初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【読めばまるわかり】準中型自動車免許とは?取得・限定解除方法や費用から5t限定の意味まで

運転免許に、新たに設置された区分である「準中型免許」。準中型免許について取得方法、限定解除、取得費用、準中型車の積載量(5t限定の意味)・普通免許との区分けなど、少し複雑な内容について詳しく説明していきたいと思います。

準中型免許とは?

準中型免許は、平成29年の3月12日より施行されました。平成27年に、国会で改正道路交通法が提出、可決され、決定。中型免許が登場したのは、平成19年のことなので、10年越しの新免許の登場となります。

準中型免許とは、運転免許において新しく設けられる種類のことで、正式には「準中型自動車免許」という名称です。この免許は、普通免許と中型免許の中間に置かれることとなります。

ちなみに、普通免許と同じく、18歳以上の条件で取得が可能です。

準中型免許で乗れる車両の最大積載量と最大総重量は?

準中型免許で乗れる車両の最大積載量は4.5トン、最大総重量は7.5トンです。

現行の普通免許は、最大積載量2トン、最大総重量3.5トンなので、準中型取得により、車両総重量が5tを超える2tトラックや、一部の4トントラックなどを18歳から運転できるようになります。

準中型免許で乗れる車両の乗車定員は?

準中型免許で乗れる車両の乗車定員は、結論から言うと普通免許と変わりはなく、「10人以下」という条件が付けられています。「10人以下」という条件は、8トン限定の中型免許以下の免許に付与されるという内容です。

なので、マイクロバスなどの小型バスの運転でも、準中型免許では不可能です。

準中型免許を取得するメリットとデメリットとは?

準中型免許取得のメリットについて

今回の改正の大きなポイントは、「流通業界の新卒採用」をスムーズにすること。流通系の会社で使われるトラックの多くが中型免許を必要とするものであり、「普通免許取得から2年が経過していること」と「20歳以上」という条件が付けられていることを踏まえると、高卒新卒者にとっては八方ふさがりの状態ができてしまっていました。

高校卒業時の新卒者が、流通系の会社に入社し、車両総重量が5tを超える2tトラックの運転が必要になったときにわかりやすいメリットが挙げられます。

近年、保冷設備やパワーゲートなどを備えた車両が増え、2tトラックでも車両総重量が5tを超えるケースが多くなっています。従来の普通免許では、一部の2tトラックしか運転できなかったのに対し、準中型免許では、ほぼ全ての2tトラックが運転可能になります。

また、4tトラックが運転できるようになる、というのもメリットとしてあげられることがありますが、最大積載量4.5t未満かつ車両総重量7.5トン未満の4tトラックは、実際ほとんど存在しません。限られた一部の車両しか運転することができないため、大きなメリットとは言えません。

準中型免許取得のデメリットについて

端的に言うと、制度がややこしくなることがデメリットと言えます。道路交通法改正の度に、これまでの普通免許の既得権を保護するために、免許に「限定」の文字が付きます。

改正されたからといって、運転できる車両は変わりませんが、免許の名前が変わるというのは単純に混乱しますよね。

普通免許が勝手に準中型免許に変わってしまうって本当?

自動的に準中型免許に切り替わった例


© MOBY

普通免許が勝手に準中型免許に変わってしまうのは本当です。先ほど言ったように、普通免許の既得権は保護されますが、名前が変わります。

平成19年の改正から平成29年の改正の間に、普通免許を取得した方は、「5トン限定」の準中型免許に変わります。なぜこんなややこしいことをするかというと、改正後の普通免許と区別をつけるため。上の画像がまさにその例です。

改正後の普通免許と準中型免許の区分けはどうなる?

改正後の普通免許は、現行の普通免許よりも運転できる車両の条件が狭くなり、具体的には最大積載量が2トン未満、最大総重量が3.5トン未満となります。

つまり、改正後の普通免許では2トントラックは運転できませんが、現行の普通免許が限定の準中型免許に変更になっても2トントラックは運転が可能です。

この区分けは、普通免許で乗れる車両を狭めることで、慣れないトラックを運転する人による事故を削減する効果も期待されています。

これから準中型免許を取る場合の取得方法とは?

取得方法は普通免許と同様!

準中型免許の施行日から教習所にコースが追加されるので、そこで取得することになり、普通免許と同様に学科教習と場内・路上教習が行われます。

ちなみに検定で使用される車両は、ダブルキャブのトラックです。ダブルキャブ採用の理由は、次に検定を行う人を載せるためとなっています。

準中型免許における限定解除とは?

現行の普通免許は、改正後は5トンの限定付きの準中型免許に変更となるので、この限定を解除するという意味の「限定解除」となります。現在は現行の普通免許を所持していて、今後4トントラック等を運転する必要が出てきた人が行うことになるでしょう。

準中型免許の限定解除は、これまでの中型限定解除やAT限定解除と同様に、教習所で行うものです。限定解除の場合は、学科教習はなく、技能教習が4項目あるのみで、解除は比較的容易であると言えますね。

車の限定解除についてはこちらの記事

準中型免許の取得にかかる時間と費用について

準中型免許取得にかかる時間は、技能教習41時間と学科教習27時間。技能、学科どちらもで普通免許より若干工程が増えます。

また、準中型免許取得にかかる費用は教習所によってピンキリであるため、一概には言えませんが、平均して普通免許の1割強増し程度です。

新規に免許を取得する方で、将来的に準中型免許を取得する可能性がある場合は、時間の面でも費用の面でも、初めから準中型免許を取得してしまうのが圧倒的にお得であり、おすすめです。ただ、教習所が準中型免許を取り扱っているか、事前に確認する必要があります。

現在人気の合宿免許プランはこちら

全国各地から選ぶ合宿免許ドリーム

免許合宿についてはこちらの記事

準中型免許は運送業界の若い力を後押しする!

中型免許の取得方法、費用や積載量から限定解除や普通免許との区分けについてまで、詳しく解説してきました。

準中型免許の登場は、運送業界へ就職する若者にとっては大きなメリットとなります。トラックの運転とは無関係な方も、運転できる車両に変更はないので安心です。

逆に大いに関係があるという方は、ややこしい制度かもしれませんが、強く関心を持ってみても良いかもしれませんね。

他の免許に関する情報はこちらの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す