初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

旧車を復活させる車のレストアとは?費用・修理代や流れからおすすめ車種まで徹底解説

レストア(restore)とは英語で「元の状態に戻す」という意味の言葉。転じて自動車の世界でレストアとは旧車を復活させることを指します。ここでは旧車のレストアを行う上での費用・修理代やレストア作業の流れから、ベースに適している車種まで徹底解説します。

旧車とは? その定義

旧車の定義とは人によって異なりますが、だいたい製造から四半世紀以上が経過したクルマというのが一応の目安となるようです。

どんなに優秀なクルマでも機械である以上、時間が経てば経年劣化で故障や不具合が生じるものですし、防錆対策が未熟な時代の旧車はボディが錆びに蝕まれることもしばしばあります。

旧車に関するおすすめ情報はこちら

旧車のレストアとは?

こうした旧車を修理し、クルマとしての本来の機能を取り戻すことを「レストア」(英語のrestore=元の状態に戻すという言葉からきたものです)と言います。

レストアには膨大な時間と予算、そして必要なパーツを探し出す根気と、地道な作業をコツコツと行う労力が必要です。そのためクルマ趣味の世界では、レストアは「王道」あるいは「究極の趣味」とも言われています。

旧車のレストアの費用はどれくらい?

気になるのはレストアの費用ですが、これはピンからキリまで・・・としか言いようがありません。

というのも、間口が広く奥行きが深いのがレストアの世界です。
「機能を回復する」という意味では、古くなったクルマの点検や掃除も広い意味ではレストアとも言えますし、クルマの塗装を剥がし、ホワイトボディ(ボディシェルの状態)にクルマをバラしてから完璧に組み立てなおすのもレストアと言えます。

さらに言えば、整備や修復技術を身に付けて自分で旧車を修復するのもレストアですが、お金を払ってプロに板金塗装やメカの修理をお願いするのもレストアです。つまり、レストアとは課程や方法論ではなく、「クルマの機能を回復する」行為そのものを指すわけです。

プロと素人では大きく差が生まれる

レストア後の結果は同じだとしても、どんな方法論を取るかで費用はまったく違ってきます。

例えば、経験豊富なレストアラー(レストアをする人)が、設備の整った工房で作業を行えば、時間も費用も大幅に節約することができるでしょう。その反対に技術も知識もなく道具も揃っていないシロウトが、いきなり本格的なレストア作業に取りかかれば、時間も費用も膨大にかかることは想像に難くありません。

世の中には顧客から代金をもらってレストア作業を行うプロのレストアラーもいます。ベース車選びからすべてを任せてしまえば、手間は掛かりませんが、その代わりに最低でも数百万円、ときには数千万円の工賃を要求されることもあります。

レストアの世界では「フェラーリだろうが、ポルシェだろうが、ベース車にどんなクルマを選んでも掛かる経費は一緒。結局はベース車の購入費用なんて工賃のオマケくらいにしかならない」などと囁かれているのです(かなりの極論ですが・・・)。

レストア済み旧車を買った方がお得?

旧車の市場価格とは、そのときの車両価値の評価でしかないのですから、そうした意味ではレストア済みの旧車を購入するのは賢い選択かも知れません。結局のところレストアにいくら大金を投じようとも、お金を掛けた分がそのまま売却金額に反映されることはまずありません。

もしも自分が探している旧車が完璧にレストアされた状態で売られているのを見つけたなら、多少売値が高くとも迷わず購入するべきです。レストアに費やす時間や金銭を考えれば、結局は仕上げ済みのクルマを買ったほうがお得なのです。

それでもレストアする人がいるのはなぜ?

しかし、そこは趣味の世界の話。経済的な損得を超えてレストアする人も世の中には大勢います。

探している旧車が市場に流通しておらず、ベース車からレストアする道を選んだ人、長年乗り継いだ愛着のある愛車を新車時の状態に戻したい人、より完璧な状態を戻してレンチを手に取る人、旧車を直すことそのものに喜びを感じる人などなどレストアする理由は千差万別です。

ただし、レストアに挑む人に共通しているのは、クルマに対する情熱と貴重な旧車を将来に残そうという思いです。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す