初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【岩木山 紅葉狩り・ドライブコース 総合情報】レトロな空間で絶品アップルパイを食べ比べ!

青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する岩木山は、円錐の形が美しく、津軽富士とも呼ばれています。紅葉の季節には、津軽岩木スカイラインとともに、多くの観光客で賑わいを見せる津軽屈指の有名スポットです。岩木山の紅葉狩りの基本情報や口コミから渋滞情報を紹介します。また周辺のグルメや温泉に加え、人気観光スポットを通るドライブコースについてもご紹介していきます。

「岩木山」紅葉狩りの見頃の時期は10月上旬~11月上旬

岩木山の紅葉は9月中旬ごろ山頂から色づきはじめ、中腹、山麓へと約1ヶ月をかけて少しずつ下りていきます。ブナやナラ、カラマツ、オオヤマザクラなどの木々が山の斜面を色鮮やかに染める風景は圧巻です。

岩木山の紅葉は標高によって木々の色づき具合が異なり、長い期間楽しむことができます。タイミングによっては、山頂の雪、中腹の紅葉、山麓の綠が一度に見られることもあるようです。

岩木山に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

遠くに望む雄大な岩木山

山頂からゆっくりと日を追うごとに下りてくる岩木山の紅葉。中腹から麓にかけて、徐々に綠が広がっています。赤く彩られた山の斜面が、山麓の濃い綠とあいまって秋の空に映える様子は見事です。

岩木山麓の紅葉トンネル

岩木山総合公園の南側には、全長約20kmにわたり約6,500本ものオオヤマザクラが並ぶ「世界一の桜並木」が続いています。春は見事な桜色に染まり、秋は鮮やかに色づく紅葉にその姿を変え、道行く人の目を楽しませてくれます。

津軽富士見湖ごしに見る岩木山

岩木山の北側に位置する廻堰大溜池、通称、津軽富士見湖から見た風景です。岩木山の全容を写真におさめるには絶景のスポット。鏡のように澄んだ湖面に映る岩木山が幻想的です。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称 岩木山(いわきさん)
色づき初めの時期 9月中旬
見頃の時期 10月上旬~11月上旬
紅葉する木の種類 ブナ、ナラ、カラマツ、オオヤマザクラ、ダケカンバ
住所 青森県弘前市
電話番号 0172-83-3000(岩木山観光協会)
0172-83-2314(津軽岩木スカイライン)
営業時間 8:00~16:00 4月中旬~11月上旬(津軽岩木スカイライン )
料金 津軽岩木スカイライン通行料 普通車1,800円 軽自動車1,500円
リフト料金(往復)大人900円 中高生700円 小学生500円
駐車場 無料

アクセス

東北自動車道大鰐弘前ICから約1時間10分(42km) で岩木山8合目に到着します。岩木山の麓から8合目までは、有料道路の津軽岩木スカイラインで登ることができます。

津軽岩木スカイラインの営業期間は4月下旬~11月上旬までです。冬季は積雪のため通行止めとなりますので、公式サイトや電話で確認してからお出かけください。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、岩木山の美しさや津軽岩木スカイラインから眺める紅葉が素晴らしいと全体的に非常に高い評価を得ていました。一方で紅葉の季節はすでに気温が低く寒い、津軽岩木スカイラインの料金が高め、という評価も見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。


「スカイラインで登る途中の紅葉は素晴らしく、一面が紅葉」
「紅葉の時期に行ってリフトに乗って散策するとよい」
「とにかくブナ林がきれい」
「富士山にどこか似ていて神聖な感じ」
「晴れてないと寒い」

おすすめグルメ・特産品情報

「桜林茶寮」

森の中の小さなカフェ「桜林茶寮(さくらばやしさりょう)」は、岩木山桜林公園のそばにあります。大きな窓から紅葉が見える店内で、おしゃれなカフェご飯やスイーツが味わえます。野菜をたっぷり使ったヘルシーなメニューが人気です。

ランチタイムの後は、岩木山桜林公園を散策してみましょう。紅葉する桜が見られます。

「野市里」

岩木山神社から弘前公園に向かう途中にある、「野市里(のいちご)」では「嶽きみソフトクリーム」が味わえます。「嶽きみ」とは岩木山麓の嶽高原で栽培されている、青森ブランドのとうもろこしです。

糖度の高い嶽きみから作られるソフトクリームは、甘いコーンポタージュのような味がすると人気を集めています。

「大正浪漫喫茶室」

「大正浪漫喫茶室」は、弘前公園の北側、追手門通り西の交差点付近に建つ藤田記念庭園の中にあります。弘前市内で人気の洋菓子店6店のアップルパイが揃っているので、食べ比べてみるのもおすすめです。(種類は季節により異なるようです)

コーヒーや紅茶、アップルティー、弘前りんごジュースなど、ドリンクメニューも豊富です。ティータイムの後は、ぜひ藤田記念庭園にも立ち寄ってみましょう。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す