初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日本三大酷道を超えるやばい酷道ランキングTOP10!険道との違いは?

「酷道」という言葉を聞いたことはありますか?「国道」に掛けてつくられた言葉で、文字通り通行するのに酷い状態の国道を指します。そして、日本にはたくさんの酷道が存在しています。一般的に知られている日本三大酷道に加え、今回はそれを越えるような、驚きの酷道を紹介します。

酷道とは?

みなさんは酷道(こくどう)をご存知ですか?酷道とは、文字通り「酷(ひど)い状態の国道」を指し、同じ読みの国道(こくどう)に掛けた言葉です。みなさんも「この道路酷だな」「この道路危な過ぎるな」と思った経験があるかもしれません。
今回は、そんな酷道を日本にあるものに絞ってまとめてみました。

険道とは

同様の意味で使われる言葉で「険道」というものがあります。これは通行が困難な道が国道であった場合は「酷道」県道であった場合は「険道」という使い分けであり、意味としては同じです。

世界の酷道(デスロード)も危険過ぎる!

日本三大酷道と呼ばれる国道

まずは、マニアの間では密かに有名「日本三大酷道」と呼ばれる「国道」を順番にご紹介します。

日本三大酷道①国道439号線

日本三大酷道の1つ目は、徳島県徳島市を起点とし、高知県四万十市を終点とする国道です。
439という数字から「ヨサク(与作)」とも呼ばれる国道で、テレビや雑誌などでも紹介されたことがあります。四国きっての酷道として知られている439号線は、そのほとんどが自動車一台分しか通ることができません。またコケや落ち葉が路上を覆っていたり、崩れやすく脆い崖があります。

日本三大酷道②国道425号線

日本三大酷道の2つ目は、三重県尾鷲市を起点とし、和歌山県御坊市を終点とする国道です。
ガードレールが設置されていないうえにとても細い道が続いており、落石や路肩崩落などの災害も多い国道で、御坊市から田辺市にかけてほとんど整備が進んでいません。道沿いにはお店やガソリンスタンドもほとんど見当たらないため、運転に慣れている方でも通行が非常に危険な国道です。

日本三大酷道③国道418号線

最後にご紹介する日本三大酷道は、国道418号線です。
福井県大野市を起点とし、長野県飯田市を終点とする国道で、国道157号線の重複区間である温見峠から尾並坂峠、平谷峠、売木峠などの峠を越えていく線形になっています。

この国道418号線は「キングオブ酷道」とも呼ばれていますが恵那・八百津間に通行止めとなっている区間があり、ここは事実上の廃道となっています。通行止めになる前の区間であっても道路はとても細くなっています。
廃道となっている部分は、今ではもう国道の見る影もありません。

日本三大酷道以上の酷道ランキング!

日本三大酷道以上の酷道ランキング第1位国道157号線

栄えある第1位は、石川県金沢市を起点として、福井県大野市を経由した後、岐阜県岐阜市を終点とする国道157号線です。こちらの国道は本州屈指の酷道として知られています。

断崖絶壁の細い道路にもかかわらずガードレールやカーブミラーがなく未整備状態なのはもちろん、「川を渡る国道」の代名詞となるほど洗い越しがあります。

極め付けは福井県と岐阜県の境にある温見峠入り口にあるこちらの看板。

なんともインパクトのある看板です。急勾配と急カーブが連続する山岳道路で、洗い越しも数多くあります。

日本三大酷道以上の酷道ランキング第2位 国道324号線

第2位は国道324号線。長崎県長崎市を起点として、熊本県宇城市を終点とする国道です。
この国道は日本で2例しかないアーケードの国道です。この区間は、午前5時から午前10時までの5時間しか自動車および原付は通行できません。それ以外は歩行者専用の通路となります。
ちなみに、もうひとつのアーケード国道は大阪府を通る国道170号線にあります。

日本三大酷道以上の酷道ランキング第3位 国道291号線

第3位は国道291号線。群馬県前橋市を起点として、新潟県柏崎市を終点とする国道です。
この区間の、群馬県みなかみ町と新潟県南魚沼市との境にある清水峠は、明治時代に当時の国道8号線として開通した道路です。(現在の国道8号線とは別物です)開通した当時は、まだ自動車ではなく馬車の時代。馬車同士がすれ違うことができる馬車道やトンネルなど、当時としてはとても高規格の山岳道路でした。
しかし開通からほどなくして自然災害が相次ぎ、トンネルも崩壊。現在では事実上の廃道となっています。

日本三大酷道以上の酷道ランキング第4位 国道265号線

第4位は国道265号線。宮崎県小林市を起点として、熊本県阿蘇市を終点とする国道です。この国道の阿蘇山周辺の箱石峠付近では、九州随一の絶景を望むことができます。また「ひむか神話街道」という観光道路もあります。
しかし、もともとは山深い南九州を縦断するための林道として整備されたので、一部の区間でまだ未改良な細い道路が続いています。細い上にカーブも多く、またガードレールもない区間が多いので、観光道路として知られる一方で、九州きっての酷道としても有名です。

日本三大酷道以上の酷道ランキング第5位 339号線

第5位は国道339号線。青森県弘前市を起点として、同県東津軽外ヶ浜町を終点とする国道です。
東津軽群外ヶ浜町三厩竜飛の竜飛灯台付近から帯島付近を結んでいるこの国道は「階段国道」と呼ばれています。日本で唯一階段が国道に指定されている339号線。
362段続く階段国道を上ると、竜飛灯台に続く「階段町道」もあります。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す