初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

カーリースとカーシェア/レンタカー/残クレとの違いは?おすすめはどっち?

近年、車選びの形態は「所有する」から、カーリース・カーシェア・レンタカーなどへと選択肢の幅は広がり、購入するにも残クレを上手に利用するユーザーも!本記事は、カーリースとカーシェア・レンタカー・残クレの違いや、メリット・デメリット、どんなユーザー向きかを徹底解説しています!あなたに向いている車選びは?

自動車選びには「カーリース」という選択肢も

今まで、「法人向け」というイメージが強かった「カーリース」。
最近では、各社が個性的なサービスや特典を付帯した「個人向けカーリース」を設定し、その内容はかなり充実してきています。

カーリースとは、5年・7年などといった一定期間を、あらかじめ決められた定額の「カーリース料金」を支払う形で、車に乗り続けることができるシステムです。

カーリースは、通常車を購入する際に必要となる初期費用や、各種税金、車検費用、自賠責保険などは、定額の「カーリース料金」に含まれるのが一般的です。

カーリースと現金購入の違い

購入すれば車の所有者は自分に

GTウィングでドレスアップされた車

車を選ぶ際、「カーリース」と「現金購入」の場合での一番の大きな違いは、「車の所有者が誰になるか」ということでしょう。

現金購入の場合は、当然のことながら車の所有者は「自分自身」となり、初期費用・各種税金・車検代・メンテナンス費用など、その都度自己負担で行う必要があります。
しかし、走行距離には制限は無く、車のカスタム・改造についても自由に行うことができます。

「現金購入」は車を購入する費用の準備があり、税金・維持費用も考慮済みで、長く自分の愛車として手を加えていきたいユーザーに向いていると言えるでしょう。

「距離数が短く費用変動が負担」な人にはカーリースの方がおすすめ

カーリースは現金購入と違い、車の所有者は「リース会社」、車の利用者が「自分」となります。また、走行する距離数にも制限が設けられている場合が多く、車のカスタムなどは禁止となっているのが一般的です。

しかし、走行距離が少なく、車のカスタムも行わず、さらに車検や各種税金・メンテナンスなど、その月によって車にかかる費用に変動が出るのは負担だという人には、支払いが一定額となり変動しない「カーリース」がおすすめです。

車検の詳細についてはこちらから

自動車税の詳細についてはこちらから

カーリースとローンとの違い

支払い総額の設定が異なる

価格 お金 費用 税金 維持費

©shutterstock / Grzejnik

まとまった金額を準備することなく、車を購入することができるシステム「マイカーローン」。従来より車選びのポピュラーな方法として、広く知られています。
「ローン」と「カーリース」の大きな違いは何なのでしょうか。

一番の大きな違いとなるのは、「支払総額の設定」でしょう。
ローンの場合、支払う総額となるのは「車両価格」に金利が上乗せされた金額です。

一方、カーリースの場合は、将来車を売却した際の残存価格(残価)をあらかじめ算出し、車両価格から残価を差し引きます。支払う額の基本となるのは「車両価格-残価」となります。そういった点で、カーリースは残価設定クレジット(通称:残クレ)と仕組みは似ていますので、その詳細は後述します。

ローンは完済すると車の所有者が自分になる

中古車(鍵)受け渡し

©Shutterstock.com/ oneinchpunch

マイカーローンは、支払いが完済するまで車の所有者は「ローン会社」、使用者が「自分」となります。
ローンが完済した後は、車の所有者は「自分」となりますので、完済通知がローン会社などより届いたら、車検証上の所有者表記を変更するよう手続きを済ませましょう。

一方、カーリースは契約期間が長いものでは、一部に完了後に所有者が「自分」となるケースもありますが、概ね期間内の所有者は「リース会社」で、利用者が「自分」となり、契約完了時には「返却」や「再リース契約」となります。

「長く自分の車として乗りたい」人にはローンの方がおすすめ

車を購入するまとまったお金を用意することは難しいが、各種税金や車検・メンテナンス費用はその都度準備が可能という人。かつ、ローン完済後も自分の愛車として、長く手を加えて乗り続けたい・楽しみたいという人には「カーローン」を利用するのが、おすすめです。

車の維持費・メンテナンスについてはこちらから

カーリースと残価設定型クレジット(残クレ)との違い

月額料金に税金や車検費用が含まれるかどうか

既に解説したとおり、「カーリース」の支払い総額の基本となるのは「車両価格から残存価格(残価)を引いた金額」です。

一方、残価設定型クレジット(通称:残クレ)の支払い総額も同じく、あらかじめ将来車を売却した残存価格(残価)を算出しておき、「車両価格から残価を引いた金額」となります。

カーリースと残クレとの違いは、カーリースが「定額料金に各種税金や車検費用などが含まれる」、残クレは「定額料金には各種税金や車検費用などが含まれない」という点です。

ちなみに、カーリースには「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2つがあります。一般的なのは車検費用、整備点検費用、オイル交換費用、消耗部品交換費用などが含まれる「メンテナンスリース」ですが、ファイナンスリースに比べて月々のリース料金が高めになります。

「月々の支払いを低くしたい」人には残クレの方がおすすめ

カーリースの月々のリース料金には、各種税金や車検費用などが含まれるため月の支払額は増えますが、その月によって支払額が変動することはありません。

一方、残クレの月々の支払い料金には各種税金や車検費用などは含まれないため、月の支払額はカーリースよりも低くなりますが、税金支払い月や、車検月などには支払額が増えるといった変動が生じます。

支払い料金に変動はありますが、月々の支払いを抑えたい人には「残クレ」がおすすめと言えます。

残クレの詳細についてはこちらから

カーリースとレンタカーとの違い

長期契約か短期契約か

カーリースとレンタカー、いずれも車を「借りる」ことに変わりはありませんが、カーリースの契約期間は一般的に「5年」「7年」「9年」などと長いのに対し、レンタカーの契約期間は「1日」からと、短いことが特徴です。

レンタカーは基本的に「店舗」にて受け渡してもらう必要があるため、営業時間が終日でない場合には、前もって借りておくなどの対応が必要となるケースがあり、ナンバーは「わ」ナンバーとなります。

「1泊以上の用途に車が必要」な人にはレンタカーの方がおすすめ

車が必要となるのは泊りがけの旅行や帰省、出張に限るという人には、車庫証明や各種税金などがかからない手軽な「レンタカー」がおすすめです。

しかし、レンタカーは繁忙期にはレンタル料が増額となったり、希望する車種がないなども考えられるため、注意しましょう。

レンタカーの詳細についてはこちらから

カーリースとカーシェアリングの違い

長期契約か超短期契約か

前述のとおり、カーリースの契約期間は一般的に「5年」「7年」「9年」と長期的に借りるのに対し、カーシェアリングとは「時間単位に車を借りることができる」超短期間型のリース形態です。

使い方も便利で、あらかじめインターネットなどから、利用したいシェアリング会社の会員登録を済ませ予約しておけば、最寄りのカーステーションに駐車してある車を概ね15分単位から利用することが可能となります。

ちなみに、カーシェアはレンタカーとよく似ていますが、2日以上車を利用するのであれば圧倒的にレンタカーの方が安くなります。あくまでカーシェアは短時間の利用を想定したサービスです。

「時間単位にしか車は使わない」人にはカーシェアリングの方がおすすめ

駐車場が不要で、店舗での手続きがない「カーシェアリング」。
時間単位でしか車を使用することはなく、しかも最寄りの場所にカーステーションがある場合は非常に便利です。

しかし、時間帯・時期によっては予約が集中して車が無い場合や、近くにカーステーションが無い場合には、利用したくても利用できないなどといったこともあるので、注意が必要です。

カーシェアリングの詳細についてはこちらから

特徴を理解して上手にカーリースを利用しよう

車購入時の形態別 要点早見表
車の所有者車の利用者車庫の用意税金の納付任意保険
現金購入自分自分必要自分で加入
ローン/残クレディーラー または
クレジット会社
自分必要自分で加入
カーリースリース会社自分必要不要自分で加入
レンタカーレンタカー会社レンタカー会社不要不要加入済み
カーシェアリングレンタカー会社レンタカー会社不要不要加入済み

カーリース、カーローン、残クレ、レンタカー、カーシェアリングなど、車購入時の形態別の特徴やメリット・デメリット、どんなユーザーが向いているかなどを紹介してきました。

現金かローンかのみの選択だった車選びの形態は、今や個人向けカーリース、残クレ、レンタカー、カーシェアリングと、幅広くなっています。

カーリースも個人向けのサービスやポイントなどの充実化が図られ、各社バラエティ豊かな内容となっています。特徴を理解して、これからのカーライフをエンジョイしましょう。

カーリースについてはこちら

カーシェアについてはこちら

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す