車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【蔵王エコーライン 紅葉狩り・ドライブコース 総合情報】蔵王名物・ヘルシーなジンギスカンを堪能

蔵王エコーライン周辺のおすすめドライブコース


蔵王エコーラインの始点「蔵王大権現 大鳥居」を出発し、「こまくさ平展望台」に立ち寄り、「蔵王刈田岳駐車場」に車を停めて「御釜」を見学した後、「蔵王ロープウェイ」に向かうドライブコースがおすすめです。

このほか、蔵王エコーラインには三階の滝が見える滝見台や不動滝展望台、賽の磧、不帰の滝など見所が数多くあります。それぞれのスポットには駐車場も備わっているため、車を停めてゆっくり見学することが可能です。

「こまくさ平展望台」

「こまくさ平展望台」は、6月中旬~7月頃に開花する高山植物コマクサの群生地です。秋には、紅葉に染まる奥羽山脈の雄大な眺めが一望できます。蔵王連峰から湧き出た水が流れ落ちる、不帰の滝や振子滝を望む風景も圧巻です。

「御釜」

蔵王連峰にある「御釜」は、火山の噴火により作られたカルデラ湖です。蔵王刈田岳、熊野岳、五色岳の3つの山に囲まれた位置にあり、美しいエメラルドグリーンの水を湛えています。蔵王エコーラインに来たら、ぜひ訪れたいスポットの1つです。

御釜に行くには、2つの方法があります。有料道路「蔵王ハイライン」を通り、山頂の蔵王刈田岳山頂駐車場に停めて歩く、もしくは蔵王ハイラインを通過して3分ほどの場所にある刈田リフト乗り場からリフトで行く方法です。

蔵王ハイラインの営業時間は7:30〜17:00、通行料金は540円、山頂には約300台停められる無料駐車場があります。

刈田リフトの営業時間は、9:00~16:30、往復券は750円です。リフト乗り場には大型の無料駐車場があります。

「蔵王ロープウェイ」

四季折々の景観が楽しめる「蔵王ロープウェイ」。紅葉シーズンは色鮮やかな紅葉に染まった雄大な山々を眺めることができます。赤や黄色、橙、煉瓦色などが折り重なった景色は見応えがあります。

蔵王ロープウェイの地蔵山頂駅までの往復料金は、大人(中学生以上)2,800円、子供1,400円です。営業時間は、山麓線が8:30〜17:00、山頂線が8:45〜16:45です。天候により変更する場合があります。

蔵王エコーライン周辺の温泉情報

おすすめグルメでも紹介した「蔵王温泉 お食事処 お泊り処 お湯処 ろばた」内にある温泉です。自然湧出源泉のろばた源泉を加水無しのかけ流しで堪能できます。日帰りで貸し切りの源泉を楽しめる贅沢な温泉です。

周辺道路の渋滞傾向

蔵王エコーラインは見所も多く、絶景とワインディングロードを楽しめる人気のスポットです。そのため例年紅葉シーズンのピークになると渋滞が発生します。とくに御釜付近は大渋滞が予想され、なかなか車が進まないこともあるようです。渋滞に巻き込まれないためには早朝に出発するか、平日に行くことをおすすめします。

運転に疲れたら道の駅に寄ろう

運転に疲れた際は、無理して走り続けようとせず、道の駅に立ち寄るのがおすすめです。東北自動車道村田インター付近に「道の駅 村田」があります。

美しい紅葉と数々の絶景が楽しめる蔵王エコーライン。紅葉のシーズンにはぜひ蔵王エコーラインまで足を運んでください。

ドライブに関するおすすめ情報はこちら

MOBYのおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す