初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

クラッチの意味と仕組みとは?寿命や交換費用と種類などまとめ

クラッチとは。そもそものクラッチという言葉の意味、仕組みと構造といった基礎知識から、クラッチ滑りの現象、交換までの寿命と交換費用、種類といったなどといった知識、運転技術、維持費まで、ポイントを抑えてMT車もAT車も併せてご紹介!

クラッチとは

そもそもの言葉の意味から解説すると、クラッチ(英語:Clutch)とは「回転を伝達・遮断する装置」のこととなります。クラッチは、自動車だけでなく、さまざまな産業機械に使用されています。つまりはエンジンやモーターから出力されたパワーとタイヤまでの間の中継基地的な役割を担っています。

「クラッチ」といえば、MT車(マニュアル車)特有のものと思われる方が多いと思いますが、AT車(オートマ車)にも機構的にはクラッチに相当するものが存在します。クラッチの意味を車に限定して説明するなら、「エンジンの回転を伝達したり遮断したりする装置」となります。

クラッチの仕組みとは

自動車で、エンジンからタイヤまでの回転力(駆動力)の伝達の仕組みを簡易的に説明すると、エンジンで発生したパワーをクラッチを通してミッションに伝え、タイヤが回るという形です。車は走ったり止まったりしますので、止まるときにはエンジンの回転力(駆動力)をタイヤに伝わらないようにする必要があります。
クラッチが無くともトランスミッション(変速機)を無理やりニュートラルに入れるなどすれば、駆動力の伝達の有無は調整できますが、エンジンが回りっぱなしの状態でギアを変えるのは困難を極めます。
そこで、トランスミッションとエンジンの間にクラッチを介する仕組みにすることで、駆動力を伝えたり切ったりすることで、スムーズにギアを変えることができるようになるわけです。

マニュアル車(MT車)のクラッチの仕組みと意味

MT車のクラッチを踏むと、エンジンの回転力がトランスミッション、タイヤから切り離された状態になります。アクセルを踏んでも車は当然走らず、エンジンは空ぶかしにしなります。

踏んでるクラッチペダルを少し緩めて「半クラッチ」の状態にすると、クラッチの機構部分にある「クラッチ板」が擦れるようにして回り、徐々にエンジンの回転力がトランスミッションへ伝わるようになります。

この半クラッチは、主に発進時に使う技術です。マニュアル車(MT車)の免許を取るとき、自動車学校の技能教習で最初の難関とよく言われます。

クラッチを徐々につなげることができれば、急な動力伝達によるショックやエンストも起こらず、スムーズな運転が可能になります。

クラッチとトランスミッションの仕組みと役割をわかりやすく解説した動画

AT車(オートマ車)のクラッチとは

AT車にはクラッチが無いと思っている方も多いですが、クラッチペダルが存在しないだけで動力伝達の際にクラッチと同じ役割を果たしている部分は存在します。現在はDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)など、様々なATがありますが、ここではもっとも一般に普及している「トルクコンバーター式AT」について解説します。このトルクコンバーター正確には「流体トルクコンバーター」といい、封入されたオイルの流れを利用した仕組みとなります。

トルクコンバーターの仕組みをわかりやすく解説した動画

トルクコンバーターはエンジン側にある羽根がオイルを回し、トランスミッション側の羽根を回します。
エンジンが回り出すと、徐々にトルクコンバーター内のオイルが回り始め、MT車の半クラッチと同じ効果となります。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す