初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【哲学の道 紅葉狩り・ドライブコース 総合情報】旨味が広がる肉厚ハンバーグを味わう

「哲学の道」とは京都「銀閣寺」から「若王子」まで続く小径のこと。桜の名所として知られていますが、疏水に映える紅葉の美しさも見事です。哲学の道の紅葉狩りの基本情報や口コミから渋滞情報を紹介します。また、周辺のグルメや温泉に加え、人気観光スポットを通るドライブコースについても紹介していきます。お出かけの際に参考にしてください。

「哲学の道」紅葉狩りの見頃の時期は11月中旬~11月下旬

若王子神社から銀閣寺まで続く疏水沿いの散策路「哲学の道」。春の桜の美しさで有名ですが、秋の紅葉も美しく、疏水沿いを覆いつくす深紅のモミジは目にも鮮やかです。民家以外にもカフェや雑貨を取り扱うショップが並び、自然散策だけではなくお店を見て回っても十分楽しむことができます。

11月上旬には色づき始め、11月中旬には見頃を迎える「哲学の道」の紅葉。

「哲学の道」に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

「哲学の道」の南端「熊野若王子神社」

「哲学の道」の南端「熊野若王子神社」は、こぢんまりとした静かで落ち着いた神社です。中に入ると、圧巻の恵比寿さまを拝むことができます。無料休憩所もあるので、散策に疲れたときに立ち寄ってみては。

水面に映る紅葉の小径

「哲学の道」では、春は桜、初夏は木々の緑、秋は紅葉と四季折々に変化する景色を楽しむことができます。明治の頃、文人たちが多く住み、あたりを散策したことから「思索の道」「哲学の道」と呼ばれるようになりました。

紅葉の時期に疏水沿いを覆いつくす深紅のモミジは見事です。

「哲学の道」の北端は「銀閣寺」

約1.5km続く「哲学の道」の北端が銀閣寺の西に位置する「銀閣寺橋」です。「銀閣寺」もいわずとしれた京都の紅葉の名所。「哲学の道」の紅葉を楽しんだ後は、「銀閣寺」の紅葉も堪能してください。

紅葉狩りの基本情報・アクセス

名称 哲学の道(てつがくのみち)
色づき初めの時期 11月上旬
見頃の時期 11月中旬~11月下旬
紅葉する木の種類 カエデ、サクラ、モミジ
住所 京都府京都市左京区浄土寺石橋町~若王子町
電話番号 075-752-7070(京都市観光協会)
営業時間 終日
料金 無料
駐車場 銀閣寺市営駐車場 普通車1日1,000円

アクセス

名神高速道路京都東ICから府道143号を経由し、白川通を銀閣寺方面へ車で約8km(約12分)。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、紅葉が美しいと全体的に非常に高い評価を得ていました。しかし、いつも混雑しているという点から一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。

「道沿いにカフェや土産物屋もあり、ゆっくり楽しめる」
「桜の季節、新緑の季節、紅葉の季節といつ行っても美しい小道」
「銀閣寺や永観堂など紅葉の名所が近い」
「いつ行っても混雑している」

おすすめグルメ・特産品情報

「に志田」

銀閣寺近くにある湯葉・豆腐のお店「に志田」。京都ならではの豆腐料理を楽しむこごができます。

湯豆腐がついている「ひとひら御膳」は、豆乳ウェルカムドリンク、くみあげ生湯葉造り、オクラ胡麻和え、水菜とお揚げのたいたん、天ぷら、湯豆腐、あんかけ生湯葉ごはん、香の物がついて2,625円。ほかには湯葉のあんかけごはんなど、お手軽なメニューも人気です。

「叶匠寿庵 京都茶室棟」

「哲学の道」の若王子近くにあるのが、有名和菓子店「叶匠寿庵」のカフェ。京都らしい趣のあるの店内で、色づいた紅葉をながめながら味わう美しい和菓子や抹茶は格別です。

「GREEN TERRACE」

京都ビールと京都珈琲に合う食材を、京都で厳選して集めたこだわりのカフェ「グリーンテラス」。緑深いテラス席ではペットも一緒に食事を楽しむことができます。人気のハンバーグランチは数量限定で1,500円。季節の食材を使ったモーニングやディナーも人気です。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す