初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

全部言えたらイタ車マスター!日本で買えるイタリア車メーカー一覧と代表車種を紹介

第6位:ランボルギーニ

ランボルギーニはフェルッチオ ランボルギーニ氏によって設立され、サンターガタ ボロニェーゼに本社がある、世界的に有名なスーパーカーメーカーです。

その設立にはフェルッチオ ランボルギーニ氏が購入したフェラーリが壊れた際に、エンツォ フェラーリ氏に苦情を申し立てたが相手にされなかったことに腹を立て、自らスーパーカーを製造することになったというエピソードがあります。

ランボルギーニの経営は波瀾万丈で今まで多くのオーナーが携わってきましたが、1999年からフォルクスワーゲン傘下に属してからは安定しているといえるでしょう。

ランボルギーニの代表車種「アヴェンタドール」

ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

アヴェンタドールはランボルギーニのフラッグシップであり、カウンタックの血統が引き継がれたV12を搭載するスーパーカーとして2011年に登場しました。

アグレッシブでアバンギャルドなデザイン、そして強力なV12エンジンを搭載する姿は「キング オブ スーパーカー」であるカウンタックを彷彿させ、日本だけではなく世界中で高い人気を誇っています。

2018年に最終型の「アヴェンタドール SVJ」が発表されました。

第7位:パガーニ

パガーニは元ランボルギーニのデザイナーのオラチオ パガーニ氏によって、1992年モデナに近いサン チェザーリオ スル パーナロにて設立されました。

スーパーカーのみを生産するメーカーでエンジンにはメルセデス AMG製を採用しており、現在は「ゾンダ」の後継車「ウアイラ」を生産しています。

少数生産のため顧客の要望に応じたワンオフモデルや限定車を得意としており、街中で走っている姿を見かけることはめったにないでしょう。

パガーニの代表車種「ウアイラ」

パガーニ ウアイラ

ウアイラは、2010年に生産終了したゾンダの後継車として100台の限定車として2011年に発表されました。

2017年に発表された「ウアイラ ロードスター」も100台限定モデル発売モデルで、228万ユーロ(約2億7360万円)という価格にも関わらず発売前に完売しています。

オーダーする多くの顧客はワンオフのボディカラー、装備をオーダーするため、自分だけのウアイラを所有できることができます。

日本車とも関わりの深いデザイン会社「イタルデザイン」

日産GT-R50

イタルデザインは1968年にジョルジェット ジウジアーロが設立した、「イタルデザイン・ジウジアーロ」というイタリアのデザイン会社。自動車だけでなく多くの工業製品などのデザインを手がけており、2010年にフォルクスワーゲングループに買収されました。

イタルデザインが最初にデザインした日本車は軽商用車「スズキ キャリィ」です。他に、「いすゞ ピアッツァ(1981年)」「トヨタ カローラ(1983年)」「スバル アルシオーネSVX(1991年)」なども、イタルデザインによるもので古くから日本との関わりが深いデザイン会社です。

最近では日産とイタルデザインがともに50周年を迎えた記念として限定モデル「日産 GT-R50」をデザイン。現在、世界的に注目を浴びているデザイン会社と言えるでしょう。

今回紹介したイタリア主要自動車7メーカーのうち、いくつわかりましたか。全メーカー、そして全代表車種がわかったあなたは間違いなくイタ車マスター。MOBYでは今後も、興味深いイタリア車の動向を追っていきます。

イタルデザイン・GT-R50についてはこちら

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 一番好きなイタリア車メーカーはどれですか?

個性的なデザインやハイパフォーマンスなエンジンで人気のイタリア車。日本で現在購入できるイタリア車の中で、もっとも好き...

  • フィアット
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • パガーニ
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

最新スーパーカーに関するおすすめ記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!