初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

初心者マークをつけない&位置・場所が違うと罰金?義務期間はいつまで?

初心者マーク以外にもこんなマークがある!

高齢運転者標識

高齢運転者標識は、道路交通法で「70歳以上の高齢ドライバーが付けて運転するよう努めなければならないマーク」と定義されています。(道路交通法第71条の5第3項等)いわゆる「努力義務」ですので、付けていない70歳以上のドライバーへの罰則はありませんが、警視庁では表示することを推奨しています。また、70歳に達していなくても自身の判断で付けても構いません。
このマークを付けた車に無理な割り込みなどをした場合も初心運転者等保護義務違反に問われるので注意が必要です。

身体障害者標識

肢体不自由を理由に免許に条件が付けられている方が表示するマークです。このマークを付けている車に割り込みなどをした際も初心運転者等保護義務違反になります。なお、このマークに関しては表示は努力義務と決められています。

聴覚障害者標識

聴覚障害を理由に免許に条件を付されている方がつけるマークです。このマークに関しては表示は義務となります。このマークを付けている車に割り込みなどをした際も初心運転者等保護義務違反に問われます。

初心者マークを付けた人には優しく安全運転でいこう!

初心者マークをはじめさまざまなマークの紹介をしました。表示する位置や周囲のドライバーの罰則など、意外としらない点もあったのではないでしょうか。この記事が、これから免許を取ろうとしている方やすべての運転者のお役に立てたのなら幸いです。
初心者マークを見かけたら、温かい目で見守り安全運転を心がけましょう!

車初心者の方には必見のおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す