初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【メルセデス・ベンツ新型Aクラス 新旧比較】デザイン刷新&MBUX初採用など変更点多数

2018年10月18日、メルセデス・ベンツ新型Aクラスがついに国内公式発表!デザイン刷新でさらにワイド&ローなスタイルに進化を遂げた点、新技術「MBUX」初採用した点など変更点は多数。新型Aクラスは旧型と何が変わったのか、デザイン・スペック・価格などの面から徹底比較していきます。

【2018年10月】メルセデス・ベンツ新型Aクラスがフルモデルチェンジ!

新型Aクラス

2018年10月18日、2月にオランダのアムステルダムにてワールドプレミが行われ注目を集めた、メルセデス・ベンツのエントリーモデル「新型Aクラス」がついに国内公式発表。今回のフルモデルチェンジでメルセデス・ベンツAクラスは4代目へと世代交代しました。

欧州ではすでに発売開始となっており、「フォルクスワーゲン ゴルフ」や「BMW 1シリーズ」と比較しても非常に高い評価を受けています。

新型Aクラスの主な変更点

・デザイン刷新でさらに「ワイド&ロー」なスタイルに
・近未来的な「ワイドスクリーンディスプレイ」の採用
・新技術「MBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)」の初採用
・パワートレインの変更で出力アップ
・Sクラス同等の「安全運転支援システム」の導入
・テレマティクスサービス「Mercedes me connect」の標準設定

外装を新旧比較|さらに「ワイド&ロー」のスポーティなスタイルに

新型Aクラス フロント〜サイド|よりアグレッシブに

旧型Aクラス フロント〜サイド

新型Aクラス リア|細長いテールが特徴的

旧型Aクラス フロント

メルセデス・ベンツ Aクラスは先代(3代目)より大きくスポーティ路線へと変更。今回のフルモデルチェンジでは、カーブしたサイドウインドウや傾斜したルーフなど、大まかなデザインはキープされているものの、新デザイン言語を取り入れ、さらに「ワイド&ロー」なスタイルに生まれ変わりました。

フロントでは、低く構えるボンネットや、シャープなLEDヘッドライトなどが特徴的。リアでは横に細長く、よりスタイリッシュになったテールランプが特徴的です。

また、今回のデザイン変更はエアロダイナミクス性能も考慮されています。空気抵抗を低減させることで、セグメントではトップクラスとなる「Cd値0.25」を実現します。

ボディサイズを新旧比較

3代目Aクラス新型Aクラス
全長4,3554,419
全幅1,7801,796
全高1,4201,440
ホイールベース2,7002,729
車両重量1,440-1,560-
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズを比較すると、新型Aクラスは全体的に若干のサイズアップがなされていることがわかります。これは室内空間を拡大し、前席後席ともに乗員がよりリラックスして座ることができるよう配慮した結果だと考えられます。

大幅な変更ではないため、取り回しに影響が出ることはほぼないでしょう。

次のページ

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!