初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ダイハツ ブーン 新旧比較】マイナーチェンジでどう変わった?変更点まとめ

ダイハツ ブーンはマイナーチェンジが行われ、2018年10月10日に販売を開始。デザインを刷新し、新グレード「ブーン スタイル」も追加されました。先代からどのように変化したのか、新旧比較しながら解説していきます。

【2018年10月】ダイハツ ブーンがマイナーチェンジ!主な変更点

新型ダイハツ ブーン

ダイハツは小型乗用車ブーンのマイナーチェンジを実施し、2018年10月10日より販売を開始しました。ブーンといえば、丸みを帯びた可愛らしいデザインが特徴的。可愛らしさはそのままに、新グレードとなる「ブーン スタイル」の追加や内外装を刷新しました。

さらに、安全面ではスマートアシスト3の採用により、安心・安全性能が向上しています。

主な変更点

・スマートアシスト3の搭載
・前後コーナーセンサー採用
・パノラマモニターを採用
・バックカメラにステアリング連動ガイド線表示を追加
・後席左右にアシストグリップを採用
・新グレード「ブーン スタイル」追加

エクステリア(外装)はシルバーで引き締まった印象に

新旧ブーン フロント比較

新型 ブーン X"GパッケージSA3" フロント

ブーン MC前 X"GパッケージSA2" フロント

新旧ブーン シルク フロント比較

新型 ブーン CILQ SA3 フロント

ブーン CILQ SA2 MC前 フロント

新旧ブーン リア比較

新型ブーン リア

ブーン MC前 リア

新型ブーンのエクステリアに大きな変更点はありませんが、フロントグリル上部にシルバー塗装が施され、引き締まった印象。ブーンシルクでは、大型フロントグリルと左右にL字型ベゼルを採用し、洗練されたデザインへと進化しています。

新型ブーン/シルクともにリアは、メタリックブラック塗装のクォーターパネルが採用されています。

ボディカラーラインナップ新旧比較

ダイハツ ブーン ボディカラーラインナップ新旧比較
新型ブーン【全22色】ブーン MC前【全19色】
・【新色】ブリリアントカッパークリスタルマイカ
・【新色】ブラックマイカM×ブリリアントカッパークリスタルマイカ
・【新色】ジューシーピンクメタリック
・【新色】ホワイト×ジューシーピンクメタリック
・【新色】ブラックマイカM×パールホワイトIII
・【新色】ホワイト×パウダリーベージュM
・ブライトシルバーメタリック
・ブラックマイカメタリック
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・マゼンタベリーマイカメタリック
・ファイアークォーツレッドメタリック
・レモンスカッシュクリスタルメタリック
・ダークエメラルドマイカ
・ファインブルーマイカメタリック
・パウダリーベージュメタリック
・パールホワイトIII
・ホワイト
・ブラックマイカM×マゼンタベリーマイカM
・ブラックマイカM×ファイアークォーツレッド
・ブラックマイカM×レモンスカッシュCM
・ブラックマイカM×ダークエメラルドマイカ
・ブラックマイカM×パウダリーベージュM
・ブライトシルバーメタリック
・ブラックマイカメタリック
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・マゼンタベリーマイカメタリック
・ファイアークォーツレッドメタリック
・レモンスカッシュクリスタルメタリック
・ダークエメラルドマイカ
・ファインブルーマイカメタリック
・ディープブルークリスタルマイカ
・パウダリーベージュメタリック
・パールホワイトIII
・ホワイト
・ブラックマイカM×マゼンタベリーマイカM
・ブラックマイカM×ファイアークォーツレッド
・ブラックマイカM×レモンスカッシュCM
・ブラックマイカM×ダークエメラルドマイカ
・ブラックマイカM×ファインブルーマイカM
・ブラックマイカM×ディープブルーCM
・ブラックマイカM×パウダリーベージュM

マイナーチェンジで新色が6色追加されました。新型ブーンではディープブルークリスタルマイカ、ブラックマイカM×ディープブルーCM、ブラックマイカM×ファインブルーマイカMの3色がなくなりましたが、全22色という豊富なカラーバリエーションが揃っています。

ボディサイズはシルクとスタイルの全長がやや拡大

ダイハツ ブーンの新旧ボディサイズ比較
新型ブーン/シルク/スタイルブーン MC前
全長3,650~3,6803,650~3,660
全幅1,6651,665
全高1,5251,525
ホイールベース2,4902,490
車両重量910~960910~960
乗車定員数55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

マイナーチェンジによる変更点は、ブーン シルクと新しく追加されたブーン スタイルの全長が3,680mmと、わずかに大きくなっている点です。

インテリア(内装)の質感向上で落ち着きある車内に

新旧ブーン インパネ比較

新型ブーン X SA3 インパネ

ブーン X SA2 MC前 インパネ

新旧ブーン シート比較

新型ブーン X SA3 シート

ブーン X SA2 MC前 シート

新旧ブーン シルク インパネ比較

新型ブーン CILQ SA3 インパネ

ブーン CILQ SA2 MC前 インパネ

新旧ブーン シルク シート比較

新型ブーン CILQ SA3 シート

ブーン CILQ SA2 MC前 シート

新型ブーンのインテリアに大きな変更はありませんが、シート表皮の明度が下がり質感が向上。新型ブーン シルクでは、インパネにピアノブラック調パネルを採用するとともに、シートのカラーも変更され上質感や落ち着きのある空間を演出しています。

室内の広さは変更なし

室内の広さに変更はありません。

エンジンスペックは変更なし、燃費はWLTCモード走行に対応

エンジンスペックに変更はありませんが、WLTCモード走行による燃料消費率に対応しました。

ダイハツ ブーンのWLTCモード燃費

ダイハツ新型ブーンのWLTCモード燃費
2WD車4WD車
WLTCモード燃費21.0km/L19.0km/L
WLTC:市街地モード17.4km/L15.7km/L
WLTC:郊外モード22.6km/L20.4km/L
WLTC:高速道路モード22.6km/L20.5km/L

新型ブーンは平成30年基準排出ガス50%低減認定を取得し、エコカー減税の対象となっています。

WLTCモード・エコカー減税について詳しくはこちら

先進予防安全装備スマートアシスト3を搭載!

ダイハツ ブーンの先進技術・予防安全装備 新旧比較
新型ブーンブーン MC前
予防安全装備・スマートアシスト3
・前後コーナーセンサー
・パノラマモニター
・ヒルホールドシステム
・エマージェンシーストップシグナル
・スマートアシスト2
・ヒルホールドシステム
・エマージェンシーストップシグナル
先進技術・ステアリング連動ガイド線表示

今回行われたマイナーチェンジの目玉と言ってもよいのが、スマートアシスト3の搭載です。これにより、新型ブーンの安全性能が向上し、安心して乗ることができます。

スマートアシストについて詳しくはこちら

マイナーチェンジ後も新車車両価格はほぼ据え置き

ダイハツ ブーンの新車車両価格・グレード 新旧比較
新型ブーンブーン MC前
新車車両価格117万円~189万円115万円~185万円
グレード構成・X
・X SA3
・X Lパッケージ SA3
・X Gパッケージ SA3
・CILQ SA3
・CILQ Gパッケージ SA3
・STYLE SA3
・X
・X SA2
・X Lパッケージ
・X Lパッケージ SA2
・X Gパッケージ SA2
・CILQ
・CILQ SA2
・CILQ Gパッケージ SA2

グレード体系が変更され、新グレードのSTYLEが追加。新車車両価格に大きな変更はありません。

【ダイハツ ブーン】中古車価格

ブーンの中古車在庫は豊富にあり、スマートアシスト2搭載車が多く見受けられます。価格はおよそ70万円から180万円で販売されていて、走行距離が少ない個体も見つけることができます。

最新「ブーン」中古車情報!

本日の在庫数 635
平均価格 106.7万円
本体価格 4.8〜186.9万円
Pick up!
Pick up!

【ダイハツ ブーン】マイナーチェンジの最大のポイントは?

新型ブーン STYLE

マイナーチェンジにより、可愛らしさと洗練された上質さを手に入れたダイハツ 新型ブーン。最大のポイントは、第3のデザインとして追加された「ブーン スタイル」と、スマートアシスト3搭載による安全性能向上の2点。

可愛くも頼もしいダイハツ ブーンは、デザイン性と使い勝手がよいことから女性からの人気も高く安心できる車です。今後の動向にも注目です!

ダイハツに関連する記事はこちら

ダイハツや他メーカーの新型車情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!