初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車のアーシングは効果なし?燃費・ライト・トルクなどへの影響を口コミ付きで解説!

トルクアップや燃費の改善といった効果が得られるという「アーシング」。しかし、その効果の真偽については、今でも意見が分かれています。この記事では、そんなアーシングがもたらす効果の詳細とその真偽について解説しています。あなたはアーシングの効果を信じますか?

アーシングとは

皆さんは「アーシング」というものをご存知ですか?
アーシングとは「earth+ing」から造られた和製英語で「アースボンディング」「アースチューン」とも呼ばれる車の改造方法の一つです。

具体的には、自動車の電装系にアースケーブル(マイナス配線)を追加、または更新してマイナス極への抵抗を減らし、各部へ十分な電力を行き渡らせることで、電装品の性能を向上させる効果があるとされています。

この記事では、その効果の真偽について今も議論が続けられている「アーシング」について解説していきます。

クルマのアーシングに関する記事はこちら

アーシングの効果とは?

アーシングには、以下の効果があるとされています。

・エンジントルクの向上
・燃費性能の向上
・ヘッドライトの光量増加
・オーディオの音質改善

純正の配線が貧弱な軽自動車や古い車では、特に効果があるとされ、腐食しやすい場所に配線がある場合には、補修にもなります。

また、アーシングには以下のデメリットが発生することもあるようです。

・バッテリーの寿命低下
・ヘッドライトバルブの寿命低下
・オーディオノイズの増加

上述の効果は、あくまでアーシングの利用者やアーシングキットを販売している業者が謳っている物であり、アーシングの実際の効果については、科学的に完全な証明がされている訳ではないという事に、注意する必要があります。

アーシングの効果に対する口コミ

アーシングの実際の効果に対しては、様々な意見があります。
しっかり効果が実感できたという人もいれば、全く効果が無いという人もいて、部分的な効果が出たと言っている人もいます。

効果が無いとしている人でも、古い車には効果があると考えている人が多く、実際に古い車にアーシングを行った場合、性能が向上するようです。

効果があるという意見

「アーシング無しだと13キロだった燃費が17キロを超えた」
「悪い時は9キロ、平均11キロだった燃費が平均14キロまで伸びた」
「整備士だけどアーシングは効果を感じる」

効果が無いという意見

「エンジンルームのドレスアップ効果しかない」
「アーシングをやるとヘッドライトが暗くなるなどのデメリットしかない」
「付けたときは効果がある気がしたけど、あとで外しても何も変わった気がしなかった」

アーシングの注意点

アーシングは、車本来の設計を崩す行為であり、下手をすると走れなくなってしまう場合もあるので、電気工学の知識が無い人にはお勧めできません。
また、アーシングによって走れなくなった場合、メーカー保証も受けられなくなります。

車に対する機械的・電気的知識が全く無いけれど、どうしてもアーシングを行いたいという場合は、車のプロに頼むのが一番確実です。
信頼できるカーショップに施工を依頼しましょう。

アーシング、信じるか信じないかはあなた次第?

愛車のメンテナンスになることは確実!

その効果の真偽については、未だ明確な答えの出ていないアーシング。
しかし新しい電線を使って配線をし直すことは、単純に車のメンテナンスとなり、電装品も本来の性能をしっかり発揮できるようなります。

ですから仮に性能の向上が嘘だったとしても、アーシング自体の効果が全くないという事はありませんので、この記事を読んでアーシングに興味を持った方は、是非挑戦してみてください!

カスタムに関連するおすすめ記事!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す