初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

自動運転レベル0〜5までの定義を解説!現状はレベル2が限界?

自動運転の定義やレベル、トヨタや日産などのメーカーの技術を紹介!レベル2・レベル3・レベル4・レベル5の違いや実用化の具合は?自動運転車の事故や、タクシーに応用される予定の自動運転技術についてもご紹介します。

自動運転とは?

自動運転」と聞いて思い浮かべるものは、「人がいなくても、自動で車が動いて目的地まで連れてってくれる車」「自動ブレーキシステムがついてれば自動運転」など、人によってそのイメージは様々です。

この記事では自動運転レベルには定義があることや自動運転の問題点をふまえつつ、具体的な販売中・開発中のモデルを紹介します。

自動運転のニュースは必見!開発競争激化で未来はどうなる?

自動運転技術をめぐっては、世界各国のメーカーが開発競争を激化させています。さらに、歴史ある大手自動車メーカーや関連会社以外でも、ベンチャー企業や異種企業の参戦などにより、市場が活発化。アメリカの電気自動車メーカー、テスラを筆頭に、完全なる自動運転の実現に向けて日夜研究開発に励んでいます。
人間の状況把握能力や、判断力のスピードを遥かに上回るセンサーやコンピュータを使う自動運転車は交通事故の減少をもたらすほか、全盲者や飲酒者などでも乗車可能といったメリットが考えられており、新しい自動車の形とされています。
事故が発生した際の責任を”車”が負う「レベル3」以上の自動運転車の市販化も近いと考えられており日進月歩といえる現状です。
これからの自動車業界を知るなら、自動運転のニュースや最新情報は必見です。

現状はレベル2までが限界?

アウディは2018年内に新型の「A8」にレベル3の自動運転を搭載して市販すると発表していましたが、各国の法整備が追い付いていないなどの現状があり、初のレベル3の自動運転車の発売は見送られました。
各メーカーが市販している自動運転車でも最高でレベル2までの現状、そのレベルの定義の解説から行います。

自動運転の最新情報やニュースについてはこちら

自動運転のレベルの定義とは?

自動運転」と一言で言ってもレベルがあり、2018年10月現在で日本政府や米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA) により定められたレベルが0~5まであります。
レベル0は自動運転に関する装備が全くない通常の乗用車、レベル5になると乗用車がシステムによって自律的に走行するものとなっています。
この自動化のレベルは車の運転を人間が判断して行うか、システムが判断するかのバランスを表しています。

自動運転の定義はどこが定めているの?

自動運転の定義は、アメリカのSAEインターナショナルが定めた「SAE J3016」が使われています。
SAEインターナショナルは、モビリティの専門家が会員のアメリカの非営利団体です。
元々は自動車の技術者団体でしたが、その後、船や航空機など陸海空の乗り物の技術に関する標準化機構となりました。鋼材やバッテリーなど、自動車に関係する規格が定まっています。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す