初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ゴールド免許になるための最短方法!軽微な違反もNG?更新条件・特典は?

ゴールド免許になるには何に気をつければいいのか、3つのポイントと裏技を紹介します。違反点数1点の軽微な違反でもNG?取得後の事故や違反はセーフ?ゴールド免許を失効した場合はどうする?ゴ持っているとお得なサービスや割引も受けることができるゴールド免許について解説します。

ゴールド免許とは?

ゴールド免許は正式名称を「優良運転者免許証」といい、優良運転者に対して与えられる、有効期限の部分が金色になっている免許証です。有効期間は最大5年(ただし、71歳は4年、72歳以上は3年となります)となります。

ゴールド免許は更新頻度が最長の「5年ごと」ですし、ゴールド免許保持者は運転免許更新時の費用が安くなり、講習も短くなります。また、自動車任意保険の割引を受けられたり、車検代・ガソリン代・食事代・宿泊代などの割引やマイカーローンの金利などが優遇されることも。

ゴールド免許のメリットや取得条件、注意すべき違反事項について解説します。

ゴールド免許取得の条件は?

運転免許証には、 有効年の帯の色がグリーン/ブルー/ゴールドの3色があります。

上記のようにそのうち、帯の色がゴールドのものが一般的にゴールド免許と呼ばれていて、優良運転者の証として有名です。

さて、そのゴールド免許になるためには、いくつかの条件が必要です。
その条件は以下の通りです。

①免許を継続して5年以上取得している

ゴールド免許を取得するための最低限の条件として免許自体を取得後5年間以上継続して所持されている方が対象となります。

新規に免許を取得した場合の、運転免許証の色はグリーンです。順調に初めての更新手続きを行いますと、ブルーの免許証になります。

その後、免許を取得して5年以上経った場合に、ゴールド免許を交付される資格が得られるのです。

もしも万が一免許を失効された場合はまた5年間経過するまで失効日を基準として5年間経過するまで待つ必要があるというわけです。

ですのでゴールド免許を取得するためには、大前提としてきちんと更新手続きに行くことが大切です。

②免許更新年の誕生日もしくは新規免許取得日の41日前を基準として過去5年間無事故・無違反であること

ゴールド免許取得の条件として最も基本的なポイントがこの無事故・無違反なわけなのですが、この基準となるのが免許の有効年度の誕生日から40日前にあたる日付までの5年間が対象期間となります。

つまり、更新年の誕生日41日前から過去5年間無事故・無違反であった場合は、ゴールド免許が取得できます。極論を言えば、免許の有功年度の誕生日の30日前に違反があった場合でも、次の更新時はゴールド免許を取得することができます。

しかしここで30日前以内での違反は、次回更新でのゴールド免許かどうかの判定の際には違反事項として認められてしまうので次回の更新ではゴールド免許を失効するというわけです。

最短でゴールド免許を取得するために気をつけるべき3つのこと

1.誕生日直前に免許を取得する

2回目の更新まで無事故無違反であったらゴールド免許となります。免許取得から最短でゴールド免許にしたいのであれば、最初の免許の取得のタイミングが重要です。更新のタイミングは誕生日を基準に設定されていますので、その調整が必要となってくるのです。

初めて免許を取得すると、その取得した免許の有効期間は「3回目の誕生日+1ヶ月」になります。よって、誕生日直前に免許を取得した人は1回目の更新が2年+1ヶ月目になりますが、誕生日直後に免許を取得した人は3年+1ヶ月目となります。

このように、まだ免許を取得していない方は「誕生日直前」に免許を取得できるようにスケジュールを組むことをおすすめします。

2回目の更新はその3年後ですので、それまで無事故無違反であればゴールド免許に必要な5年の免許期間が成立し、ゴールド免許の交付となります。

2.新たな免許を併記するタイミングを考える

途中で新たな免許を追加する場合は注意が必要です。併記するタイミングによっては、ゴールド免許を取得できる期間が大幅に違ってきます。

具体的には、すでに普通自動車の免許を取得し、追加で二輪自動車の免許を取得して併記しようとした時です。この併記のタイミングを誕生日前にするか、誕生日後にするかで、場合によってはゴールド免許取得までに3年の差がうまれてしまいます。

新しい免許を追加併記をした場合、「3回目の誕生日+1ヶ月」がその免許の有効期間となります。よって、次回更新を迎えるタイミングでゴールド免許の条件である「5年間無事故無違反」の条件が満たされていれば、そのままゴールド免許を取得できるというわけです。

しかし5年間にギリギリ達しない場合は、次回更新(もう3年間)を待つ必要があります。ここでも、誕生日までに併記するか誕生日後に併記するかを考えなければいけません。

3.無事故・無違反のために細心の注意を払う

運転 女性ドライバー 安全確認

©shutterstock / Daxiao Productions

運転しないペーパードライバーなら良いかもしれませんが、運転する頻度の高い人は交通ルールを徹底して守る意識が必要です。

泥はね運転や免許証を携帯していなかったり、軽い物損事故などであれば違反点数としてカウントされないのでゴールド免許は更新時に取得可能です。

ただし、走っていると運悪く切符を切られてしまう人もいるようですので、そんな人は以下のことを注意するだけで、ゴールド免許へ大きく近づくかと思います。

①軽視されがちな交通ルールは徹底
 └駐禁は厳禁
 └助手席の人のシートベルトを確認
 └点滅信号等の一時停止は徹底
②オービスの位置は出来る限り把握
③運転時、他ドライバーの空気を読む
 └対向車の合図(パッシング)を見逃さない
 └周囲の車の速度

なるべく早くゴールド免許を取得するための裏技

前項で「2.新たな免許を併記するタイミングを考える」と説明しましたが、これを利用すれば通常の更新よりも更新時期を早めることができ、ゴールド免許が早く取得できることがあります。

免許の更新前に上位免許(例えば普通自動車免許の上位免許は中型・大型自動車免許)を取得した際、過去5年間無事故無違反の条件をクリアしていればゴールド免許が交付されます。

ただし、これは「上位免許の取得」時のみに有効で、改姓・住所変更・限定解除審査や免許の条件など、裏面追記で済む手続きの場合はゴールド免許になりません。

ゴールド免許取得後に事故・違反があった場合は?

交通事故 対物事故 追突

©shutterstock / Monkey Business Images

ゴールド免許は、更新時に「無事故無違反」のドライバーに与えられます。つまり、ゴールド免許の交付を受けた後に交通違反をしたり事故に遭ったとしても、次回更新時までゴールド免許は有効です。即時にグリーンやブルーの免許になってしまうのではありません。

「無違反」は交通取締りによる加点を1点でも受けたらNGとなりますので、注意が必要です。シートベルトを装着していなかったり、運転中に携帯電話を使ったりした場合も1点加点となり、次回更新時はゴールド免許ではなくなります。

点数がつかない違反はセーフだが…

5年間の間に「無事故無違反」であれば、次回更新でゴールド免許を取得できます。この条件は厳密に言えば「交通違反点数制度による違反点数がつかないこと」を指します。

違反点数がつかない事故や違反には、物損事故(ガードレールや標識など)や免許証不携帯、泥はね運転などが挙げられます。これらを行ってもゴールド免許取得・更新に影響はありませんが、安全運転を心がけましょう。

【番外編】ブルー免許でも「5年」の有効期限がある

前述の通り、シートベルトを装着していなかったり、運転中に携帯電話を使ったりした場合は、軽微な違反で「1点」となります。

免許を取得して5年以上、かつ上記のような3点以下の軽微な違反が1回のみである場合、次回更新時のブルー免許の有効期限が5年となります。

ゴールド免許取得者は「うっかり失効」にも注意!

すでにゴールド免許を持っている方は、更新し忘れ、いわゆる「うっかり失効」に十分注意しましょう。ゴールド免許を更新し忘れなどで失効してしまうと、無事故無違反であってもゴールド免許での取得は認められません。

うっかり失効した場合は、有効期限から6ヶ月以内であれば学科、技能試験なしで免許証が交付されます。ただしこの時はゴールド免許は取得できませんので注意しましょう。

うっかり失効についてはこちら

ゴールド免許習得による3つのメリット

ゴールド免許のメリット①運転免許更新が「安く」「楽に」

区分更新手数料講習手数料合計講習時間
優良運転者2,500円500円3,000円30分
一般運転者2,500円800円3,300円60分
違反運転者2,500円1,350円3,850円120分

日本の免許更新制度上、ゴールド免許を持っているドライバーは安全運転を実践している模範的ドライバーですので、運転免許の更新時には優遇を受けられるようです。

①免許の更新頻度が最長の「5年毎」になります。
「過去5年間に軽微な違反1回(3点以下)のドライバー」以外の「グリーン免許・ブルー免許」は、基本的に3年毎の更新ですが、「ゴールド免許」の保有者は5年毎※1の更新で良いとされています。
※1.70歳以上の高齢者ドライバーはゴールド免許であっても3年毎の更新が必要です。

②運転免許更新時の費用が安くなり、講習も短くなります。
70歳以上の高齢者ドライバーには、この表は適用されません。別途「高齢者講習等」を受講することにより更新できます(6,650~30,500円)。

ゴールド免許のメリット②SDカードが発行される

SDカード(Safe Driver カード)は、「自動車安全運転センター」が発行する、無事故無違反の携帯用証明です。

全国にSDカードを割引料金で使えるSDカード優遇店があり、ガソリン代・食事代・宿泊代などの割引やマイカーローンの金利等が優遇されます。

ゴールド免許のメリット③自動車任意保険の割引を受けられる

ゴールド免許を取得した際の最大のメリットはこの保険料の節約で間違い無いです。

ゴールド免許は優良運転者の証ですので、当然事故に遭うリスクも少ないはずです。自動車保険に任意で加入されている方は、ゴールド免許になると保険料が安く計算されます。

保険会社などによりばらつきはありますが3~10%ほどの割引率があります。

また、生命保険も安くなったり家族にも割引を適用できる場合もありますので、ゴールド免許を取得された際は契約中の保険会社に問合せてみると良いかもしれません。

安全運転に努めてゴールド免許を取ろう!

運転免許は誕生日を基準に更新されていきますので、ゴールド免許が取得できた時は誕生日プレゼントのように感じる方もいるとか。皆さんも安全運転を心がけ、最短でゴールド免許を取得して沢山のメリットを獲得しましょう!

免許に関するおすすめ記事はこちら

道路交通法に関連する記事はこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す