

近年のスタッドレスタイヤは総合性能が高く、最新のスタッドレスタイヤを選べば性能面で不満を感じることはほぼありません。しかし、スタッドレスタイヤにはそれぞれグリップ力や静粛性などに特徴がありますので、口コミを参考にして選ぶことが大切です。

タイヤサイズ

タイヤサイズ(mm)185
扁平率(%)65
ラジアル構造R
ホイールサイズ(インチ)15

上記は、ホンダ フリードの全グレードに採用されているタイヤサイズです。

スタッドレスタイヤを装着する際、インチダウンしたものを装着するケースもありますが、本記事では、ホンダ フリードに採用されている純正タイヤサイズ「185/65R15」のスタッドレスタイヤをご紹介します。

ホンダ フリードに関連する記事はこちら

【国産編】ホンダ フリードのスタッドレスタイヤ メーカー別おすすめ4選

ブリヂストンのスタッドレス・ホイールセット|BLIZZAK VRX2

ブリヂストンは世界のタイヤ市場シェア第1位を誇るタイヤメーカーです。ブリヂストンが開発するBLIZZAK(ブリザック)シリーズは30年の歴史があり、雪国での装着率17年連続1位という高い信頼と市場シェアを得ています。

ブリザック史上最高性能を実現したブリザック VRX2は、親水性素材でコーティングしたことで排水性を高めた「アクティブ発泡ゴム2」や、グリップ力を最大限に発揮させるため剛性を高めた「新非対称パターン」などを採用。
氷雪上でしっかり止まるだけでなく、優れた静粛性や、長持ちして経済的な点もおすすめのスタッドレスタイヤです。

口コミ・評価

全体的に高い評価となっていますが、とくに高い静粛性を高く評価する口コミが目立っています。


「どのような路面でも不安がない。コーナリングで膨らむ感じもなく、非常によい」
「優れたドライ性能は、夏タイヤを履いている感覚になる。静粛性も夏タイヤ並」
「静粛性が特に優れていると思う。アイスバーンでもしっかりグリップする性能」
「従来品よりもコントロール性が向上している。乗り心地もよく雪道でも安心」

ヨコハマタイヤのスタッドレス・ホイールセット|iceGUARD 6

iceGUARD 6(アイスガード6)は、総合性能をさらに向上させるべく「氷に効く・永く効く・燃費に効く」に加えて「ウェットと音に効く」というコンセプトを掲げました。

ブロック剛性を高め、接地性に優れるゴム素材「クワトロピラミッドディンプルサイプ」や、吸水・密着・エッジの3つの効果を発揮させる「プレミアム吸水ゴム」を採用。アイスガード6は、氷上でのしっかりとした走行安定性が魅力です。

口コミ・評価

どのような路面でもしっかりとグリップしてくれるという口コミが見受けられます。


「ふにゃふにゃ感がなくコーナリングも良好」
「除雪されている路面であれば安心して走れる。深雪の場合はFF車だと注意が必要」
「氷上・雪上ともにグリップがよく効く。ちょうどよい硬さでウェット性能にも満足」
「ハンドル操作がやや軽くなる印象。ドライ路面や高速道路、雨天時でもしっかりグリップする」

トーヨータイヤのスタッドレス・ホイールセット|Winter TRANPATH TX

参考価格: ¥ 36,720
(2018年12月13日現在)

Winter TRANPATH TX(ウィンタートランパスTX)は、ふらつきを低減させつつ高いアイス性能を両立している点が特徴のスタッドレスタイヤです。横剛性に強く、車両重量のある車やSUVのふらつきを低減する「スーパーハイターンアップ構造」や、高いアイス性能や操縦安定性に貢献する「トリプルトレッド構造」を採用しています。

その高い総合性能が評価され、2017年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

口コミ・評価

ふらつきがない高い安定性が評価されています。


「ワンボックスカーの安定感が増して運転がしやすい」
「安価だが性能は十分。豪雪でも問題なかった」
「柔らかい乗り心地。ドライ路面でも普通に走行できた」
「ハイト系のミニバンにおすすめ。ふらつきがなくコーナリングも安定している」

ダンロップのスタッドレス・ホイールセット|WINTER MAXX 02

ダンロップ史上最高性能を実現したWINTER MAXX 02(ウィンターマックスゼロツー)。ゴムの性能維持に効果を発揮する「液状ファルネセンゴム」や、空洞や混入物が少なくロングライフ性能に貢献する「高密度ゴム」などを採用。これにより高い氷上性能が持続し、長く使える経済的なスタッドレスタイヤになっています。

ドライ・ウェット路面においても従来品と比較して性能が向上し、排水性の高いパターンデザインでは、ハイドロプレーニング現象の抑制に効果があります。

口コミ・評価

氷雪路でのグリップ力だけでなく、ドライ性能や静粛性まで優れている点が高い評価を得ています。


「安価なのに高性能。前モデルの「WINTER MAXX 01」から革新的なほど性能が向上して、ふらつきなく静粛性もばっちり」
「凍結路面では、制動性、旋回性、走行安定性などすべてにおいて満足できる性能」
「ドライ性能は従来のスタッドレスより格段によい。燃費もノーマルタイヤと変わらず低燃費性を感じた」
「高速道路でも安定していて、しっかりと走行することができた」

【欧州・米国メーカー編】ホンダ フリードのスタッドレスタイヤ メーカー別おすすめ3選

ミシュランのスタッドレス・ホイールセット|X-ICE 3+

ミシュランは世界のタイヤ市場シェア第2位にランクインする、フランスのタイヤメーカー。旅行ガイドブック「ミシュランガイド」の出版元としても知られています。

ミシュランが新たに開発した「表面再生ゴム」を採用するX-ICE 3+(エックスアイス スリープラス)は、新品時から高い性能を発揮し、50%摩耗しても安心が続くのが特徴的なスタッドレスタイヤです。従来品との性能比較では、摩耗時のアイスブレーキ性能が11.5%と大きな性能向上を実現しています。

口コミ・評価

しっかりと止まるグリップ力、優れたドライ性能が高い評価を得ています。


「さすがミシュランと感じるスタッドレス。ドライ路面での静粛性が高い」
「ウェット路面でもしっかりグリップし、不安を感じることなく運転できた」
「氷上での制動・旋回性能が優れていると感じる。止まる感覚が違う」
「札幌在住だが充分な性能で満足している」

ピレリのスタッドレス|ICE ASIMMETRICO PLUS

ピレリは世界のタイヤ市場シェア第5位にランクインする、イタリアのタイヤメーカー。2018年9月に発売したばかりのICE ASIMMETRICO PLUS(アイス・アシンメトリコ・プラス)には、ピレリが新たに開発した「デュラブルソフトコンパウンド」が採用されています。

新しいコンパウンドと旧モデルで効果が裏付けされたデザイン技術を融合させ、高い総合性能を実現。コーナリングで優れたコントロール性に貢献する「3Dバタフライサイプ」や、雪上での高い安心感につながる「スノートラップ(雪止め)」を採用し、スタッドレスタイヤとしてのトータルバランスが向上。高い総合性能を安価で手に入れることができることが魅力的です。

口コミ・評価

安価、剛性が高くドライ性能が優れているという口コミが多く見受けられます。


「非常に安価。ハンドリングはとても軽く、ドライ性能も高いので満足」
「ピレリのスタッドレスは剛性が高く、ドライ性能を重視している方におすすめ」
「安価というのが大きなメリット。ドライ性能・リーズナブルな価格で選んだ」
「値段と性能を考えるととてもおすすめのスタッドレス」

グッドイヤーのスタッドレス|ICE NAVI 7

グッドイヤーは世界のタイヤ市場シェア第3位にランクインする、アメリカのタイヤメーカー。グッドイヤーが開発するICE NAVI 7(アイスナビ7)には最新のテクノロジーが搭載され、氷上・雪上性能がさらに向上しています。

従来よりもさらに柔軟性が高く密着性に優れる「極小シリカのゴム」や、タイヤ表面に数字の「7」をイメージした新しいパターンデザインを採用。これにより、氷雪路・ドライ路面での高い操縦安定性を実現しています。ドライ・ウェットともに安定し、偏摩耗を抑制することで高い経済性を実現したスタッドレスタイヤです。

口コミ・評価

低燃費タイヤであるという口コミが見受けられます。


「ややグニャっとした感じがある。ブロックの変形でグリップするが燃費がよい」
「柔らかい乗り心地。スタッドレス全般が柔らかいゴムなので大きな差はない。ロールする感じは多いかもしれない」

「ロードノイズはうるさいとまではいかないが、低い音がよく入ってくる」
「総合的に満足。このスタッドレスは低燃費タイヤと言ってよい」

【アジアンタイヤ編】ホンダ フリードのスタッドレスタイヤ メーカー別おすすめ3選

NANKANG(ナンカン)のスタッドレス|ESSN-1

参考価格: ¥ 6,750
(2018年12月13日現在)

ナンカンは台湾でもっとも長い歴史をもち、55年にわたって高品質な商品開発を続けてきたタイヤメーカーです。近年のアジアンタイヤは品質向上が著しく、世界で高評価を得ています。

ESSN-1は日本の冬を想定して開発された輸入スタッドレスタイヤ。氷雪上での操縦安定性に貢献する「のこぎり状の3Dサイプ」や、親水性・高いグリップ力を発揮する「高硬質のカーネルパウダーを配合したコンパウンド」を採用し、あらゆる冬の路面に対応します。

安価で購入できる点が非常に魅力的で、価格重視の方におすすめのスタッドレスタイヤです。

口コミ・評価

安価で揃えることができることに対して満足しているという口コミが見受けられます。


「アイスバーン・積雪時の性能にあまり期待していなかったが、 実際には国産と遜色ない性能だった」
「冬はマイナス10度以下になる地域ですが十分な性能」
「静粛性はいまいちでやや気になるが、この価格でこの品質であれば問題ない」
「普通に安全運転を意識していれば問題ない。安いので満足」

ハンコックのスタッドレス|Winter i*cept iZ2 A W626

ハンコックは韓国内のタイヤ市場シェア第1位、世界では第7位にランクインするタイヤメーカーです。ハンコックが日本向けに発売する、Winter i*cept iZ2 A W626(ウィンターアイセプト・アイジー・ツーエー)は「日本の厳しい冬の雪道でも、より安全にドライビングの楽しさを提供する」というコンセプトのもとに開発された4代目モデル。

氷雪路でのブレーキング性能向上に貢献する「アイスグリップスリット」や、3Dエッジによりウェット路面での優れたグリップ力を発揮する「グリップクロウテクノロジー」などを採用。日本の冬を研究し、手応え感のあるスタッドレスタイヤです。

口コミ・評価

北海道の雪道でも問題なく走行できるという口コミが見受けられます。しっかりグリップし、ロードノイズは夏タイヤと同等という口コミも。


「満足している。国産と遜色なく、日本の冬を研究したのが伝わる」
「安さを重視してこのスタッドレスを選んだ。今のところ満足」
「北海道在住。このスタッドレスは北海道の雪道も問題なく走ることができる。この性能でこの価格は非常に満足」
「ドライ路面での振動・騒音は夏タイヤとほぼ同等。凍結路でもしっかりグリップし、不安なく走行できる」

NEXEN(ネクセン)のスタッドレス|WINGUARD ICE2

ネクセンは韓国の大手タイヤメーカー。年間約5,000万本のタイヤを販売し、輸出時はROAD STONE(ロードストーン)というブランド名を使用しています。

ネクセンから2018年9月に発売されたばかりのWINGUARD ice2(ウィンガードアイス2)は、低温域でも柔軟性を失わない「アドバンスド・ソフトコンパウンド」や、グリップ力と走行安定性に貢献する「3Dサイプ」、「非対称トレッドパターン」を採用。過酷な路面環境で徹底的にテストを重ねた、高品質なスタッドレスタイヤとなっています。

Amazonでは該当サイズがなかったため、旧モデルのウィンガードアイスを掲載しています。

口コミ・評価

静粛性が高く、乗り心地がよいという口コミ・評価が見受けられます。


「スタッドレス特有のやわらかさがある。ノイズは気にならない」
「雪のデザインは子供も自分も気に入っている。降雪前の使用感だが、冬タイヤ特有の柔らかさ、ノイズの少なさがある」
「スタッドレス自体はやわらかい。夏19インチから比べれば乗り心地は良くなったと思う」
「走った印象は悪くない。国産に比べるとサイドが”モッタリ”しているような感じがする」

車や使い方にあったスタッドレスを選んで雪道を安全に走ろう!

スタッドレスタイヤは命を預けることになる大切なパーツの1つです。価格だけでなく性能もしっかりと確認し、口コミ・評価にも目を通してみてください。

ご自身の使い方にあったスタッドレスタイヤを選び、雪道を安全に、そして楽しく走行しましょう。

スタッドレスタイヤに関連する記事はこちら

冬・雪に関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す